松田朋子 モーニングショー。 『モーニングショー』高木美保の主張が岡田晴恵に論破され「知ったかぶり」と苦情殺到

モーニングショー

松田朋子 モーニングショー

人物 卒業。 2009年に(TSK)に入社、2012年8月まで在籍していた。 公式プロフィールによると、TSK入社で初めて親元を離れ、山陰へ渡ったという。 入社半年で地元(鳥取県)出身のからの任を引き継いだ。 2012年9月にKABに入社。 2018年7月に退社し2019年10月から『』のリポーターとして仕事を復帰した。 は、、。 に一人旅した経験があるという。 現在の担当番組• (2019年10月 - 、) 過去の担当番組 TSK時代の担当番組• 『』 - 土・日。 『』 - 地元のローカルパート、不定期で担当。 『』 KAB時代の担当番組• 『』 - 「新発見伝くまもと(毎月隔週水曜に放送)」コーナーMC、中継リポーター• 『』 - メインMC(2013年2月2日放送〜2015年3月28日放送)• 『新発見伝くまもと』(金曜14:30 - 14:40)• 『くまパワNEWS』(月〜金曜18:25 - 18:54、メインキャスター(水〜金曜))• 『』(月〜金曜18:25 - 18:54、アシスタントキャスター(月〜水曜)) フリーアナウンサーへ転身以降 脚注 [].

次の

松田朋子 (アナウンサー)とは

松田朋子 モーニングショー

「羽鳥慎一 モーニングショー」はテレビ朝日のワイドショー。 「モーニングバード」の後継番組として2015年9月28日より開始した。 基本的な番組のスタンスは、モーニングバードからモーニングショーへ継承。 メインキャスターの羽鳥慎一を始め、出演者の多くが「モーニングバード」から引き続きの起用となった。 実は「モーニングショー」という番組自体は1964年4月~1993年3月までテレビ朝日で30年近く続いていた番組。 「羽鳥慎一 モーニングショー」で羽鳥慎一の冠番組として22年ぶりの復活となった。 番組初期からアシスタントを務めていた宇賀なつみアナは退社に伴い2019年3月いっぱいで卒業。 宇賀アナの後任に抜擢されたのが、2019年4月にテレビ朝日へアナウンサーとして入社した新人でアイドルグループ「乃木坂46」出身という斎藤ちはるアナである。 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)のアシスタントに、元乃木坂46で4月入社予定の斎藤ちはるアナウンサー(22)が起用されることが28日、明らかになった。 3月末をめどに退社する宇賀なつみアナ(32)の後任になる。 テイクオフ所属のフリーアナウンサー 元・日本テレビ所属の局アナ 1971年3月24日生まれ、埼玉県出身の49歳 早稲田大学政治経済学部経済学科 卒 身長182cm、血液型はA型 1994年~2011年3月まで日本テレビにアナウンサーとして在籍 退社後はフリーアナウンサーとして活動、テレビ朝日を始め日テレ以外の放送局へも積極的に出演を見せている 現在、テレビ朝日の平日朝ワイドショー「羽鳥慎一モーニングショー」で司会を務め、長らく同時間帯に出演していることから平日午前中の顔となっている この他、局アナ時代からのレギュラー番組「ぐるぐるナインティナイン」で「ゴチになります! 」、フジテレビ「とくダネ!」とトップ争いを繰り広げている。 2016年度の年間視聴率においては、同時間帯トップがフジ「とくダネ!」の7. 次いで、日テレ「スッキリ!!」と「羽鳥慎一モーニングショー」が7. 単月ならば、「モーニングショー」が「スッキリ」や「とくダネ」を上回ることもあり、事実2016年10月期は7. 3強の順位はいつ入れ替わってもおかしくないということで、注目となっている。 昨年10月期に限ってみれば、『モーニングショー』(前8:00~9:55)は平均7. 7%、『スッキリ!! (1部)』(前8:00~9:30)は平均7. 5%(『モーニングショー』と同じ時間帯で換算すると7. 3%)、『とくダネ!』(前8:00~9:50)は平均7. 0%(同6. 2013年10月5日に開始された「みんなの疑問 ニュースなぜ太郎」のリニューアル版が「週刊ニュースリーダー」である。 テレビ朝日で土曜日の早朝に生放送されている。 基本的には時事ニュース、スポーツ、天気情報と特定の人物に焦点を当てた「週刊リーダー列伝」を扱っており、芸能などエンタメ情報は無い。 MCの城島茂と石原良純は「なぜ太郎」から続投、テレビ朝日アナウンサーは入れ替えが行われた。 メインを芸能人が務めるものの、情報番組の経験豊富な城島茂&石原良純、コメンテーターも弁護士やジャーナリストなどニュースに対する専門性が求められる布陣となっている。 番組イメージと違って、内容的には硬派路線の情報番組と言ってよい。 ここでは「ニュースリーダー」の出演キャスター・アナウンサー、放送時間や公式サイトなど番組情報について一覧でまとめた。 「サンデーLIVE!! 」はテレビ朝日が2017年10月から日曜の早朝に放送する生放送の報道番組。 ジャニーズ俳優・少年隊の東山紀之がキャスター初挑戦ということで大きな話題となっている。 ただし、話題性の要因は他にも存在している。 テレビ朝日系列では、長らく日曜の早朝に「スーパー戦隊シリーズ」「仮面ライダーシリーズ」を放送していた関係上、これら子供(とその親)向け番組の枠移動を余儀なくされた。 これにはネットから異論が噴出し物議を醸すこととなり注目を集める結果となった。 「サンデーLIVE!!」はテレビ朝日とABC朝日放送、そしてメ~テレ(名古屋テレビ放送)の3局共同制作となっているため、サブキャスターも各局から1名ずつ起用されている。 初回放送の視聴率は5. 数字上は大きな問題はないものの、先述した通り、日曜朝の子供向け番組を犠牲にした経緯もあって局内からは不満の声も挙がっていると言われている。 この記事では「サンデーLIVE!! 」の主な出演者の情報を中心にまとめた。 「サタデーステーション」は「サンデーステーション」と共にテレビ朝日が2017年4月からスタートさせた週末の報道番組。 これまでの土曜プライム(土曜ワイド劇場)や日曜エンターテインメント(日曜洋画劇場)などのエンタメ枠を廃止して新たに報道枠を設けた。 テレビ朝日はその理由として、報道・ニュースの需要を挙げている。 同時間帯の他局においては、TBS土曜の「新・情報days ニュースキャスター」やフジテレビ日曜の「ミスターサンデー」などが高視聴率を獲得しており、それらへの対抗措置と考えられる。 メインキャスターには、元フジテレビアナウンサーで現在はフリーアナウンサーの高島彩を起用。 たインフルエンサーとして俳優のディーンフジオカも出演しており、番組開始当初から注目されていた。 彼は番組テーマ曲も手掛けている。 インフルエンサーとは、人の消費行動に影響を与える人物を指すマーケティング用語。 このケースの場合、視聴者や一般社会にニュースを伝播させるほどの影響力がある人物と解釈しても良い。 このほか、番組途中からコメンテーターとして石坂浩二が加入している。 この記事では「サタデーステーション」の出演キャスター・アナウンサー、コメンテーターなど出演者の情報をまとめた。 「サンデーステーション」は「サタデーステーション」と共にテレビ朝日が2017年4月からスタートさせた週末の報道番組。 これまでの土曜プライム(土曜ワイド劇場)や日曜エンターテインメント(日曜洋画劇場)などのエンタメ枠を廃止して新たに報道枠を設けた。 テレビ朝日はその理由として、報道・ニュースの需要を挙げている。 同時間帯の他局においては、TBS土曜の「新・情報days ニュースキャスター」やフジテレビ日曜の「ミスターサンデー」などが高視聴率を獲得しており、それらへの対抗措置と考えられる。 メインキャスターには、「報道ステーションSUNDAY」のメインキャスターだった長野智子を起用。 元フジテレビアナウンサーという点で「サタデーステーション」の高島彩と同様である。 「サタデーステーション」と比べると、報道色が色濃く出ており出演者もテレビ朝日のアナウンサーやジャーナリストなど手堅いキャストが起用されている。 この記事では「サンデーステーション」の出演キャスター・アナウンサー、コメンテーターなど出演者の情報をまとめた。 「スッキリ」は日本テレビ系列で平日の朝に放送されている極楽とんぼ・加藤浩次の司会によるワイドショー。 2006年4月、前番組「ザ! 情報ツウ」終了に伴い、加藤浩次とテリー伊藤、阿部哲子アナの3名体制で放送が開始された。 番組は現在も高い人気を誇って継続中だが、出演者は大きく変遷しており主要キャスターで継続出演しているのは加藤浩次のみである。 他局のワイドショー・情報番組に比べると、キャスターにお笑い芸人を起用する傾向が強く、また特集するコーナーにはアーティストのゲスト出演が多い特徴がある。 視聴率的には長らくフジテレビ「とくダネ! 」とトップ争いを繰り広げていたが、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」開始に伴い情勢が変化。 第3位に落ちるケースも出てきている。 2017年10月から「スッキリ!!」から「スッキリ」へタイトル変更が行われた。 この記事では日本テレビ「スッキリ」のキャスターやアナウンサー、コメンテーターなど主要な出演者の情報を中心にまとめた。 1998年10月1日から早朝に放送されているテレビ東京の経済ニュース番組。 他局で言えば朝の情報番組に相当するコンテンツであり本放送以外にもTwitterで番組の裏側が公開されるなど積極的なPRが行われている。 取り扱うニュースは経済に特化しており、基本的に一般・スポーツ・芸能などのニュースは取り扱わない。 ただし、フラッシュニュースや気象情報などのコーナーは設けられている。 NY証券取引所からの中継など、他局では見られない独特な特徴を持っている。 開始当初は45分番組で、その後も40分~55分の拡大と縮小を繰り返していたが、2017年4月からは80分へと大幅に放送時間が拡大している。 2020年4月からは番組をリニューアル。 メインキャスターに秋元玲奈アナが昇格、新企画に片渕茜アナ、NYキャスターとして西野志海アナが加入。 番組は2部制で、前後半30分ずつに分割しての放送となる。 この記事では「モーニングサテライト」に出演するキャスター・アナウンサーの情報についてまとめた。 「朝生ワイド す・またん! 」は2010年3月29日から開始された関西ローカルで放送される平日早朝の情報番組。 ニュース、スポーツ、天気、エンタメ、企画コーナーと基本的な構成となっている。 番組名「す・またん」はフランス語の「Ce matin」で「今朝」の意味がある。 一部の枠で「ZIP!」が放送される、「す・またん!」と「ZIP!」の複合番組の形式をとっている。 出演者は森たけし・辛坊治郎・野村明大といった読売テレビの名物キャスターや人気女子アナなど。 「す・またん」本編開始前の5:08からは「もうすぐ す・またん!」も放送。 こちらは女性キャスターと気象情報を担当する女性タレントのみの出演で、あさイチの最新情報と天気予報を扱う。 この記事では「す・またん!」に出演する司会・アナウンサー・キャスター・リポーター・解説者などの情報をまとめた。 「シューイチ」は日本テレビ 日曜朝の情報番組。 日本テレビ系で放送されていた日曜朝のワイドショー番組「THE・サンデー」(および「TheサンデーNEXT」)の終了に伴い、後継番組として2011年4月からスタート。 「THE・サンデー」がどちらかと言えば報道・ワイドショー寄りであったのに対し、「シューイチ」は生活情報やトレンドニュースなども取り入れた若年層をターゲットにした番組内容となっている。 ただし、コメンテーターには政治・経済から教育まで話題を広範囲にカバーできる人材が揃えられているので時事ニュースにもしっかり対応できる体制がとられている。 同時間帯で情報番組を放送しているのは、日本テレビ・TBS・フジテレビの3局だが、「シューイチ」は他局と比べると同ジャンルでも系統が異なっていると言える。 2020年4月より放送時間がそれまでの「7:30~9:55」から「7:30~10:25」へと拡大する。 この記事は「シューイチ」に出演するキャスター&アナウンサー、その他タレント情報をまとめたものである。

次の

『モーニングショー』高木美保の主張が岡田晴恵に論破され「知ったかぶり」と苦情殺到

松田朋子 モーニングショー

テレビ朝日本社(「」より) 4月2日放送の情報番組『 羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授とコメンテーターの 高木美保が新型コロナウイルスについて激論を交わし、話題になっている。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都は都立高校などの休校延長を決定し、小中学校についても協力を求めている。 登校再開の目処が立たない現状について、岡田教授は「命が先なんですよ、ですから、この状況下では致し方なしだと思っております」と語り、続いて高木が以下のようにまくし立てた。 「確か、学校で手洗いとかうがいをきちんとやっていたので、前回の休校のときには、その子どもたちが家で過ごしていても、症状がない可能性もありますけど、コロナにかかったっていうことが明らかにわかった子どもは確か出なかったということで、学校でのコロナ対策は成功しているんじゃないかっていう話もありましたよね。 そうすると、子どもたちにどんなリスクがあるかというと、まわりの大人たちの感染が増えていくことで、結局子どもたちまで巻き込んでいくっていうことになってしまう。 そうすると、たとえばパチンコに行っている人とか、飲み会とかね、ゼミの打ち上げみたいなことやってる……なんとなく人間って、できる理由をわざわざ探して、これだからいいよねって、ちょっと自分の都合のいいように、感染症を広げてしまうような行動を自分に許して取ってしまう。 ちょっと都合のいい解釈があるなっていうのを、最近よく感じています」 この高木の主張を受けて、以下のようなやり取りが続いた。 岡田「子どもさんたちに関しましては、感染してないかどうかはわからないですね。 不顕性感染(症状が認められない感染者)のお子さんたちも多いわけでございまして、あんまり症状が出やすくないので。 ですから、学校で感染伝播が起きてないかどうかっていうのは、そういうデータは取られていないわけですね」 高木「じゃあ、メディアで出たのはなんだったんでしょう?」 岡田「症状が出なければ積極的には検査がないので、もしかしたらお子さんたちも感染してても症状があんまり出なければっていうことなんです。 ただ、これだけ市中感染率が上がってくると、今までとは違うフェーズになってくる可能性があるわけですよね。 ですから、文科省も都のほうも、そういうことを鑑みながら、今のところはすぐには再開っていうリスクは踏めないということだと思うんです」 高木「もちろん、すぐに登校を再開するという意味ではなくて、子どもたちをリスクに晒す責任っていうのは大人のほうにあるんじゃないかなということを言ったのであって、すぐに登校するべきだとは言っていないので、そこは先生と同じ意見です」 その後、同番組は1歳未満の女の子が新型コロナウイルスに感染し、肺炎の治療を受けているという状況を踏まえて、「年齢が低い子どもほど重症化率が高い」という話題になった。 そこで、高木が「先生に確認したいんですが」と岡田教授に語りかけ、こう切り出した。

次の