クッシング在庫。 米国クッシング原油在庫

米原油在庫、1320万バレルの大幅増 クッシング在庫急増=API

クッシング在庫

フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。 今回は、NY原油相場についてのレポートを紹介します。 陳さんは、まず『サウジアラビアやロシアなど石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国によるOPECプラスは5月、6月に行った日量970万バレルの削減を7月いっぱい維持することで合意した。 国際エネルギー機関(IEA)は16日公表した月報で、2020年の石油需要予想を5月報告より50万バレル多い日量9170万バレルに引き上げた』と伝えています。 これらについて、『一連の材料は需給を引き締めるもので、本来なら原油相場を押し上げていいはずだが、新型コロナ「第2波」に対する警戒感が原油相場の上値を抑えている』と分析しています。 また、17日公表された米エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計について、『12日までの原油在庫は5億3900万バレル超と前週より120万バレル増加し、2週連続で過去最高を記録した。 予想は300万バレル程度の減少だった』と説明しています。 陳さんは『市場予想に反して増加したため需給悪化懸念が強まったが、米国内の1日当たりの生産量が減少し、2018年3月以来の低水準となったことは支援要因となった』と指摘。 ガソリン在庫は『前週比167万バレル減少』、中間留分在庫も『増加予想に反し減少だった』とのことで、『現物受け渡し地オクラホマ州クッシングの原油在庫は前週比5. 3%減で6週連続の減少だった』と述べています。 NY原油の現状については、『NY原油日足に50日、100日、200日の移動平均線を入れると現状は100日線のレベルで推移している』として、『減産効果で下値はサポートされる見込みで50日移動平均線のある30ドルが下値の目安になりそうだ』と考察しています。 加えて、『世界各国でロックダウン(都市封鎖)解除や経済活動の再開が期待されて40ドルを超える可能性はあるが、新型コロナ第二波への懸念や需要減退予想から上値は200日移動平均線のある45ドル前後だろうか』と分析。 『当面は下値30ドル、上値45ドルのレンジを想定しておきたい』と示唆しており、テクニカル的には『ギャップの上限41.88ドルが目先の上値抵抗線になろう』との見解を伝えています。 参考にしてみてくださいね。 上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の6月18日付「NY原油相場、30~45ドルのレンジを想定」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。 フィスコリサーチレポーター 花田浩菜《HH》.

次の

クッシング在庫とは|金融経済用語集

クッシング在庫

米石油協会(API)が21日公表した週間在庫統計によると、17日までの1週間の国内原油在庫は、前週比1320万バレル増加し、5億バレルとなった。 アナリスト予想は1310万バレル増だった。 原油受け渡し拠点のオクラホマ州クッシングの在庫は540万バレル増加した。 製油所の原油処理量は日量10万バレル減少した。 ガソリン在庫は340万バレル増加。 アナリスト予想は220万バレル増だった。 ディーゼル油とヒーティングオイルを含むディスティレート(留出油)在庫は760万バレル増加。 アナリスト予想は560万バレル増だった。 原油輸入は日量13万2000バレル増加した。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

相場分析2020年6月29日

クッシング在庫

5月20日に発表された米エネルギー省情報局(EIA)の「週間石油在庫統計」によると、米国内の民間原油在庫は498. 2万バレルと、市場の「積み増し予想」に反して2週連続での取り崩しとなった。 なかでも取引所によって先物の受け渡し地点に指定されているオクラホマ州クッシングの在庫は500万バレルを超える取り崩しとなり、ここ2週間での取り崩し量は800万バレルを大きく上回るまでに至っている。 同月27日の統計では、逆に「市場の取り崩し予想」に反し、3週間ぶりに増加した。 だが、クッシングの在庫は3週連続での減少となっている。 こうしたトレンドを見る限り、貯蔵施設の容量不足の問題は解消に向かっており、期近限月の納会前に価格が急落するリスクも大きく後退したと判断しても良さそうだ。 特に「供給面の絞り込み」については、強気の見通しを維持しても良いだろう。 サウジをはじめとしたOPECプラスが現在行っている大幅な減産は、期間が6月末までと定められている。 だが、石油収入の大幅な落ち込みで産油国の危機感はさすがに高まっており、かなりの期間継続されることになりそうだ。 彼らの生産方針は政治的な動きに左右されることが多く、不透明感が払拭されることはないし、ロシアが7月以降減産幅を縮小すると意向を示しているのは気になるところだが、少なくとも価格が30ドル台に低迷している間は、積極的に生産を増やそうとする動きが出てくることはないだろう。 一方、アメリカのシェールオイルに関しても、先行指標である同国内の稼働リグの大幅な減少が続いているのを見る限り、この先、生産がさらに落ち込むのは避けられない。 2020年後半にかけて世界的に供給が一段と減少する可能性は高いのではないか。 需要拡大がそう簡単ではないワケ 一方、需要に関しては、あまり大きな期待を寄せないほうがよさそうだ。 この先生産の減少が続いても、足元の需要がそれ以上に落ち込んだままとなる恐れは高く、過剰在庫の問題もすぐには解消に向かわないだろう。 在庫統計では原油在庫こそ予想外の取り崩しとなったものの、一方でガソリンをはじめとした石油製品の在庫は高水準のままで、足元では依然として、供給過剰状態が続いている。 クッシングを中心に原油在庫の取り崩しが進んでいるのは、現物市場でクッシングなどの原油価格が下落、かなり割安な水準となったことを受け、製油所が稼働率を引き上げ原油の消費を進めたことによる部分が大きい。 いったん石油製品の在庫が大幅に増加したのも、こうしたことの結果というわけだ。 ロックダウン(都市封鎖)が緩和に向かい、経済活動も徐々に再開しているが、全ての需要がコロナ以前の水準に戻るわけでは決してない。 アメリカでは5月25日のメモリアル・デーの祝日以降、夏のドライブシーズンが始まるが、感染を恐れる人々は引き続き外出を控えるだろうし、自動車の使用は限定的なものにとどまることになるだろう。 また国外への渡航制限も大幅に緩和される可能性は小さく、航空機の利用も落ち込んだままとなる可能性が高い。

次の