コシアブラ。 春です!山菜の女王コシアブラの採り方と食べ方はこちら!

こしあぶら(コシアブラ) 販売 ・通販 【 天然きのこ山菜.com 】

コシアブラ

樹木図鑑 コシアブラ コシアブラ 学名 Acanthopanax sciadophylloides 別名 ゴンゼツノキ、ゴンゼツ、アブラギ 漉し油 分類 ウコギ属 落葉高木 幹から樹脂を取り、漉して塗料として使用したため、「漉し油」とする牧野の説が有名。 金漆という塗料にまつわり、もう少し異なる説がある。 下欄「 こぼれ話」参照。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州。 神奈川県 丹沢、箱根のブナ帯にやや稀に生える。 用途 器具材 山地に生え、樹高は10〜20mになる。 枝分かれは多くなく、横に広がらず上に伸びる傾向がある。 初冬の樹の梢には白みを帯びた黄葉と黒い実の房が目立つ。 樹 群馬県 みなかみ町 赤谷 071104 樹皮は灰褐色〜灰白色で、滑らか。 成木になると地衣類の付着が目立つ。 幹 神奈川県 箱根町 050830 葉は、枝先に互生でつく掌状複葉。 30cm近くになる長い葉柄があり、小葉は5枚。 倒卵状町楕円形で、中央の小葉が最も大きく、縁には鋭い鋸歯がある。 タラノキのような棘も無く、芽がたくさんあるので、多く採ることができる。 ただし、木が大きくなってしまうと採りにくい。 枝・葉 神奈川県 箱根町 050830 8月に、今年枝の先端に、散形花序を付け、淡黄緑色の小さな花を多数咲かせる。 花 秋田県 鳥海山 070828 果実は4〜5mmの球形で、11月頃に黒く熟す。 成熟する実の数が多いため野山の動物、野鳥の食料になる。 ツキノワグマの好物のようだ。 実 群馬県 水上町 赤谷 071104 秋の落葉前に、葉の葉緑素が抜けて、半透明のような白色になる。 あまり綺麗ではないが、林の中では目立つ。 黄葉 群馬県 水上町 赤谷 071104 枝は太く、小枝は少ない。 よく短枝を作る。 葉痕はV字型で、枝をとりまくようにつく。 写真は枝先に3本の葉痕があるので、葉が集ま束生状になっていたのが分かる。 冬芽は円錐形で、芽燐が2〜3対見える。 冬芽 群馬県 水上町 赤谷 080406 こぼれ話 「金漆 ごんぜつ 」 「木の名の由来」 深津正 、「古代塗料・こしあぶら 金漆 の語源」 寺田晁 から、この木の名前の歴史を見てみる。 平安時代の辞書である「 和名類聚抄」にコシアブラという名前が出てくる。 その中では 金漆の木がコシアブラであるとされる。 金漆の名は、「 延喜式」にはその使用例や貢進地などが、奈良東大寺の 正倉院の献物帳にそれが使用された物品の記載がある。 当時は甲冑などの黄色の塗装や、刀剣など金属の錆止め、あるいは紙の防湿として使用されていた。 しかしその後の武具の変化などにより平安後期以降金漆が使われなくなり、どのような塗料で、どのように作られたかは江戸時代では既に謎の塗料となっていた。 実際にコシアブラの木からはほとんど樹脂が採れないし、通常の漆を漉して文献にあるような性質の塗料にはならない。 つまり金漆という言葉とコシアブラという木は存在するが、その二者の関係は謎とされていた。 最近になって寺田晁の研究により、コシアブラの木から冬期のみ樹脂を採取することができ、この樹脂から速乾性の硬い皮膜ができることが分かった。 さらには同じウコギ科の、からも同様の樹液がコシアブラよりも多く分泌することも分かった。 タカノツメは地域によりコシアブラともゴンゼツとも呼ばれている。 つまり「コシアブラ」あるいは金漆という塗料を採る木が地域により異なっていた、と考えられる。 それではコシアブラの語源はというと、コシアブラは「越油」であり、 越 高志あるいは古志 の国の油という意味である 深津。 あるいは古代中国で日本から多くの留学生が渡った 浙江省台州のことを、日本では「越の国」 呉越同舟の越 と呼んでいたので、そこから伝わった金漆の技術をそのまま「越の油」と呼んだが、転じてコシアブラになった 寺田。 と、越の場所の解釈に相違はある。 中国から伝わった金漆が「越の国の油」と呼ばれ、その油の採れる木のことをコシアブラあるいはゴンゼツと呼ぶようになった、とするのが納得できる。

次の

コシアブラの育て方はむずかしい?苗木からの栽培方法は?

コシアブラ

コシアブラの木 コシアブラとは? コシアブラ(こしあぶら・漉油)とはウコギ科ウコギ属の植物の名前です。 若芽は風味が良く、山菜採りのターゲットとして非常に人気があります。 山菜の王様と呼ばれる たらの芽に対し、 コシアブラは山菜の女王と呼ばれるようです。 ウドや セリのように、 独特の強い風味を持っており、山菜の中でも1位2位を争う人気です。 (僕は一番好きな山菜です) タラの芽やウドと同じウコギ科に属しており、成長すると5m以上にもなりさすがに新芽を採ることは難しくなります。 日本では北は北海道、南は九州まで幅広く自生しており、その範囲も里山から標高の高い高山地帯まで広がる比較的生命力の強い植物です。 名前 コシアブラ 呼び名 こしあぶら,漉油 学名 Eleutherococcus sciadophylloides 分類 ウコギ科ウコギ属 旬の時期 4月~6月 採れる場所 山間部や里山でよく見かけます。 ブナ林の中にもよく生えています。 食べ方 天ぷらや素揚げで食べるのが人気ですが、炊き込みご飯やパスタに加えると風味が際立ってより一層おいしく食べることができます。 似ている山菜 やと間違われることが多いです。 漢字では 漉油と書きますが、昔はコシアブラの木の樹脂油を塗料として使用していたことが由来のようです。 漆のような使い方だと思いますが、漆に対してコシアブラは手がかぶれたりすることはありません。 コシアブラの採り方と見分け方 コシアブラを採る上で一番重要になるのが、コシアブラの木の見つけ方です。 一度見つけてしまえば目が慣れますが、似ている木も多いことから見分け方が非常に重要になります。 コシアブラの木の見つけ方 コシアブラの木自体は山間地であればいろいろな場所に自生しています。 タラノキと一緒に自生していることも多いので、里山であればタラノキが生えているような森を探してみましょう。 また、コシアブラは標高の高い山間部にも自生する傾向があり、ブナ林などで見かけることも多い山菜です。 登山ルートにあるブナ林などもポイントになりますので、深入りをしない程度に探してみるのもオススメです。 山菜採り初心者の方が見つけるには少し難しいかもしれないので、最初は詳しい方に連れて行ってもらうのがよいでしょう。 コシアブラの木&新芽の見分け方 コシアブラの木や新芽を見分けるポイントですが、以下の点がポイントになります。 木が白っぽい• トゲがない• 葉っぱが5枚• 葉っぱから強い風味がする 但し、 ウルシの木も近くに生えていることが多く、木の色も白っぽく 間違えやすいです。 ウルシの芽は赤茶色っぽいので、そのあたりも判断材料すると良いです。 ウルシ以外に実際に僕の知人が間違えた植物で、 タカノツメと呼ばれるコシアブラと同じウコギ科の植物があります。 タカノツメ自体も美味しい山菜になるので一緒に採るべきですが、あくまで違う山菜だということは理解しておきましょう。 このように似た植物はありますが、わからない時は 臭いを嗅いでみるのが一番手っ取り早いと思います。 天然で生えているものは風味も強いので分かりやすいという特徴があります。 コシアブラの採り方・採集方法 コシアブラは、木の枝から芽吹いた 若芽をとります。 付け根から軽く折り曲げてあげると、すんなりと採れます。 採るときは 全てを採らないようにして、脇芽などを残して来年に繋がるようにするのがマナーです。 コシアブラが採れる時期 地域にもよりますが、本州の平野部では4月上旬頃から採れ始め、段々と山間部へと旬が移行していきます。 山間部で残雪が残る地域では、7月くらいまで採れる場所もあります。 気温が上がってくると成長が早く、1週間も経たないうちに食べごろを過ぎてしまいます。 定期的にパトロールして、芽吹き状況をチェックするのが望ましいです。 コシアブラの下処理・アク抜き コシアブラの新芽には、根本にハカマと呼ばれる傘がついています。 こちらは美味しくないので、下処理として取ってしまいましょう。 コシアブラは火が通りやすくアクもないので、アク抜きなどの必要はありません。 太く大きい茎に関しては火が通りにくいので、5mm間隔くらいにみじん切りにして混ぜると美味しく食べられます。 コシアブラの食べ方・レシピ 若芽は、 『葉』と 『茎』に分かれますが、茎の方はちゃんと火を通さないと固くて食べづらいです。 逆に葉っぱの方は、サッと火を通す程度で食べられます。 コシアブラの料理としては天ぷらが人気ですが、個人的には素揚げのほうが風味が生きるので大好きです。 また、フキノトウのようにコシアブラ味噌や炒めものにしてもとても美味しいです。 最近はご飯やパスタといったメインディッシュのアクセントにすることが多いです。 コシアブラのレシピ バターや醤油と組み合わせた炊き込みご飯や、ペペロンチーノやカルボナーラに入れるのも非常にオススメです。 以下にクックパッドでの人気コシアブラレシピを紹介します。 コシアブラの保存方法 採ってきたコシアブラですが、冷蔵庫に入れておけば1週間位は美味しく食べられますが、それ以上使わない期間があるときはしっかりと保存しないといけません。 代表的な保存方法としては、• 塩漬け• 冷凍保存 の2種類となります。 コシアブラの塩漬け 塩漬けにする場合は、樽やタッパーに下処理したコシアブラをいれて塩をかけ、それを交互に重ねていきます。 1日~2日すると少し水が出ると思いますので、入れ替えて再度塩漬けにします。 冷暗所に保存しておけば半年以上は保存可能です。 コシアブラの冷凍保存 コシアブラを冷凍保存する際は、先に軽く茹でてから冷水にさらし、冷凍するようにすると調理の際も簡単です。 冷凍焼けするとせっかくの風味もとんでしまうので、なるべく早めに食べるようにしましょう。 コシアブラの栽培方法 今では苗木も多く販売されているので、ポット植えでも充分育てられます。 庭などの外に地植えにする場合は、強い日差しを避けられるように、大きな木の陰などに植えてあげるのをおすすめします。 山菜を探す•

次の

コシアブラ(漉油)の時期・採り方・食べ方・レシピ・栽培方法

コシアブラ

コシアブラとは? コシアブラ(漉油、学名: Eleutherococcus sciadophylloides)は、ウコギ科の落葉高木です。 地域でアブラッコ、イモノキ、コンテツなどそれぞれ呼ばれます。 大きいものは、20mに達するそうです。 下の写真の木は私が見た中で一番大きい木でした。 家の近くだったのですが、大きすぎて、誰も気付いていませんでした。 ウコギ科の山菜 ウコギ科の山菜は、その他に タラの芽、ウド、ハリギリなどが有名です。 タラの芽は、山菜の王様といわれています。 コシアブラが採れる場所 の木などが生い茂る雑木林で生えている印象です。 ただ、ヒノキ林・スギ林でも生えていたのでちゃんと探せば見つけるのはたやすいと思います。 地域によって採れる場所採れない場所がある? 地域によって収穫高が違うみたいです。 私の地域では、コシアブラが多く、タラの芽が少ないのです。 逆にコシアブラが少ない地域もあり、市場の競り価格がまったく違います。 コシアブラが採れる時期 暖かい地域では、4月初旬ぐらいから芽吹くようです。 私の地域では、ゴールデンウィーク前ぐらいから真っ盛りです。 コシアブラの特徴・見分け方 初めて採る山菜の場合一番気になるのが、 「ちゃんと見分けられるか?」だと思います。 間違って食べたら嫌ですよね。 私がいつも見ているポイントを記載します。 コシアブラは、ポイントを抑えればすぐに見分けることが出来ます。 特徴1 茎、葉に毛が生えている 新芽に毛が生えているのが最大の特徴でしょう。 コシアブラの若葉は、茎と葉に産毛のような優しい毛が生えています。 拡大しました。 葉 茎 芽吹いた直後 芽吹いた直後です。 この時点で産毛がありますので、分かり易いです。 特徴2一箇所から複数茎が出ている 一箇所のはかまから、複数の茎が出ています。 3本ぐらいの時もあります。 大きくなると下のような感じです。 特徴3 葉は柔らかい 柔らかいという表現が正しいか分かりませんが、 優しい硬さです。 コシアブラの採り方 コシアブラの採り方は非常に簡単です。 根元(はかま)を持って、ぽきっとするだけで簡単に取れます。 コシ「アブラ」という名前ですが、手がべとべとになることはありません。 間違えやすい木 タカノツメ コシアブラに非常に良く似ている木があります。 その名も「」です。 コシアブラの「毛」が無いバージョンの木です。 芽も毛がないです。 見分けのポイントは、「毛が生えていない」、「葉に光沢があり硬い」、「葉が三枚」です。 コシアブラの葉です。 5葉です。 タカノツメです。 3葉です。 葉の比較画像です。 どちらが、コシアブラか分かりますか?答えは下に記載しています。 同じウコギ科の木ですが、食用とはしません。 試しに食べてみましたが、 葉は硬く、独特な風味(悪い意味で)があり美味しくありません。 【答え】右がコシアブラ。 左がタカノツメ。 ヤマウルシ (かぶれ)も良く似ていますが、赤いです。 タラの木と良く間違える方が多いみたいです。 リョウブ 花が咲く前の、も似ています。 良く見ると分かるのですが、最大の見分けポイントは 茎が1本しか生えていません。 1枚目コシアブラ。 一箇所から多数茎が生えています。 2枚目リョウブです。 茎は1本です。 春以外のコシアブラ 山菜の時期以外の、コシアブラの様子を知っておき場所を覚えておく事で山菜の時期にすぐに行動が出来ます。 春以外のコシアブラの写真をまとめました。 夏のコシアブラです。 赤い丸が根元(はかま)部分です。 葉が大きいです!5枚の葉が生えます。 秋です。 紅葉しています。 コシアブラの大木です。 コシアブラの栄養成分 コシアブラは、抗酸化作用がある、クロロゲン酸由来の、 ポリフェノールを含んでいます。 参考: ポリフェノールは、 活性酸素による酸化を防ぎアンチエイジング効果があります。 また、 心筋梗塞や動脈硬化にも効果(血液さらさら効果)を発揮するといわれています。 降圧作用がある、同じポリフェノールのケルセチンや、ケンフェロールは天然のコシアブラではあまり含まれていないようです。 畑で栽培すると増えるみたいです。 山菜採りの注意点 山菜は、誰かの所有地に生えています。 必ず、出かける前に 山菜採り出来る場所かどうか確認し、実際に山などに入るときは、地元の人に声をかけてから入りましょう。 私自身田舎に住んでいますが、「他県ナンバーがよく止まっててね、、」というお話を良く聞きます。 地元の人は良く見ています。 また、乱獲もマナー違反です。 芽を採り過ぎてしまうと枯れてしまいます。 特に、タラの芽は繊細です。

次の