罹患 の 意味。 「罹患」の意味とは?「罹患者」など使い方の例文と類語・英語訳も

「罹患」と「羅漢」の違い・意味と使い方・使い分け

罹患 の 意味

読み方:りかん 罹患とは、罹患の意味 罹患とは、にかかること、すること。 は、「りかん」。 ば、ことを「に罹患する」といい、癌になることを「癌に罹患する」という。 罹患の語義 罹患の罹は、「~を」「~にかかる」といった意味を持つである。 をことを「」といい、病にかかることを「」という。 患は、、病んでいるなどの意味を。 の人を「」といい、病んでいるを「」という。 罹患の慣用句 罹患数、および数は、にのことである。 罹患は、にのことであり、はある期間に人がしたかをたも。 罹患の類語 罹患のには、や、、などの語が挙げられる。 罹患の英語表現 罹患を英語ですると、 、 a となる。 は「(などに)かかる」という意味、 は「」という意味である。 、を英語でいうと、 、 などとなる。

次の

「罹患」の意味とは?「罹患者」など使い方の例文と類語・英語訳も

罹患 の 意味

「罹患」の意味は? 意味は、 「病気にかかる事」です。 普段、病気にかかった場合は 「インフルエンザにかかる。 」 など「かかる」の一言で 終わらせてしまうため、 「罹患する」という言葉が 使われる事はほぼ無いですね。 病院や新聞などで 「罹患率」「罹患者」などの 熟語で目にする事の方が多くあります。 例えば、 「がんの罹患率が年々増加している。 」 などと使います。 「罹患」の読み方は? 「罹患」の 読み方は「りかん」です。 間違って読んでいる人の多くが 「らかん」と読んでいます。 それは 「罹」とよく似た漢字の 「羅」の読み方が「ら」であり、 「罹」よりも「羅」の方が一般的に 馴染みある漢字であるため 間違う事が多くなります。 さらに「羅」を使った 「羅漢(らかん)」という似た響きの 言葉がある事も影響していると考えられます。 「罹」の読み方、意味は? 「罹」は 音読みで「リ」 訓読みで「かか(る)」 と読みます。 網の象形文字で網を意味する 「罒」 心臓の象形文字で心を意味する 「忄」 尾の短い小鳥の象形文字で鳥を意味する 「隹」 で成り立っています。 「網にかかる」「心を捕らわれる」 事を表していて、 「災難に遭う」「うれい」「悩み」 などの意味を持ちます。 「患」の読み方は、意味は? 「患」は 音読みで「カン」 訓読みで「わずら(う)」 と読みます。 二つのものを貫く象形文字で、 貫く事を意味する「串」 心臓の象形文字で心を意味する「心」 で成り立っています。 「心を貫くものがあって心配する」 事を表していて、 「うれえる」「病気になる」 などの意味を持ちます。 「罹患」はこの二つの字が持つ意味から 「災難に遭い思い悩む事」 「病気になる事」を表し、 現在では「病気にかかる事」 という意味で使われています。 この言葉のように普段あまり 目にしていない言葉は、 ネットや記事などで目にしても 読み方や意味を「なんとなく」 で終わらせてしまう事が 多いのではないでしょうか? 知らない言葉が出てきた時は 知識を蓄えるチャンスですし、 時間があればこういったことを 調べると博識になれますよ。

次の

「罹患」の意味とは?「罹患者」など使い方の例文と類語・英語訳も

罹患 の 意味

「罹患」の意味とは 「罹患」とは「病気にかかること」 「罹患」とは、「病気にかかること」という意味の単語です。 「罹患」の「罹」は、訓読みでは「かかる」とも読み、読んで字のごとく「病気にかかる」という意味を持ちます。 一方、「患」の字もまた、「病気にかかる・心配・災い」という意味を持つ漢字です。 「患」の字は訓読みでは「わずらう」とも読むことができます。 「罹患」の読み方は「りかん」、「らかん」は誤り 「罹患」は「りかん」と読みます。 この「罹患」の読み間違いで多いのが「らかん」です。 仏教においては、「最高の悟りを得た聖者」を「阿羅漢(略して、羅漢[らかん])」と呼びますが、「罹患」と「羅漢」は全く異なる意味の単語です。 読み間違いのないよう、注意しましょう。 「罹患」の使い方と例文 「罹患者」は「病気にかかった人」、「罹患率」は「その割合」のこと 「罹患」の使用例で多いのが、「罹患者」という単語です。 「罹患者」とは、「病気にかかった人」という意味ですが、中でも「病気にかかっていて、医師が治療が必要だと診断した人」という意味を含みます。 つまり、「罹患者」と呼ばれる人の多くは、(その病気の)治療を受けた人とも考えることができます。 また、「罹患者」と同じくらい耳にするのが「罹患率」です。 「罹患率」とは「罹患者の割合」を意味します。 その病気にかかる危険にさらされた人に対する患者数の割合が「罹患率」です。 がんの罹患者は年々増加しているそうだ• 今期のインフルエンザの罹患率は過去最高とも言われている 「罹患する」という使い方も可能 「罹患」という単語は、「罹患する」という使い方をすることもあります。 「罹患する」とは、文字通り「病気にかかる」という意味で、たとえば「肺がんに罹患する確率についての論文を読む」「インフルエンザに罹患したので登校できない」など病名に続いて使用するのが特徴です。 「罹患証明書」は感染症にかかったことを示す書類 「罹患証明書(感染症罹患証明書)」は、特定の感染症にかかったことを示す書類で、学校などの教育機関で主に用いられています。 たとえば、学校保健安全法ではインフルエンザに罹患した場合に出席停止となることが定められていますが、この出席停止に該当することを証明する書類が「罹患証明書」です。 受診した医師に記入してもらうのが通例です。 これに対し、その感染症が治癒したことを証明する書類として、「治癒証明書」や「登校(登園)許可証」の提出を求める教育機関もあります。 「罹患」は「り患」と表記することも 「罹患」は、一部をひらがなにした「り患」の表記を用いることもありますが、どちらも意味に違いはありません。 「罹患」の「罹」の字が常用漢字ではないことに配慮し、「り患」とすることがあるためです。 場合によっては、「り患」とした方が親切かもしれません。 一方、病名に言及しない場合には、「病む」「病に伏せる」などが「罹患する」と似た意味の表現として言えるでしょう。 他にも、より重篤な様子をうかがわせる表現では、「病に倒れる」や「病魔におかされる」などを使用することもできます。 「罹患」の英語訳 「罹患する」は英語で「contract」を使う 「罹患する」を英語で表現する場合には「contract」を使用します。 「contract」は「契約・契約を結ぶ」という意味がよく知られていますが、「病気にかかる」という意味も持つ単語です。 たとえば、「contract a disease(病気にかかる)」と使います。 「infect(感染する)」という単語を用いて、「His flu infected her(彼の風邪が彼女にうつった)」と表現することも可能です。 また、日本語でも「病気になる」と簡潔に表現するように、英語でも「have」や「get」を用いて簡単に表現する方法もあります。

次の