クレヨン クレパス 違い。 クレヨンとクレパスの違いとは!?

「クレヨン」と「クレパス」と「クーピー」の違いは何?

クレヨン クレパス 違い

目次 CLOSE• クレヨンとクレパスの違い クレパスとは クレパスは、のの商品です。 数ある クレヨンの中の、一つです。 クレパスの一般名称は「オイルパステル」 クレパスの特徴は、発色が良いため、紙に描くと 色がはっきりと出ます。 クレヨンとは クレヨンが出来た当時は、をで、練り固め作られていました。 現在では、油も混ぜて、よりなめらかに、描きやすいように作られています。 クレパスの歴史 日本では、 大正時代に初めてクレヨン作られました。 当時のクレヨンは硬く、滑りが良かったため、 線を描くのに適していました。 また、手が汚れないことでも、好感を持たれていました。 その当時、クレヨンと同じくらい使用されていたのが、パステルです。 は、クレヨンでは出来ない、 色を混ぜたり、色をのばすことが出来たため、自然で、深みのある絵を描くことが出来ました。 しかし、パステルは、紙に描いた 色がはがれやすいため、を使わなければいけないという問題がありました。 写真:パステル もっと、手軽に絵を描けるものを作るために、考えられたのがクレパスです。 クレパスは、クレヨンとパステルの良い所をあわせた、モノです。 クレヨン・クレパス・パステルの違い 混色 出典 重色 出典 引用 重ね塗りができるのは? クレヨンとクレパスのうち、重ね塗りが出来るのは? クレパスは、重ね塗りが出来ます。 日本製のクレヨンは、海外製よりも、柔らかく作られているため、重ね塗りが出来るものも多くあります。 しかし、クレヨンによって、硬めなものもあり、重ね塗りが出来ないものもあります。 クレヨンの作り方 材料• 着色剤 …• ツヤだし・柔らかく … ワックス・油• 固める … 結合剤 作り方• 材料を混ぜる• 加熱して、液状にする• 型に入れ冷やし、固める• 固まったら、ラベルを巻く• 全ての色がそろったら、容器に並べて、完成 おすすめYouTube クレヨンの作り方. avi クレヨンでできるDIY特集 夜空に浮かぶ天の河を描く クレヨンの汚れの落とし方 ガラス・金属・プラスチック メイク落とし用オイルを布に染み込ませ、汚れた部分を拭いてください。 あとは、乾いた布でふき取れば、きれいに汚れを落とすことが出来ます。 汚れが落ちたら、水ですすいでください。 家具 乾いた布で 何度か拭くことで、汚れを落とすことが出来ます。 クレヨンの汚れ防止 お子さんが描いた絵を、飾っているご家庭は多いと思いまうす。 しかし、うっかり触れると、手が汚れたり、洋服についていたりして、汚れを落とすのに苦労します。 そんな時、あることをすれば、汚れが簡単に落ちますよ。 クレヨンで描いた、絵の上にをのせる• 高温のアイロンを15秒当てる• 表面がツルツルになります クレヨンが手に付きにくい理由 クレヨンで描いた絵の表面は、凸凹しています。 この状態は、クレヨンが、 紙の上の乗っている状態なのです。 アイロンをかけると、クレヨンが 溶け、紙の中に浸み込みます。 また、オーブンシートの上から、アイロンをかけることで、絵の表面が滑らかになります。 そのため、触れても、手に付きにくくなるのです。 ただし、クレヨンを 厚く塗っていると、クレヨン全部が紙に浸み込みません。 絵が伸びたり、変色する場合もあります。 クレヨンの種類 一般的なクレヨン 日本製のクレヨンは、海外製のものと違い、なめらかな書き心地です。 発色も良く、小さなお子さんでも力を入れずに、描くことが出来ます。 クレパス 一番売れている、クレヨンです。 楽天で購入すると、名前入れのサービス付き。 水で落とせるクレヨン このクレヨンは、水で簡単に汚れを落とすことが出来ます。 はみ出して、机が汚れたら、さっと水拭きすれば、汚れは落ちます。 洋服についても、洗濯すれば、汚れはきれいに落ちるので、お子さんのお絵かきに、安心のクレヨン。 チョークパステル チョークやクレヨンのような書き心地! ブラックボードに描いた文字は、水拭きで簡単に、落とすことが出来ます。 光るクレヨン NHKのテレビ番組で紹介された、驚きのクレヨン! なんと、描いた絵がブラックライトで、光ります。 クレヨンと一緒に、ブラックライトも付属されているので、すぐに楽しむことが出来ます。 顔にかけるクレヨン 顔に描くことが出来るクレヨン! 発色も良く、アートメイクに最適です。 おやさいクレヨン おやさいクレヨンは、国産の米ぬかから採れる油や、野菜粉末を入れて作られています。 顔料は、通常のクレヨンに使用される、量の3分の1以下です。 お米のクレヨン おこめのクレヨンは、、お米の油主成分のクレヨンです。 顔料は食用色素などを添加されており、万が一、口に入れても、安全な素材だけでできています。 クレヨンでスクラッチアート スクラッチアートとは、クレヨンを削って、作るアートです。 作り方は簡単!• 使用する紙は、画用紙• 画用紙に、黒以外の好きな色を画用紙の全体に塗ります。 その上に、黒を重ね塗りします。 黒く塗った部分を、竹串などで削ると、下の色が出てきます。 好きな絵を削れば、スクラッチアートの完成.

次の

クレヨンとクレパスの違いは?子供におすすめなのはどっち?

クレヨン クレパス 違い

クレヨンはフランスで開発された描画材料で、クレパスは日本で開発された描画材料です。 クレパスは株式会社サクラクレパスの登録商標で、クレパスの一般名称は「オイルパステル」です。 クレヨンとオイルパステルは、その描画方法の違いによって、固形ワックス・液体油・体質顔料・その他添加物の比率が異なります。 クレヨンはオイルパステルに比べて、固形ワックスの比率が高いので、硬く線描に適しています。 一方でオイルパステルはクレヨンより軟らかく、広い範囲を塗りつぶす画描に適しています。 クレヨンは、手が汚れにくく、折れにくいので、幼児が使用するのに適しています。 一方でオイルパステルは、様々な手法の絵画を手がけることができるので、幅広い年齢の人が楽しめます。 クレヨンとは クレヨンの語源は、「白亜」を意味するフランス語の「Craye」に、「小片」を意味する「-on」を結びつけたもの「Crayons」です。 18世紀頃までCrayons(クレヨン)は、パステル・木炭などを含む棒状画材の総称でした。 クレヨンの起源は、ギリシャ時代に作られたアンコスチック(Encaustic)という絵の具です。 この絵の具は、顔料に蜜ろうと樹脂を混ぜたもので、使用するときは熱を加えて溶かし、筆やコテを用いて描画しました。 アンコスチックは、各地に伝播し「ビベール」等の画家に使用されましたが、9世紀頃には下火になります。 現在のクレヨンは、19世紀末にフランスで開発された棒状の描画材料「Crayons」です。 Crayons(クレヨン)はアメリカに渡り、アメリカで量産され、アメリカから日本に大正6年(1917年)頃に輸入されました。 日本でクレヨンの国産製品が製造されたのは、大正10年(1921年)以降です。 高価な舶来品だったクレヨンは、国産品の出現で廉価で身近なものとなり、クレヨンは普及します。 その後クレヨンは、大正14年(1925年)に尋常小学校1学年の図画教材に採用されます。 低学年の描画材料として、当時の文部省が推奨したこともあり、クレヨンは一気に全国に普及し浸透していきます。 クレヨンは削る手間もなく、着色も発色も色鉛筆に比べて格段に良く、自由画運動の描画材料として最適でした。 自由画といえば写生画、写生画といえばクレヨン画という風潮があったほどクレヨンは人気の描画材料でした。 当時のクレヨンの主成分はパラフィンなどのロウ分80%に顔料を混ぜて棒状に成型したもので、硬質クレヨンに分類されます。 現在日本で製造されている殆どのクレヨンは、固形ワックスと顔料の他に、体質顔料と液体油を混ぜて棒状に成型したもので、軟質クレヨンに分類されます。 現在のクレヨンは、折れにくく、手が汚れにくく、濃淡や強弱のない均質な線が描けるので、絵を線で表現することの多い低年齢の幼児に適しています。 クレパスとは クレパスは、大正14年(1925年)に櫻クレイヨン商會(株式会社サクラクレパスの前身)が開発した、世界初の描画材料です。 クレパスは、クレヨンの定着性の良さ、パステルの混色のしやすさ、これらの長所を生かした描画材料です。 クレヨンは、定着性が良い、手が汚れにくいという長所がある反面、線描が中心になる、ぼかしたり混色したりできないという短所があります。 パステルは、顔料を粉末状にし、粘着剤で棒状に固めた描画材です。 顔料そのものの美しい発色が再現できる、自由に混色ができる、ぼかしや重ね塗りという技法が使えるという長所がある反面、定着が悪くしっかりと定着させるために後処理が必要になるという短所があります。 クレパスの開発について、で、次のように記しています。 パステルのように自由に混色ができてのびのび描け、クレヨンのように後処理の手間がなく、しかも油絵具のようにべっとり塗れて画面が盛り上がるような描画材料の開発が進められました。 さまざまな試行錯誤が繰り返されて完成した「クレパス」は、クレヨンのクレとパステルのパスをとって命名され、その商品名は商標登録されました。 このときのキャッチフレーズが「クレヨンとパステルそれぞれの描画上の長所を兼ね備えた新しい描画材料」でした。 クレパスの一般名称は「オイルパステル」です。 英語表記でも「Oil pastel」です。 クレヨンとクレパス(オイルパステル)の違い クレヨンはフランスで開発された描画材料で、クレパス(オイルパステル)は日本で開発された描画材料です。 クレパスは株式会社サクラクレパスの登録商標で一般名称はオイルパステルです。 クレヨンとオイルパステルは、着色となる顔料・固形ワックス・液体油・体質顔料・その他添加物から構成されます。 クレヨンとオイルパステルは、その描画方法の違いにより上記成分の比率が異なります。 固形ワックスはオイルパステルより、クレヨンに多く含まれ、液体油はクレヨンよりオイルパステルに多く含まれます。 固形ワックスが多く含まれることで、クレヨンは硬く、線描が中心になります。 液体油が多く含まれることで、オイルパステルは、広い範囲を塗りつぶす画描に適しています。 クレヨンは硬く折れにくく、手が汚れにくく、絵を線で表現することの多い低年齢の幼児に適しています。 オイルパステルは、混色や重色も簡単にでき、スクラッチ技法やふきとり技法、もりあげ技法などの技法も使えます。 様々な手法の絵画を手がけることが出来るクレパス(オイルパステル)は、幅広い年齢層で楽しめます。 オイルパステルは、「チョークアート」用の画材としても注目され、カフェやレストラン等のお洒落な看板にも使われています。 いろいろなクレヨン 幼児が使用することの多いクレヨンは、利便性や安全性の高い商品が開発され販売されています。 最近では『透明クレヨン』がコクヨから販売され話題になりました。 1: 水に溶けるクレヨン 100円ショップやサクラクレパスなど多数のメーカーが製造・販売しています。 手や足が汚れても、水洗いで簡単にきれいになります。 表面が平でツルツルした場所ならば、汚れても水できれいに拭き取れます。 2: 『おやさいクレヨン』 青森県のmizuiro株式会社が製造販売しています。 主成分のワックスに「お米の油」を使用し、顔料には「野菜」と食品の着色に使用されるものと同成分の採用した、安全性に配慮したクレヨンです。 色の表示を「緑色」「黄色」ではなく、「ピーマン」「とうもろこし」と野菜の名前にしているところがユニークです。 3: 『みつばちクレヨン』 ハチミツで有名な山田養蜂場が製造販売しています。 食品としても利用される蜜ろうをクレヨンに40%配合し、パーム油・ウコンなどの天然由来成分を中心に製造された、安全性に配慮したクレヨンです。 4: 『透明くれよん』 コクヨ株式会社が製造販売しています 化粧品にも使われている透明なオイルゲルを素材に使ったクレヨンです。 下絵が透けて見えるので、水彩絵の具で塗ったような独特の風合いになります。 色鉛筆やマーカーなどの上からでも色が塗れます。 この他にも、『クレヨンロック』や『蜜ろうクレヨン シュトックマー』『ベビーコロール』など安全性に配慮されたクレヨンは数多く販売されています。 まとめ クレヨンとクレパス(オイルパステル)は似て非なるものです。 クレヨンはフランスで開発され、線描に適し、安全性に配慮された商品が数多くあるので、絵を線で表現することの多い幼児の使用に適しています。 一方でクレパス(オイルパステル)は日本で開発され、画描に適し、スクラッチ技法やふきとり技法、もりあげ技法など様々な手法の絵画を手がけることができるので、幅広い年齢層で楽しめます。 近年、大人のぬり絵が流行していますが、2017年11月に株式会社サクラクレパスが発売を開始した子供向けのぬり絵『ARぬりえつきおえかきセットA』は大人のぬり絵以上に大人が楽しめます。 セット内容は「水で落とせるクレヨン12色」と「とびだす!動き出す!ARぬりえ(B5サイズ30ページ)」です。 身近になりつつあるAR(拡張現実)技術と幅広い層に人気のぬりえを融合したおえかきセットです。 色を塗った自分の絵がスマートフォンのアプリ画面に現れ動き出します。 『透明くれよん』や『ARぬりえ』の出現で、クレヨンは幼児だけのものではなく、幅広い層で楽しめる描画材料になりました。 オイルパステルは、様々な手法で手軽に描けるので、カフェやレストランのお洒落な看板に使われています。 クレヨンとオイルパステルは、それぞれの違いを理解して使い分けることで、何歳になっても楽しめる、とても素晴らしい描画材料です。

次の

画材のパスとは?クレヨンとの違いと小学校で使うおすすめはどれ?

クレヨン クレパス 違い

目次 CLOSE• クレヨンとクレパスの違い クレパスとは クレパスは、のの商品です。 数ある クレヨンの中の、一つです。 クレパスの一般名称は「オイルパステル」 クレパスの特徴は、発色が良いため、紙に描くと 色がはっきりと出ます。 クレヨンとは クレヨンが出来た当時は、をで、練り固め作られていました。 現在では、油も混ぜて、よりなめらかに、描きやすいように作られています。 クレパスの歴史 日本では、 大正時代に初めてクレヨン作られました。 当時のクレヨンは硬く、滑りが良かったため、 線を描くのに適していました。 また、手が汚れないことでも、好感を持たれていました。 その当時、クレヨンと同じくらい使用されていたのが、パステルです。 は、クレヨンでは出来ない、 色を混ぜたり、色をのばすことが出来たため、自然で、深みのある絵を描くことが出来ました。 しかし、パステルは、紙に描いた 色がはがれやすいため、を使わなければいけないという問題がありました。 写真:パステル もっと、手軽に絵を描けるものを作るために、考えられたのがクレパスです。 クレパスは、クレヨンとパステルの良い所をあわせた、モノです。 クレヨン・クレパス・パステルの違い 混色 出典 重色 出典 引用 重ね塗りができるのは? クレヨンとクレパスのうち、重ね塗りが出来るのは? クレパスは、重ね塗りが出来ます。 日本製のクレヨンは、海外製よりも、柔らかく作られているため、重ね塗りが出来るものも多くあります。 しかし、クレヨンによって、硬めなものもあり、重ね塗りが出来ないものもあります。 クレヨンの作り方 材料• 着色剤 …• ツヤだし・柔らかく … ワックス・油• 固める … 結合剤 作り方• 材料を混ぜる• 加熱して、液状にする• 型に入れ冷やし、固める• 固まったら、ラベルを巻く• 全ての色がそろったら、容器に並べて、完成 おすすめYouTube クレヨンの作り方. avi クレヨンでできるDIY特集 夜空に浮かぶ天の河を描く クレヨンの汚れの落とし方 ガラス・金属・プラスチック メイク落とし用オイルを布に染み込ませ、汚れた部分を拭いてください。 あとは、乾いた布でふき取れば、きれいに汚れを落とすことが出来ます。 汚れが落ちたら、水ですすいでください。 家具 乾いた布で 何度か拭くことで、汚れを落とすことが出来ます。 クレヨンの汚れ防止 お子さんが描いた絵を、飾っているご家庭は多いと思いまうす。 しかし、うっかり触れると、手が汚れたり、洋服についていたりして、汚れを落とすのに苦労します。 そんな時、あることをすれば、汚れが簡単に落ちますよ。 クレヨンで描いた、絵の上にをのせる• 高温のアイロンを15秒当てる• 表面がツルツルになります クレヨンが手に付きにくい理由 クレヨンで描いた絵の表面は、凸凹しています。 この状態は、クレヨンが、 紙の上の乗っている状態なのです。 アイロンをかけると、クレヨンが 溶け、紙の中に浸み込みます。 また、オーブンシートの上から、アイロンをかけることで、絵の表面が滑らかになります。 そのため、触れても、手に付きにくくなるのです。 ただし、クレヨンを 厚く塗っていると、クレヨン全部が紙に浸み込みません。 絵が伸びたり、変色する場合もあります。 クレヨンの種類 一般的なクレヨン 日本製のクレヨンは、海外製のものと違い、なめらかな書き心地です。 発色も良く、小さなお子さんでも力を入れずに、描くことが出来ます。 クレパス 一番売れている、クレヨンです。 楽天で購入すると、名前入れのサービス付き。 水で落とせるクレヨン このクレヨンは、水で簡単に汚れを落とすことが出来ます。 はみ出して、机が汚れたら、さっと水拭きすれば、汚れは落ちます。 洋服についても、洗濯すれば、汚れはきれいに落ちるので、お子さんのお絵かきに、安心のクレヨン。 チョークパステル チョークやクレヨンのような書き心地! ブラックボードに描いた文字は、水拭きで簡単に、落とすことが出来ます。 光るクレヨン NHKのテレビ番組で紹介された、驚きのクレヨン! なんと、描いた絵がブラックライトで、光ります。 クレヨンと一緒に、ブラックライトも付属されているので、すぐに楽しむことが出来ます。 顔にかけるクレヨン 顔に描くことが出来るクレヨン! 発色も良く、アートメイクに最適です。 おやさいクレヨン おやさいクレヨンは、国産の米ぬかから採れる油や、野菜粉末を入れて作られています。 顔料は、通常のクレヨンに使用される、量の3分の1以下です。 お米のクレヨン おこめのクレヨンは、、お米の油主成分のクレヨンです。 顔料は食用色素などを添加されており、万が一、口に入れても、安全な素材だけでできています。 クレヨンでスクラッチアート スクラッチアートとは、クレヨンを削って、作るアートです。 作り方は簡単!• 使用する紙は、画用紙• 画用紙に、黒以外の好きな色を画用紙の全体に塗ります。 その上に、黒を重ね塗りします。 黒く塗った部分を、竹串などで削ると、下の色が出てきます。 好きな絵を削れば、スクラッチアートの完成.

次の