銀座シックス 千疋屋。 パティスリー銀座千疋屋

パティスリー銀座千疋屋 銀座SIX店

銀座シックス 千疋屋

マーロウ GINZA SIX 始めに紹介する銀座シックスのお土産は、チョコレートやアイスです。 溶けてしまう危険もあり、日持ちしにくいですが、お茶会などで持っていくのにはちょうど良いお土産です。 オリジンヌ・カカオの「ボンボンショコラ詰め合わせ」 フランス語で「カカオの原産地」を意味している「オリジンヌ・カカオ」。 このお店では、原料のカカオからこだわったチョコレート作りをしています。 産地や発酵方法によって味の異なるカカオを、より引き立てるのがパティシエによる調理。 職人の技によって、理想的なくちどけのするチョコレートに仕上がります。 お土産にしたい商品なのが、お店でも人気の「ボンボンショコラ詰め合わせ」。 作る際には、オリジンヌ・カカオの理想とする「口に入れると少し溶け、噛むとパリッとした食感でガナッシュが溶け出す」を実現するため、口に入れてからの温度や時間による溶け方まで計算しているそうです。 高級感のある店内が銀座らしいです。 ここで人気のお土産が「クラックネ」。 こちらはボール型に丸まったチョコレートです。 中に入ったナッツなどの食感と、チョコレートの甘みが味わえます。 ここでお土産として購入したいのが「アイスバー」です。 おいしいのはもちろん、カラフルな色合いも魅力の一つ。 小さな子供などへのお土産にはピッタリでしょう。 また、アイスバーをお土産として購入すると、着物ブランドのお店らしく木箱に入れてくれます。 お店の名前は、アメリカの有名な探偵小説の主人公・マーロウから取られています。 こちらでおすすめするお土産が「チョコレートプリン」。 チョコレートシロップと高級ココアが使われています。 表に描かれた渋いマーロウの顔もオシャレ。 小説好きの方へのお土産にはピッタリでしょう。 辻利の「京濃い茶テリーヌ」 お茶の名店として知られている京都・宇治。 この宇治で名店として知られるお茶のお店が辻利です。 お店の創業は1860年。 今から150年以上前になります。 ここで人気のお土産が辻利 銀座店専用の商品である「京濃い茶ロール」。 生地にもクリームにも宇治の抹茶をたっぷり使用したロールケーキです。 食べる前には添付の抹茶糖を振りかけておきましょう。 抹茶の香りと味わいがさらに深まります。 専門店なので、ケーキの評価はお墨付きです。 おすすめなのが様々な種類のパウンドケーキを詰め合わせた「フリュイドール」。 現在は、お茶以外にスイーツを扱うお店になっています。 ここでおすすめするのが「抹茶かすていら」。 抹茶のうま味が良く入ったカステラになっています。 ISHIYA GINZAの「サク ラングドシャ アソート」 北海道まれの菓子メーカーとして、白い恋人などを製造している「ISHIYA GINZA」。 ビスケットなどのお菓子を製造しています。 この店舗では「銀座にいながらも北海道を感じられるお店」を目指しています。 人気なのが「サク ラングドシャ アソート」。 こちらは6種類のフレーバーがあり、「キャラメル」や「北海道チーズ」などを選べます。 フレーバーを詰め合わせたお菓子もあるので、試してみるのも良いでしょう。 こちらで人気の商品が「本実堂サンド」です。 厚めのクッキーとクッキーの間にきな粉や抹茶のクリームを挟んでいます。 8個入りのものが、ちょうど良いサイズだと思いますよ。 クッキーの原材料には、上質なベルギーチョコレートに、無塩バターなど、新鮮なものを使用。 おいしいのはもちろん、健康にも気遣いがあります。 クッキーなので、分けやすいのもありがたいポイントです。 購入するお土産をじっくり考える時間がない時などにおすすめ。 ロサンゼルスで人気を集めるお店のチェーン店です。 お土産にしたいのが、アメリカのデザートとしてお馴染み「マムズアップルクランブル」。 カフェ・ユーロップの「銀座珈琲ゼリー」 100年前、銀座で大人気だったお店の名前を継承したのが「カフェ・ユーロップ」。 香り高いコーヒーとお菓子がラインナップされていますよ。 「銀座珈琲ゼリー」がおすすめのお土産です。 上にクリームを乗せれば、珈琲の苦みやコクがさらに引き立ちます。 上品で果実の風味を感じられるドライフルーツを堪能できます。 お土産に便利なのが「セミドライフルーツ彩りボックス」。 こちらは全9種類のセミドライフルーツを詰め合わせています。

次の

ギンザ シックスのバレンタイン、「パティスリー銀座千疋屋」「辻利」の特別ショコラ

銀座シックス 千疋屋

本 店がある日本橋三井タワー(東京都中央区) 略称 日本橋千疋屋 本社所在地 〒103-0022 二丁目4番1号 浮世小路千疋屋ビル 本店所在地 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町二丁目1番2号 設立 創業(天保5年) 設立(昭和13年) 事業内容 果物の輸入・販売 フルーツパーラー・レストランの運営 主要子会社 株式会社デーメテール千疋屋 株式会社千商 関係する人物 弁蔵 創業者 外部リンク 株式会社 京橋千疋屋 Kyobashi-Sembikiya,Ltd. 本社所在地 〒104-0031 一丁目1番9号 千疋屋ビル 4F-5F 設立 創業(明治14年) 事業内容 内外特選果実・食品・洋酒の販売 洋菓子製造・販売フルーツパーラー・ 洋食レストラン 代表者 () 資本金 1350万円 外部リンク 株式会社 銀座千疋屋 GINZA SEMBIKIYA 本社所在地 〒104-0061 五丁目5番1号 ニュウ銀座千疋屋ビル 設立 創業(明治27年) 設立(昭和12年) 事業内容 国産及び輸入果実・食料品の販売 洋菓子製造販売・フルーツパーラー 代表者 () 資本金 4800万円 主要子会社 株式会社パティスリー銀座千疋屋 外部リンク 千疋屋(せんびきや)は、の輸入・販売を専門とする日本ののである。 現在、千疋屋といえば、・の 千疋屋総本店、の 京橋千疋屋、の の3社のことを指す。 京橋と銀座の千疋屋は、総本店からされた別の企業である。 総本店の創業はと大変古く、・時代から、高級な贈答品の代名詞として、「 水菓 くだもの の千疋屋」と呼ばれている。 取扱商品は果物、ワイン、と幅広く、直営のフルーツパーラーやも存在する。 ここでは 千疋屋総本店を軸として説明する。 沿革 [ ]• 現在でも、隣接する埼玉県北部に、わずかな面積であるものの、この「千疋」の地名が残っている。 2016年現在の常務・大島有志生は弁蔵の子孫の一人。 1864年(元治元年)二代目文蔵が店を継ぎ、やがて徳川家御用商人となる。 1867年(慶応3年)三代目大島代次郎が生まれ、三代目代次郎は日本橋本町(室町 [ ])に店を移した。 後に当時としては最新式の洋館3階建の店舗を築いた。 三代目は外国産の果物を輸入したり国産果物の品種改良に力を入れ、果物専門店の地位を築き上げた。 1881年(明治14年) 中橋店(現・)をのれん分け。 1887年(明治20年)四代目代次郎誕生• 1894年(明治27年) 新橋店(現・)をのれん分け。 1913年(大正2年)銀座千疋屋2代目社長、齋藤義政が「フルーツパーラー」を開業。 「フルーツパーラー」とは2代目義政が作った造語である。 1925年(大正14年) にフルーツパーラー出店。 1928年(昭和3年)浅草松屋にフルーツパーラー出店。 1930年(昭和5年)海上ビル、伊東屋ビルに大規模なフルーツパーラー直営するも戦争で焼失。 1938年(昭和13年)株式会社に改組。 四代目代次郎が社長に就任。 1958年(昭和33年)12月3日、銀座の店舗が火災に遭い全焼。 1965年(昭和40年)内幸町飯野ビル店開設。 1969年(昭和44年) 店開設。 1971年(昭和46年)本店ビル新築開店。 株式会社デーメテール千疋屋を発足。 フルーツパーラー&レストラン、宴会場、製菓工場の経営により名実ともに日本最大の総合果物店へと発展を遂げた。 1978年(昭和53年)柏高島屋店開設。 1979年(昭和54年)株式会社千商設立。 ワイン等の輸入販売を開始。 1992年(平成4年)信濃町ステーションビル店(現アトレヴィ信濃町店)開設。 1996年(平成8年)新宿高島屋店、池袋西武店開設。 2000年(平成12年)港南台高島屋店、店開設。 2002年(平成14年)5月、日本橋本店移転、仮本店での営業開始。 ロゴ・マーク、新デザイン導入。 2002年(平成14年)パティスリー千疋屋 舞浜イクスピアリ店オープン。 2003年(平成15年)浦和伊勢丹店パティスリー千疋屋開設。 2004年(平成16年)日本橋高島屋店フルーツパーラー開設。 2004年(平成16年)羽田空港第2旅客ターミナル店を開設。 2005年(平成17年)9月、 に新・日本橋本店オープン。 2006年(平成18年)東京駅銘品館店開設。 2007年(平成19年)新宿店開設。 2008年(平成20年)タカシマヤフードメゾン新横浜店開設。 2010年(平成22年)本社ビル(千石ビル、中央区2-4-15)建て替えの為、一時的に事務所を同3-1-10の田中ビルへ移転。 2013年(平成25年)浮世小路千疋屋ビル(日本橋室町2-4-1)が竣工し、本社を再移転。 2018年(平成30年)経営破綻した株式会社の事業譲渡に関する入札が行われ、入札の結果、パティスリー銀座千疋屋が優先交渉権を獲得。 同年6月29日付でパティスリー銀座千疋屋が設立した新会社である株式会社花園万頭(新社)が花園万頭(旧社)の事業を譲受。 備考 [ ]• 高級フルーツ専門店であり、スーパーやケーキ屋で販売されている価格の倍以上するのが通常であるが、品質も非常に高く、厳選されたものだけを販売している。 有名なもので、がある。 ケーキなどのデザート以外にもミックスジュースも販売している店舗もある。 2006年(平成18年) 「銀座」をと提携して発売したのは「 銀座千疋屋」である。 2010年頃に発売停止されたが、全国に千疋屋の名前が知られるきっかけとなり、比較的安価で(しかし他のよりは高価)千疋屋のフルーツカクテルを安易に買うことが出来た。 2015年(平成27年) 10月15日、 京橋千疋屋の喫茶スペースで提供された水を飲んだ女性客4人が体調不良を訴え病院で手当てを受けた。 水には高濃度のが含まれており、事態を受けてと中央区による調査を受け、中央区保健所は21日から3日間の営業停止命令を出した。 ギャラリー [ ]•

次の

銀座 パティスリー銀座千疋屋 いちごのショコラサンド

銀座シックス 千疋屋

本 店がある日本橋三井タワー(東京都中央区) 略称 日本橋千疋屋 本社所在地 〒103-0022 二丁目4番1号 浮世小路千疋屋ビル 本店所在地 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町二丁目1番2号 設立 創業(天保5年) 設立(昭和13年) 事業内容 果物の輸入・販売 フルーツパーラー・レストランの運営 主要子会社 株式会社デーメテール千疋屋 株式会社千商 関係する人物 弁蔵 創業者 外部リンク 株式会社 京橋千疋屋 Kyobashi-Sembikiya,Ltd. 本社所在地 〒104-0031 一丁目1番9号 千疋屋ビル 4F-5F 設立 創業(明治14年) 事業内容 内外特選果実・食品・洋酒の販売 洋菓子製造・販売フルーツパーラー・ 洋食レストラン 代表者 () 資本金 1350万円 外部リンク 株式会社 銀座千疋屋 GINZA SEMBIKIYA 本社所在地 〒104-0061 五丁目5番1号 ニュウ銀座千疋屋ビル 設立 創業(明治27年) 設立(昭和12年) 事業内容 国産及び輸入果実・食料品の販売 洋菓子製造販売・フルーツパーラー 代表者 () 資本金 4800万円 主要子会社 株式会社パティスリー銀座千疋屋 外部リンク 千疋屋(せんびきや)は、の輸入・販売を専門とする日本ののである。 現在、千疋屋といえば、・の 千疋屋総本店、の 京橋千疋屋、の の3社のことを指す。 京橋と銀座の千疋屋は、総本店からされた別の企業である。 総本店の創業はと大変古く、・時代から、高級な贈答品の代名詞として、「 水菓 くだもの の千疋屋」と呼ばれている。 取扱商品は果物、ワイン、と幅広く、直営のフルーツパーラーやも存在する。 ここでは 千疋屋総本店を軸として説明する。 沿革 [ ]• 現在でも、隣接する埼玉県北部に、わずかな面積であるものの、この「千疋」の地名が残っている。 2016年現在の常務・大島有志生は弁蔵の子孫の一人。 1864年(元治元年)二代目文蔵が店を継ぎ、やがて徳川家御用商人となる。 1867年(慶応3年)三代目大島代次郎が生まれ、三代目代次郎は日本橋本町(室町 [ ])に店を移した。 後に当時としては最新式の洋館3階建の店舗を築いた。 三代目は外国産の果物を輸入したり国産果物の品種改良に力を入れ、果物専門店の地位を築き上げた。 1881年(明治14年) 中橋店(現・)をのれん分け。 1887年(明治20年)四代目代次郎誕生• 1894年(明治27年) 新橋店(現・)をのれん分け。 1913年(大正2年)銀座千疋屋2代目社長、齋藤義政が「フルーツパーラー」を開業。 「フルーツパーラー」とは2代目義政が作った造語である。 1925年(大正14年) にフルーツパーラー出店。 1928年(昭和3年)浅草松屋にフルーツパーラー出店。 1930年(昭和5年)海上ビル、伊東屋ビルに大規模なフルーツパーラー直営するも戦争で焼失。 1938年(昭和13年)株式会社に改組。 四代目代次郎が社長に就任。 1958年(昭和33年)12月3日、銀座の店舗が火災に遭い全焼。 1965年(昭和40年)内幸町飯野ビル店開設。 1969年(昭和44年) 店開設。 1971年(昭和46年)本店ビル新築開店。 株式会社デーメテール千疋屋を発足。 フルーツパーラー&レストラン、宴会場、製菓工場の経営により名実ともに日本最大の総合果物店へと発展を遂げた。 1978年(昭和53年)柏高島屋店開設。 1979年(昭和54年)株式会社千商設立。 ワイン等の輸入販売を開始。 1992年(平成4年)信濃町ステーションビル店(現アトレヴィ信濃町店)開設。 1996年(平成8年)新宿高島屋店、池袋西武店開設。 2000年(平成12年)港南台高島屋店、店開設。 2002年(平成14年)5月、日本橋本店移転、仮本店での営業開始。 ロゴ・マーク、新デザイン導入。 2002年(平成14年)パティスリー千疋屋 舞浜イクスピアリ店オープン。 2003年(平成15年)浦和伊勢丹店パティスリー千疋屋開設。 2004年(平成16年)日本橋高島屋店フルーツパーラー開設。 2004年(平成16年)羽田空港第2旅客ターミナル店を開設。 2005年(平成17年)9月、 に新・日本橋本店オープン。 2006年(平成18年)東京駅銘品館店開設。 2007年(平成19年)新宿店開設。 2008年(平成20年)タカシマヤフードメゾン新横浜店開設。 2010年(平成22年)本社ビル(千石ビル、中央区2-4-15)建て替えの為、一時的に事務所を同3-1-10の田中ビルへ移転。 2013年(平成25年)浮世小路千疋屋ビル(日本橋室町2-4-1)が竣工し、本社を再移転。 2018年(平成30年)経営破綻した株式会社の事業譲渡に関する入札が行われ、入札の結果、パティスリー銀座千疋屋が優先交渉権を獲得。 同年6月29日付でパティスリー銀座千疋屋が設立した新会社である株式会社花園万頭(新社)が花園万頭(旧社)の事業を譲受。 備考 [ ]• 高級フルーツ専門店であり、スーパーやケーキ屋で販売されている価格の倍以上するのが通常であるが、品質も非常に高く、厳選されたものだけを販売している。 有名なもので、がある。 ケーキなどのデザート以外にもミックスジュースも販売している店舗もある。 2006年(平成18年) 「銀座」をと提携して発売したのは「 銀座千疋屋」である。 2010年頃に発売停止されたが、全国に千疋屋の名前が知られるきっかけとなり、比較的安価で(しかし他のよりは高価)千疋屋のフルーツカクテルを安易に買うことが出来た。 2015年(平成27年) 10月15日、 京橋千疋屋の喫茶スペースで提供された水を飲んだ女性客4人が体調不良を訴え病院で手当てを受けた。 水には高濃度のが含まれており、事態を受けてと中央区による調査を受け、中央区保健所は21日から3日間の営業停止命令を出した。 ギャラリー [ ]•

次の