真相 深入り 虎ノ門 ニュース youtube。 YouTubeが「虎ノ門ニュース」を配信停止 まるで中国のメディア検閲!?

YouTubeが「虎ノ門ニュース」を配信停止 まるで中国のメディア検閲!?

真相 深入り 虎ノ門 ニュース youtube

《本記事のポイント》• YouTubeが「虎ノ門ニュース」を配信停止• SNSで投稿削除・アカウント凍結に遭ったという声• まるで中国のメディア検閲 DHCテレビジョンは19日、同プロダクション制作番組をライブ配信する予定だったページが、YouTubeによって削除されたことを発表した。 削除理由は、10月5日に放送される予定だった「真相深入り! 虎ノ門ニュース」金曜日が「ガイドラインに違反している」と判断されたためだという。 ただその違反内容については、「スパムと欺瞞的行為に関するポリシーに違反したため」とのみ通告されており、詳細は分かっていない。 DHCテレビジョンは現在、YouTubeに異議申し立てを行っているという。 YouTubeやSNSで相次ぐ保守アカウント停止 今回の件に限らず、最近SNSやYouTubeなどの動画投稿サイトにおいて、保守的な投稿やアカウントが削除・凍結されるという声が相次いでいる。 その背景として、リベラル層を中心に「他国を批判するような投稿を差別的表現などとして通報する」といった動きが広がっているという。 著名な保守言論人のアカウント凍結が有名だが、編集部のアンケートにも「いわれのない記事削除・凍結に遭った」という読者の声が集まった。 以下、それを紹介する。 投稿削除・アカウント凍結に遭ったという声 ある50代男性は、フェイスブックに、いわゆる「従軍慰安婦」「南京大虐殺」の存在に疑問を呈する投稿や、安倍政権の政策に対して批判する投稿をしていたという。 すると選挙の直前になる度に、まったく投稿できなくなったという。 男性は「選挙3回目くらいには『また来たか! 』という感じです。 普段から監視されていて、狙い撃ちみたいに感じます」と戸惑う。 また、ある60代男性は「 SNSに 習近平氏や、中国の宗教事情などを強く批判したら、投稿が消されました」と答える。 別の60代男性は、「北の地下空間を破壊できる保証無くしての攻撃は、日本への報復攻撃になりかねない。 簡単に、思わないことだ」といった投稿をした。 つまり、北の軍事施設をすべて破壊できなければ、反撃されるリスクがあるという意味だ。 しかしその後、警告の上、アカウント凍結となった。 男性が即座に抗議すると、「再審査の結果、この投稿はコミュニティ規定に違反していないと判断された」との連絡が入ったという。 ごく一般的な政治分析であり、当然だろう。 それにしても、最初の審査はいったい何だったのか。 このレベルの凍結が、数多く行われているのだろうか。 ある30代男性は、「日本共産党の辻立ちが通行の邪魔になっていたので注意したところ、共産党の車で轢かれそうになった」「威嚇行為のつもりだったと思う」との旨をツイートした。 すると、数時間後にそれらの投稿が削除されたという。 何者かが、組織的に大量通報するなどしたのだろうか。 まるで中国のメディア検閲 確認するが、これは中国版ツイッターの「微博 ウェイボ 」ではない。 日本の話だ。 リベラルな傾向の強いマスコミ報道でも他のYouTubeチャンネルなどでも、自国の歴史や保守言論人、他国の大統領などへのヘイトスピーチに見えるような内容が散見され、事実の一部しか切り取らない偏った内容も多い。 そうしたものにはお咎めなしである一方、保守的な内容が槍玉に挙げられている感は否めない。 Part.

次の

YouTubeが「虎ノ門ニュース」を配信停止 まるで中国のメディア検閲!?

真相 深入り 虎ノ門 ニュース youtube

《本記事のポイント》• YouTubeが「虎ノ門ニュース」を配信停止• SNSで投稿削除・アカウント凍結に遭ったという声• まるで中国のメディア検閲 DHCテレビジョンは19日、同プロダクション制作番組をライブ配信する予定だったページが、YouTubeによって削除されたことを発表した。 削除理由は、10月5日に放送される予定だった「真相深入り! 虎ノ門ニュース」金曜日が「ガイドラインに違反している」と判断されたためだという。 ただその違反内容については、「スパムと欺瞞的行為に関するポリシーに違反したため」とのみ通告されており、詳細は分かっていない。 DHCテレビジョンは現在、YouTubeに異議申し立てを行っているという。 YouTubeやSNSで相次ぐ保守アカウント停止 今回の件に限らず、最近SNSやYouTubeなどの動画投稿サイトにおいて、保守的な投稿やアカウントが削除・凍結されるという声が相次いでいる。 その背景として、リベラル層を中心に「他国を批判するような投稿を差別的表現などとして通報する」といった動きが広がっているという。 著名な保守言論人のアカウント凍結が有名だが、編集部のアンケートにも「いわれのない記事削除・凍結に遭った」という読者の声が集まった。 以下、それを紹介する。 投稿削除・アカウント凍結に遭ったという声 ある50代男性は、フェイスブックに、いわゆる「従軍慰安婦」「南京大虐殺」の存在に疑問を呈する投稿や、安倍政権の政策に対して批判する投稿をしていたという。 すると選挙の直前になる度に、まったく投稿できなくなったという。 男性は「選挙3回目くらいには『また来たか! 』という感じです。 普段から監視されていて、狙い撃ちみたいに感じます」と戸惑う。 また、ある60代男性は「 SNSに 習近平氏や、中国の宗教事情などを強く批判したら、投稿が消されました」と答える。 別の60代男性は、「北の地下空間を破壊できる保証無くしての攻撃は、日本への報復攻撃になりかねない。 簡単に、思わないことだ」といった投稿をした。 つまり、北の軍事施設をすべて破壊できなければ、反撃されるリスクがあるという意味だ。 しかしその後、警告の上、アカウント凍結となった。 男性が即座に抗議すると、「再審査の結果、この投稿はコミュニティ規定に違反していないと判断された」との連絡が入ったという。 ごく一般的な政治分析であり、当然だろう。 それにしても、最初の審査はいったい何だったのか。 このレベルの凍結が、数多く行われているのだろうか。 ある30代男性は、「日本共産党の辻立ちが通行の邪魔になっていたので注意したところ、共産党の車で轢かれそうになった」「威嚇行為のつもりだったと思う」との旨をツイートした。 すると、数時間後にそれらの投稿が削除されたという。 何者かが、組織的に大量通報するなどしたのだろうか。 まるで中国のメディア検閲 確認するが、これは中国版ツイッターの「微博 ウェイボ 」ではない。 日本の話だ。 リベラルな傾向の強いマスコミ報道でも他のYouTubeチャンネルなどでも、自国の歴史や保守言論人、他国の大統領などへのヘイトスピーチに見えるような内容が散見され、事実の一部しか切り取らない偏った内容も多い。 そうしたものにはお咎めなしである一方、保守的な内容が槍玉に挙げられている感は否めない。 Part.

次の

青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ! フェイク垂れ流し番組がネトウヨ議員に嘘つき認定のトホホ、それでも青山信者は…|LITERA/リテラ

真相 深入り 虎ノ門 ニュース youtube

『虎ノ門ニュース』に出演する青山氏 新型コロナウイルスに関して、安倍首相が中国や韓国などからの入国規制を宣言したのが先週のこと。 6日の参院予算委員会では「中韓の入国規制」に賛辞を送るとともに、新型コロナウイルスによる感染症を「武漢熱」と呼んでいる青山センセイは「感染症に地域の名前をつけるべきだ」という趣旨を連発。 差別を招くとして病名に国名・地域名は避けるべきというWHOの指針を完全無視したうえ、あげく、国会で「(中国は)武漢には武漢病毒研究所があるという事実を薄れさせて、まるで日本が感染拡大の主犯であるような宣伝が始まっている」などと、例の「生物兵器説」なるトンデモを匂わせる始末だった。 そんな相変わらずの青山センセイだが、3月9日、隔週月曜レギュラーを務めているネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)に、その姿はなかった。 この日の番組では、産経新聞の田北真樹子氏と右派ジャーナリストの須田慎一郎氏が代打出演。 青山センセイについて「予算委員会にご出席のため生憎本日はご登場かないません」と説明された。 だが、コレ、本当は「予算委員会出席のため」とか、そういう話ではないらしい。 その顛末は、今月5日、DHCテレビが公式ホームページにアップした「青山繁晴さんの3月9日出演休止について」なる題の文書に記されている。 書いたのはDHCテレビジョンの社長で、番組のチーフプロデューサーである山田晃氏だ。 〈当時、放送2日前に青山さんの秘書さんから「議員が体調不良で月曜の出演をお休みしたい」旨のご連絡をいただきました。 これは大変ということで、青山さんには心配なくご静養頂くことをお願いし、急遽代打としてケント・ギルバートさんと門田隆将さんに事情を話した上で代打出演をご快諾いただきました。 しかしその夜に青山さんは自身のブログで、月曜の虎ノ門ニュースを休むのは仕事が多忙であるという旨の発表をなされました。 〉(DHCホームページより) たしかに、当時の青山センセイのブログをチェックすると、9月20日に〈あー、しんど。 けど、無事。 凡て、さしたることもなし〉と書いて、翌21日には〈9月23日月曜の虎ノ門ニュースには、参加しないことになりました。 ぼくの仕事の都合です。 ごめんなさい!〉と公表。 そして、番組出演予定日の前日にあたる22日には、日本チェコ友好議連の一員として大阪の堺商工会議所で開かれたオープニングセレモニーに参加し、挨拶している。 だが、山田社長によると、青山センセイ側は番組側におやすみの理由を「体調不良」と伝えていた。 山田社長は明らかに恨み節でこう続けている。 〈それならそうとはじめから正直にご相談くだされば良かったのですが、これでは「レギュラー出演者の体調不良」を理由にかなり急な出演オファーをした番組スタッフが嘘をついたことになります。 些細なことのように思われる方もいらっしゃると思いますが、代打でご出演いただいた出演者も暇ではありません。 みなさんお忙しくされている中、「レギュラー出演者の青山さんが体調不良で困っている」からお時間を作ってくれたのです。 それが、体調不良は嘘で本当は仕事がたてこんでいるから休む、ということになればどうでしょうか? 出演者にしてみれば、青山さんにとって虎ノ門ニュースは大切な仕事ではなく、他に忙しい仕事があれば平気で休むどうでもいい仕事で、その穴埋めをやらされていると思われても仕方なく、番組スタッフはその片棒を担いで嘘を言っているということになってしまいます。 これでは番組スタッフと出演者の信頼関係は瓦解してしまいます。 その告知や報告を嬉々としてブログに連ねていた。

次の