アステカ 祭壇。 アステカ祭壇

アステカ祭壇

アステカ 祭壇

アンビリバボーで紹介された「アステカの祭壇」とは それではアンビリバボーが紹介した心霊写真「アステカの祭壇」について解説する。 アンビリバボー内に寄せられた撮影場所も年代もまったく異なる心霊写真に、赤く映り込む謎の影が映ったものが数枚発見された。 アステカ文明は13世紀から15世紀に反映したが、日常的に人身御供が行われていた。 その台および壷が、アンビリバボーで紹介された心霊写真に写りこんでいた、とするのが「アステカの祭壇」である。 なお、アンビリバボーで紹介された心霊写真「アステカの祭壇」は以下のとおり。 スポンサードリンク アンビリバボーの心霊写真「アステカの祭壇」は嘘だった?! 確かにアンビリバボーで紹介された心霊写真「アステカの祭壇」は不気味である。 霊が写りこんでいるパターンではなく、かつての文明の生贄に用いられた台や壺が写りこんでいることもあり、これまでの心霊写真とは毛色がまったく違う。 それも味方してアステカの祭壇は都市伝説レベルまで知れ渡るようになった。 そもそもアステカの祭壇における器具などは、エジプト考古学博物館で展示されており、いわば不吉なものというよりは「人類の宝」として認識されている。 おまけにそれを見た人間が呪われたといったケースは報告されていないため、アンビリバボーで紹介された心霊写真「アステカの祭壇」はそもそも嘘だったのではないかという疑問の声が挙がったのだ。 また、その真意を確かめるまでには至らないが、あくまで自身を霊能者とする人々の意見をまとめると、アンビリバボーで特集された心霊写真「アステカの祭壇」からは特に霊気は感じず、ごく一般的な写真との意見も。 心霊写真「アステカの祭壇」に映った赤い影は、カメラの不調によるものとする声も多く、フジテレビの盛大なフェイク(嘘)だったと考える人も少なくない。 事実、心霊写真「アステカの祭壇」がとてつもなくヤバイものであるなら、まず撮影者が呪われていなければおかしい。 が、その点は曖昧にされ、何枚かの写真をつなぎ合わせると一つの心霊写真になるというインパクトから、多くの人が信用してしまったのかもしれない。 フェイク頼りになったことがオカルト卒業の要因か image: これはあくまで私の憶測でしかないが、いつからかアンビリバボーに心霊写真が思ったように届かなくなり、それを埋めようと苦肉の策でフェイク(嘘)を作るようになったのではないかと感じる。 フェイク作品はもはや現在の心霊DVD作品では鉄板であり、制作時代もソフトさえあれば難しいものではない。 ネット上では「アステカの祭壇」が、アンビリバボーがオカルトを卒業した、もしくはそうさせられた要因との声が多いが、アステカの祭壇は制作サイド渾身の一作(フェイク)だったのかもしれない。 「何枚もの写真をつなぎ合わせると答えが見える」というアイデアは非常に面白く、観る側に強いインパクトを与える。 事実、アステカの祭壇は都市伝説で語られるようになったため、仮にフェイク(嘘)だったのなら制作サイドの大勝利といえよう。 が、いつまでもハイクオリティなフェイク(嘘)からなる写真を配信できるわけがない。 やがてアンビリバボーにおける引き出しの中身が空っぽになり、オカルト撤廃の方向になったのだろう。 最後にアンビリバボーが紹介した心霊写真「アステカの祭壇」が嘘だったのか?という疑問に対する結論だが、おそらくあの写真はフェイク(嘘)だったと思われる。 相当マズイ心霊写真であるなら、見た者すべてに何らかの異常が起こって当たり前。 それがなく平然に暮らしている人々が多いことをみると、やはり本物だとは考えにくい。 むしろ、アステカの祭壇はハイクオリティなフェイクとして楽しむのがベストだろう。

次の

アステカの祭壇とは?心霊写真の真相は【検索してはいけない言葉】

アステカ 祭壇

【check】• イベント• 【最新】• 神様基礎データ• 神様分析• 【new】 神様台詞• クエスト• 【new】 冒険• モンスター• [new]• [new]• 貢物上昇値• 装備・アイテム• 神装備• [new]• 分析・データ• 終了・他ページ移設済• 編集者向け• 2020-06-20 土 07:20:42• ヴクブ・カキシュ ボス捜索編 ボス追跡編 神解放編 HP 424000 439000 469000 ボーナス 4159ジェム、薬草、トマト盛り合わせ 4237ジェム、薬草、トマト盛り合わせ 4421ジェム、薬草、トマト盛り合わせ 遭遇時 祭壇の方が騒がしい。 慌てて戻ると、篝火に巨大な影が落ちている。 空を見上げると…巨大な怪鳥が、空から襲い掛かってきた! 突然、耳をつんざく叫びが上がった。 幻は掻き消えた…。 我に返って空を見上げる! 怪鳥が襲い掛かってきた! 隠し通路を駆けて戻り、祭壇の後ろに出る。 バサバサッ! なんと、怪鳥が巨大な翼を羽ばたかせ、篝火を消そうとしている! 怪鳥ヴクブ・カキシュとの最後の戦いに挑む! 撃破時 怪鳥の緑のくちばしがギラリと光る。 ゴッ!! 受け留めた剣から鈍い音が出る! 様子見のつもりか、怪鳥は一撃二撃加えてきた後に飛び去って行った。 ごとりと何かが落ちた。 これは、解放石だ…! 怪鳥は先程よりも激しく攻め立ててくる。 ギィン!! エメラルドのくちばしに渾身の打撃を入れると、甲高い音と共に緑の欠片が飛び散る! ギャアアッ! 怪鳥は耳障りな叫びと共に、空へ飛び去ってしまった。 …緑の欠片に混じって、何かが光った。 二つ目の解放石だ! 先程の幻を思い出す…この篝火を何としても守らなければいけない。 ボスの起こす突風に抗い、必死に頭部へ強烈な一撃を加えた! バキッ!! 先刻より激しい音。 怪鳥のくちばしが砕け散った。 ボスは祭壇に落下した。 「タイヨウハオレダ…」 ヴクブ・カキシュはそうつぶやいて、砂になった。 砂の中から、最後の解放石を手に入れる。 祭壇の炎は守られた。 1エリア目• (挑戦時)怪鳥が解放石を持っているようだ。 後を追おう。 (クリア時)祭壇の前で待ったが、怪鳥は現れない。 他の場所を探してみるしかなさそうだ。 2エリア目• (挑戦時)ピラミッド建造物の周囲の通路は狭く、下を見ると遠い地面にめまいがする。 (クリア時)随分高い建物のようだ。 懸命に空を見たが、怪鳥は見当たらない。 3エリア目• (挑戦時)怪鳥の棲家はこの遺跡にあるのだろうか?再び、小部屋を見つけて入ってみる。 (クリア時)小部屋の中の道具は、何に使うものか不明だ。 何か儀式の道具らしい。 4エリア目• (挑戦時)日が暮れかけている。 祭壇の篝火は青く燃え盛っている。 祭壇前の階段は雨風のためか、ところどころ角が丸い。 (クリア時)不意に、篝火の炎が歪んで見えた。 すると、辺りに急に人の気配が現れた。 驚いて、祭壇に近付く。 5エリア目• (挑戦時)祭壇の近くで、犬が泣きわめいている。 近づくが、まったく気づかれていないようだ。 (クリア時)犬の周囲には、何人も人間らしき姿が見える。 …いや、人間ではない。 神々の姿だ。 6エリア目• (挑戦時)祭壇に集まった神々の中には、見覚えのある姿がいくつかあった。 しかし、誰もこちらに気がつかない。 (クリア時)どうやらこれは幻のようだ。 泣き止まない犬を慰めるのは、緑の羽毛を持つ、よく知った神の姿だ。 神解放編• 1エリア目• (挑戦時)今見ている祭壇の景色は、現実だろうか、幻だろうか。 ともかく怪鳥を追うことにする。 (クリア時)いつの間にか夜になっている。 篝火はオレンジ色に煌々と燃えている。 2エリア目• (挑戦時)怪鳥の持つ解放石を集め、解放した神に事情を聞くのが良さそうだ。 暗くなる中、もう一度ピラミッドの側面を歩く。 (クリア時)この通路からは行くことが出来ない部屋が、側面にいくつか見える。 どうやったらたどり着けるだろうか。 3エリア目• (挑戦時)先程とは違う小部屋の中を探す。 奥へつながる通路などはあるだろうか。 (クリア時)小部屋の中で古ぼけた石板を見つけた。 あの怪鳥らしき絵が描いてある。 何とか文字を解読すると、あの怪鳥が財宝を好むことがわかった。 4エリア目• (挑戦時)再び祭壇に戻ってくる。 辺りは静寂に包まれている…• (クリア時)篝火を見つめて、しばし休憩を取ろうとすると、また景色が揺らめいた。 5エリア目• (挑戦時)思わず閉じた目を開くが、祭壇には相変わらず煌々と篝火が灯っていた。 (クリア時)祭壇の周囲を調べていると、先刻丸かったはずの階段の角が作りたてのように綺麗になっているのに気がつく。 これは現実ではない、幻だ。 6エリア目• (挑戦時)いつの間にか、恰幅のいい、いかにも人のよさそうな中年の女性が祭壇に立っている。 (クリア時)女性に声をかけると、彼女はこちらを見て悲しそうに微笑んだ。 何か事情を聞こうとすると、その姿は掻き消えてしまった。 7エリア目• (挑戦時)女性が消えた辺りを調べる。 なんと、今までなかった空洞が篝火の裏に空いている。 ここを下ることにする。 (クリア時)慎重に進んでいくと、足元に金銀財宝が転がり始めた。 …角を曲がると、不意に景色が開けた。 8エリア目• (挑戦時)穴が開いており、遺跡の外が見える。 …そして、穴の近くにはうず高く、財宝が積まれている。 財宝を好むという、あの怪鳥の巣だろう。 怪鳥は留守だ。 調べよう。 (クリア時)解放石らしき宝石は見つからなかった。 怪鳥が持っているのだろうか。 …隠し通路の向こうが騒がしい。 一旦戻ることにする。 出現魔神(他エリア魔神) 関連魔神に以下の魔神が追加出現• 関連魔神• 関連魔神 156件 [] 124件 [] 146件 [] 91件 [] 108件 [] 124件 [] 122件 [] 120件 [] 110件 [] 174件 [] 129件 [] 106件 [] 120件 [] 105件 [] 97件 [] 113件 [] 101件 [] 99件 [] 39件 [] 43件 [] 36件 [] 39件 [] 38件 [] 42件 [] 51件 [] 43件 [] 43件 [] 37件 [] 42件 [] 39件 [] 38件 [] 38件 [] 45件 [] 35件 [] 37件 [] 38件 [] 126件 [] 136件 [] 149件 [] 201件 [] 163件 [] 302件 [] 35件 [].

次の

アステカの祭壇とは?心霊写真の真相は【検索してはいけない言葉】

アステカ 祭壇

師走に入りすっかり寒くなりました。 不思議な話や怖い話、暑い季節に聞くも風柳ですが、 寒い夜長に聞くのもオツなものです。 今回は久しぶりに心霊系のお話をいたします。 他にも『怪奇・不可思議・恐怖・呪い』で置き換えてもいいだろう。 そういうものを扱ったTV特番。 最近、減ったと思いません? そうなんです。 気のせいではないですよ。 ただ、こういう内容だからって、なにもそういう霊的なものが原因ってわけではないんです。 単純に視聴者…つまり僕たちですよね。 都市伝説とか色々と言い方や媒体やら時代によって移り変わっていきますけど、なんのことはない。 怪談話が何十年もかけて流行したおかげで、ちょっとやそっとの恐怖では満足できなくなったんですね。 しかも、昨今の映像表現の規制も手伝って、あんまり強烈なものは放送できないし、企画段階で没。 テレビ離れも一つの理由。 テレビを見る世帯層が減っている中でロケが中心になりがちのオカルト番組は次第に減っていったわけです。 ただ、 そういう理由で終了したんじゃない番組もあるんです。 いや、厳密にいうとその番組は現在も放映されています。 単純に、 『その番組から心霊特集が無くなった』んです。 この記事ではは伏せさせていただきます。 その番組では不定期的にしていました。 オカルト好きな方も唸るほどの強烈な写真が多く扱われ、それはまた、他の視聴者にも同じように映ったようです。 たちまち番組でも大人気の特集となりました。 そんな人気の中で紹介された写真。 毎回、この特集ではお馴染みの顔となった霊能者が写真を鑑定するというよくあるテンプレート。 その放送もなんら変わりのない、同じテンプレートの内容。 ただ一つ写真の内容が違いました。 …と、いうのが主流です。 しかも、それは人の形のそれとは違う、もっと別の無機質なもの。 おどろおどろしい、人の顔や手などではありません。 普通の方が見ればただネガに光が入っただけではないかと。 しかし、その光もよくみればあるものの形をしているのですが。 この不可思議な写真にお馴染みの霊能者は「とても良くないことに使ったもの」と鑑定しました。 そしてこの日の放送は何事もなく終了しました。 しかし、放送が終了した直後に抗議の電話が殺到しました。 電話の主はそれぞれバラバラで、自称・霊能者を名乗るものもいれば、ただのOLだったり、一般の人も多数いたそうです。 言っている内容はそれぞれだが、要約すればみな同じことを言います。 怪訝に思ったスタッフは番組馴染みの例の霊能者に連絡をし、聞いてみると一転。 『この件には関わりたくない』 と一方的に接触を拒否される始末 この番組の心霊特集創世記から馴染みの霊能者だったが断固姿勢を崩さず、後に別の特集でオファーするも僅かでもこの件に触れるだけで音信不通になるという。 当然、スタッフ達の頭には一つの疑問が浮かびました。 「鑑定してくれ」と。 しかし、 どの霊能者も口を揃えたかのように 『その写真は扱えない』 『そんなもの見たこともないが絶対に関わりたくない』 と、誰も関与しようとしない。 それでもスタッフは食い下がり、2名ほど霊能者が渋々と話した。 とにかく恐ろしい。 また、起きなくとも起きない為に行われた。 ということが判った。 ここにきてようやくスタッフは事の重大さに気付きました。 ですが、遅かったようです。 『あの放送局には関わるな。 誰も霊能者がつかないのに心霊特番はできない。 いつの間にか、局からは心霊特番が無くなった。 つまり、毎年その局にはその写真が増えているということだ。 ここまで読み進めてくれたみなさんに一つ知識として持っていてもらいたいことがあります。 個人のブログなので著作がどうこうとかを心配しているわけではないです。 では、番組で流した写真というのは?という疑問が当然もちあがってきます。 テレビで放送される写真というのは(雑誌などの媒体のものも含めて)、ある程度処理が済んでいます。 なので、放送される写真というのは私達が見てもある程度安全なものがだされます。 どこまで信憑性があるのかは解りませんが、そういった理由があるので名は伏せています。 それでもどうしても気になる人は『検索してはいけないキーワード』で検索してみてください。 辿り着けると思います。 他局で扱ったものなら一件だけHITします。 探し当てたなら是非ご覧ください。 危険はないですが、どんなものなのかは解ると思います。 ちなみに『何が写真に写っているのか?』ですが。 壺です。 オレンジ(赤?)の光の中に壺のシルエットが写っています。 心霊写真で、霊と思わしき光の中で赤に近いほど危険な色だと言われています。

次の