手羽 元 ポン酢 煮込み。 使うのは酢じゃなくて◯◯!「手羽元」で夏のさっぱり煮を作ろう

たけだバーベキューさん考案!おしゃれ飯ごう「メスティン」で手羽元のポン酢煮込み

手羽 元 ポン酢 煮込み

お弁当箱みたいなちょっとレトロなかわいいフォルムの「メスティン」。 こちらおうちバーベキューで人気上昇中の、取っ手付きアルミ製飯ごうなんです。 バーベキュー芸人として人気のたけだバーベキューさんも目下いろいろな使い方を考案中。 そんなたけだバーベキューさんがオリジナルの新メニューを考えてくれました。 今回は人気のお惣菜「手羽元のポン酢煮込み」をご紹介します。 白いご飯にもぴったりな甘酸っぱさがたまらない「手羽元ポン酢煮込み」 【材料】 鶏手羽元…9本 ポン酢…150ml 砂糖…大さじ1 水…80ml 生姜…少量 にんにく…2片 刻みねぎ…適量 ではさっそくつくってみましょう! 【つくり方】 1. メスティン(L)に鶏手羽元を並べる。 1にポン酢、砂糖、水、スライスした生姜、つぶしたにんにくを入れてフタをして10分煮込む。 一度軍手でフタを開けて鶏手羽元を裏返して、フタをしてさらに5分煮込む。 軍手でフタを開けて刻みねぎを散らして完成。 味がしっかりと染み込んだ美味しそうな手羽元煮が完成しました。 鶏手羽元は通常、味が染み込みにくく圧力鍋を使ったりコトコトと長時間煮込むイメージですが、このレシピなら驚きの時短料理に。 「メスティンは熱伝導がとてもよくて、密閉性が高いので短時間でも素材に味が染み込むんです」(たけだバーベキューさん)。 時間がかかりそうなメニューもメスティンならあっという間に完成!あと一品欲しい…という時にも活躍しそうなメニューですね。 教えてくれたのは… たけだバーベキューさん BBQ芸人としてテレビ番組やイベントなどで大活躍。 著書も多数出しており今話題の芸人さん。 YouTube「たけだバーベキューTV」 チャンネル登録者数50000人! 調理・撮影/たけだバーベキュー 取材・文/西岡直美 【こちらの記事もおすすめ】.

次の

使うのは酢じゃなくて◯◯!「手羽元」で夏のさっぱり煮を作ろう

手羽 元 ポン酢 煮込み

お弁当箱みたいなちょっとレトロなかわいいフォルムの「メスティン」。 こちらおうちバーベキューで人気上昇中の、取っ手付きアルミ製飯ごうなんです。 バーベキュー芸人として人気のたけだバーベキューさんも目下いろいろな使い方を考案中。 そんなたけだバーベキューさんがオリジナルの新メニューを考えてくれました。 今回は人気のお惣菜「手羽元のポン酢煮込み」をご紹介します。 白いご飯にもぴったりな甘酸っぱさがたまらない「手羽元ポン酢煮込み」 【材料】 鶏手羽元…9本 ポン酢…150ml 砂糖…大さじ1 水…80ml 生姜…少量 にんにく…2片 刻みねぎ…適量 ではさっそくつくってみましょう! 【つくり方】 1. メスティン(L)に鶏手羽元を並べる。 1にポン酢、砂糖、水、スライスした生姜、つぶしたにんにくを入れてフタをして10分煮込む。 一度軍手でフタを開けて鶏手羽元を裏返して、フタをしてさらに5分煮込む。 軍手でフタを開けて刻みねぎを散らして完成。 味がしっかりと染み込んだ美味しそうな手羽元煮が完成しました。 鶏手羽元は通常、味が染み込みにくく圧力鍋を使ったりコトコトと長時間煮込むイメージですが、このレシピなら驚きの時短料理に。 「メスティンは熱伝導がとてもよくて、密閉性が高いので短時間でも素材に味が染み込むんです」(たけだバーベキューさん)。 時間がかかりそうなメニューもメスティンならあっという間に完成!あと一品欲しい…という時にも活躍しそうなメニューですね。 教えてくれたのは… たけだバーベキューさん BBQ芸人としてテレビ番組やイベントなどで大活躍。 著書も多数出しており今話題の芸人さん。 YouTube「たけだバーベキューTV」 チャンネル登録者数50000人! 調理・撮影/たけだバーベキュー 取材・文/西岡直美 【こちらの記事もおすすめ】.

次の

使うのは酢じゃなくて◯◯!「手羽元」で夏のさっぱり煮を作ろう

手羽 元 ポン酢 煮込み

平日に煮込み料理を作る時はいつもスピード勝負です。 やっぱりコトコト大事に煮込みたいじゃないですか。 平日といえども、せっかく作るんだから出来るだけね。 まず、競歩選手もビックリの速足でとにかく急いで帰る。 通りすがりの学生達に不思議な目で見られても関係ねぇ。 こっちは早く帰って煮込みたいんだ。 煮込みたい気持ち最優先なんだからお前らの目線に答えている暇はない。 そして帰りつつも段取りを頭の中で考える。 今日は手羽元のポン酢煮込みを作ろうと思っています。 最近ポン酢のCMで見るアレです。 あれって見た感じ確かゆで卵入ってたよな…そしたら帰ったらまずお湯沸かして、ゆで卵だけ仕込んでからうさぎに餌あげて、洗濯物取り込んで…あれ?そういえばポン酢あったっけ?…とか色々考えているうちに、家に到着。 急いで鍵を空けて滑り込むように家に入り、くるっと華麗に一回転しつつ買ってきた食材をテーブルにオン。 そして流れるような動作で鍋に水をいれそのままコンロへ…おっとっと… …あ。 当然ですがちょっともったいないですね。 それでは実食です。 パク… …! これ… これ、美味しいーーーー! 想像通りっちゃあ想像通りの味なんですが、なんていうかコッテリしてるんだけどサッパリしてて、ってよくある表現だな。 でもこれが一番しっくりくるかも。 ポン酢を使っているのでサッパリしてるのはそりゃそうなんですが、手羽元からでる鶏の出汁と砂糖がいい感じに食べごたえを演出しており全然物足りなくありません。 一緒に煮た卵も鶏の出汁を吸って非常に美味しくなっていました。 これは美味い。 ただね…。 惜しむらくは急いで強火で煮たので、結構しっかりした肉質になってしまった。 とはいえパサパサって意味じゃないんです。 チキンカレーとかに入ってるあのホロホロ感では無いってこと。 煮豚を作る時もそうなんですが、肉って強い火で煮るとどうしても固くなっちゃうでしょ…でもこれはもうしょうがない。 平日は時間無いから。 今度はぜひ休日の時間がある時にチャレンジしたいと思いました。 ごちそうさまでした。

次の