ご理解いただきありがとうございます 目上。 「お骨折りをいただきまして」のお勧め文例30選とNG例

「お気遣いいただきありがとうございます」の意味と使い方・例文

ご理解いただきありがとうございます 目上

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の

「お心遣いありがとうございます」の意味や使い方!目上の人への敬語とは

ご理解いただきありがとうございます 目上

上司に「理解」を使ったら失礼なのでしょうか? 上司にメールにて休暇を申し出たところ(在宅ワークなので) 認めていただいたので、 「ご理解いただき感謝いたします。 」 というような文言を書きました。 すると、論理的に頭で理解したのではなく、管理者として認めたということである、 理解ではなく承諾であるべきだと不愉快にさせてしまいました。 メールを書く前にビジネスメールについて調べ、 ご理解やご承諾という言葉が適していると知り、 また理解という言葉に、 相手の立場を思いやる、 という意味があると知ったので使用したのですが、 まさかこんなに気分を害されてしまうとは思いませんでした・・。 ご理解いただき・・・は、 目上の方に使うと失礼に当たるのでしょうか? 上司が部下である私の事情を汲み取って休暇を認めてくださった(思いやってくださった)、 という意味で使うのは間違っていたのでしょうか? 今後の参考にしたいので、 ご指摘いただけますと幸いです。 よろしくお願いします。 怒るほどのものかどうかは別にして、本質的な指摘をしてもらったとありがたく受け止めよう。 ・「理解」と「承認」とは全く別のもの。 「理解したから、承認する」のは当たり前だが、上司の選択肢としては「状況は理解したが、承認しない」とか「状況は理解できないが、承認はする」こともできる。 ・質問者が上司に感謝しなければならないのは、「理解してもらったこと」ではなくて、「承認してもらったこと」。 ・上司の「承認」と言う行為に対して、「理解」と言う不適切な言葉を使ってしまったことを指摘されている。 ここを反省すれば良い。 ・もともと「理解」という言葉には失礼にあたる要素は無い。 例えば仕事の進捗報告をして、「理解いただけましたか?」と聞いても失礼にはあたらない。 このようなケースでは今後も使い続ければ良い。 上司の言われることにも一理あります。 「ご理解いただき感謝します」を通常語(敬語でない言葉)に戻すと「分かってもらってありがとう」になります。 よって、「ご理解いただき感謝します」は、相手に何ごとかを分かって欲しいと訴えて、相手が「分かった」と言った場合に使えば失礼になりません。 例えば、お書きになっているような休暇を申し出る場合でも、一度申し出たが承認されず、再度、これこれこういう事情なので休まないといけないことを分かって欲しいと訴え、「事情は分かった。 承認しよう」と言われたときなどです。 しかし、今回のケースはそれに当てはまりません。 上司の方も失礼だということで不愉快になられたのではなく、場違いな使い方をしているということで一言あったのではないでしょうか? つまり、「理解」は、目上の方に使っても失礼にはならないが、使う場面によれば間違った使い方になるということです。

次の

「ご足労いただき」の意味や使い方は?目上の人には使えるの?

ご理解いただきありがとうございます 目上

「ありがとうございます」に含まれている正しい意味については、説明する必要はないでしょう。 多くの人が無意識のうちに「感謝をする」という正しい意味でこのフレーズを使用しているからです。 このフレーズに含まれている意味は、難しくありません。 では、「お心遣いありがとうございます」に含まれている正しい意味について、総合的にどのように表現することができるのでしょうか?「気遣いを示していただいてありがとうございます」という意味が含まれていると解釈できます。 ポイントとしては、相手の気遣いに、ただ感謝をしているのではない、相手がしてくれた気遣いに対して深い敬意の意味も含まれていることを忘れてはなりません。 そのため、目上の人と会話をしている時の非常に実用的なお礼の言葉になります。 「お心遣いありがとうございます」で目上の人にお礼をするのも、正しい使い方になります。 しかし、「お心遣い感謝いたします」でお礼をすることによって、「お心遣いありがとうございます」とは、違いのある印象を与えることができます。 なぜなら、「お心遣いありがとうございます」というお礼では含まれていない「感謝いたします」が使用されているため、意味に違いがあると言えます。 特に、「いたします」は敬語の謙譲語が使用されています。 かなり目上の人に対しても使用することのできる文法になるため、目上の人の中でも、特に敬意を示しながら会話をしなければならない人に対して、正しい仕方で「お心遣いに感謝いたします」を使ってお礼を表現できます。 「お心遣いありがとうございます」を使う場面は非常に限定されてきます。 なぜなら、フレーズに含まれている意味を反映した、正しい使い方をしなければならないからです。 基本的には、お礼を言いたい時に「お心遣いありがとうございます」を使えます。 しかし、目上の人などが自分に対して親切を示してくれたり、気を配ってくれた場合に限って「お心遣いありがとうございます」を使うことができます。 逆に言えば、周りの人が自分に対して親切にしてくれていないのであれば、「お心遣いありがとうございます」を使用することはできません。 嫌味を言っているように聞こえてしまう可能性もあるため、気を配ってくれた時にだけ使用することを心がけましょう。 「お心遣いありがとうございます」を手紙の中で使用する時には、正しい言葉遣いがされているように気をつけなければなりません。 「お心遣いいただきありがとうございます」をビジネスの場面での手紙の中で使用することが可能です。 ビジネスの場面での手紙では、取引先とのやり取りが多いため、非常に深い敬意が示されているフレーズを手紙の中で使用しなければなりません。 しかし、「お心遣いいただきありがとうございます」には、目上の人への敬意が示されています。 手紙のような書き言葉にしたとしても、「お心遣いいただきありがとうございます」の「いただき」で手紙にふさわしい、かしこまった言い方がされています。 相手が示してくれた気遣いに手紙で感謝する時に、非常におすすめな例文です。 何かを頂いたお礼を手紙で表現したいのであれば「お心遣いの品」という例文を使うことをおすすめします。 「品」という言葉には、「形があるもの」もしくは「品物」という意味が含まれています。 手紙の中でお礼を言うを文章として「お心遣いの品」を使用したいのであれば、気を配って送ってくれたものへのお礼を言っていることになります。 手紙の中での表現は、常に正式な敬語であるべきです。 手紙では話し言葉のような言葉は使われないからです。 しかし、そのような言葉遣いの難しい手紙の中で、相手が送ってくれたもののことを「お心遣いの品」で表現することができれば、正しい言葉遣いが使われています。 手紙を受け取った人も、贈り物してよかったという気持ちになるはずです。 「ご心配いただきありがとうございます」をビジネスメールや返信をする時に使用することが可能です。 特に、ビジネスメールに対して返信をする時に「ご心配いただきありがとうございます」を使えば、正しい使い方をしていることになります。 誰も自分に対して心配をしていないのに、この例文で返信してしまうと、例文を正しい使い方で用いていることにはなりません。 違和感のある返信や、ビジネスメールを送っていることになるからです。 しかし、誰かが気遣いを示してくれたビジネスメールの返信に「ご心配いただきありがとうございます」を使用することができれば、自然の返信をしていることになります。 「心配してくれてありがとうございます」で、理解しやすい意味を返信で使っているからです。 ビジネスの場面で活躍しておられるのであれば、会社の中でそれぞれの役割があることは、すでにご存知でしょう。 しかし、チームワークを大切にしている会社に勤めている場合は、気を聞かせて「代わりに仕事を行う」ことも大切です。 「代わりに仕事ばっか行っていると、ただ働きになってしまうのではないか」と感じたとしても無理もないことです。 しかし、ここで言う「代わりに仕事を行う」の意味は、「同僚が困っている時」に限定されます。 もし、仕事上の何かのトラブルが生じた時に、自分の職場の同僚が代わりに仕事をしてくれたとしたら「お心遣いありがとうございます」とお礼を言いたくなるのではないでしょうか?その逆のことを仕事仲間にしてあげれば、お礼を言われやすいです。

次の