キムゴウン 死亡。 ≪韓国ドラマNOW≫「ザ・キング:永遠の君主」最終話、キム・ゴウンが別れを覚悟してイ・ミンホを助ける│韓国ドラマ│wowKora(ワウコリア)

放送終了「ザ・キング:永遠の君主」イ・ミンホ&キム・ゴウン、2人の運命の結末は?

キムゴウン 死亡

「夫婦の世界」 — 「ザ・キング」 JTBC金土ドラマ「夫婦の世界」が、歴代非地上波ドラマ視聴率1位を記録した同じ放送局の「SKYキャッスル」をも上回りました。 3日、視聴率調査会社のニールセンコリアによると、前日午後10時50分から放送された同ドラマ12回の視聴率は 24. これにより「夫婦の世界」は歴代非地上波ドラマ視聴率1位、非地上波番組2位の記録を持つことになりました。 シーズン2にわたって放送されたイギリスの人気ドラマ「Doctor Foster(邦題:女医フォスター)」をワンシーズンで消化しながら、合間合間にさらに多様な人物とエピソードを広げていった「夫婦の世界」は、前日の放送を基点に再び夫婦の内密な心理描写に集中し、本来のジャンルに戻りました。 特に前日、お互いを愛憎するジ・ソヌとイ・テオが再びお互いを訪れる姿は、これまで不倫を素材にした国内ドラマが見せてくれた展開とは全く違う様相でした。 このように 極めて現実的なストーリー展開で「夫婦の世界」は19歳以上の視聴者ではなく「40歳以上の視聴者」という愛称まで付けられました。 「夫婦の世界」は現在までは原作をほとんどそのまま持って来ながらも、韓国情緒に合わせて主人公の内面の傷、心理変化を強調し、刺激的なシーンのレベルも多少調節していました。 残りの4回も原作の内容に従うか、あるいは国内の視聴者が望む「サイダー」のようにすっきりした結末を新しく書くかが多くの人の関心事になっています。 イ・ゴンは日本との海上戦闘で勝利した後、大韓民国に再び渡ってきてチョン・テウルを胸に抱きました。 KBS第2テレビの週末ドラマ「一度行ってきました」は21. ひとこと 「未生」で知ったパク・へジュンさん。 coからお借りしました。

次の

「鬼(トッケビ)」9話ハイライト映像まとめ!コン・ユ&キム・ゴウン&イ・ドンウク主演ドラマ

キムゴウン 死亡

イ・ミンホとキム・ゴウンが平行世界を行き来しながら永遠の愛を叶えた。 12日に韓国で放送されたSBS金土ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」最終回では、イ・ゴン(イ・ミンホ)がイ・リム(イ・ジョンジン)を処断し、世の中を戻した。 この日、1994年の大韓帝国に戻ったイ・ゴンは「僕がもし失敗したら、君でも必ず逆賊イ・リムを殺さなければならない」とチョ・ヨン(ウ・ドファン)に指示した。 チョ・ヨンは「申し訳ございません。 僕は自分の主君を守ります」と命令を拒否した。 次元の門でイ・リムを捕まえていたチョン・テウル(キム・ゴウン)は「イ・ゴンが過去であなたを引き止めて、世の中を戻す時まで待つ。 イ・ゴンが失敗したらあなたを止める」と言った。 イ・リムは「そうなればイ・ゴンの全ての記憶は消える」と言った。 チョン・テウルは「だから胸が痛い。 あの燦爛とした記憶が全部心の中に残っているから」と悲しんだ。 イ・リムが幼いイ・ゴンを殺しなさいと命じた瞬間、チョ・ヨンとイ・ゴンが姿を現した。 チョ・ヨンは全力で幼いイ・ゴンを守った。 イ・リムが息笛を持つと、イ・ゴンの手から息笛が消えた。 イ・リムは「甥っ子が失敗したようだ。 僕には何も起きない」と嘲笑した。 チョン・テウルは「あなたは大丈夫じゃない。 イ・ゴンが失敗したら尚更」と引き金を引いたが、銃弾は出なかった。 イ・ムリによって運命が変わったことを知ったカン・シンジェ(キム・ギョンナム)は、ミン・ファヨン(ファン・ヨンヒ)に全てを打ち明けた。 カン・シンジェは「父が隠したことがある。 正確には母の息子カン・シンジェ」と明かした。 ミン・ファヨンは横になっているカン・ヒョンミンを見て号泣し、カン・シンジェに「私の息子がこうなの、いつから隠したの」と恨んだ。 しかしミン・ファヨンはまた駆けつけてきてカン・シンジェを抱きしめながら「あなたの過ちではないのに、あなたも私の息子なのに。 お母さんが悪かった」と泣いた。 イ・リムは幢竿支柱の前で「他の世界に行ける扉を見つけた」と感激した。 しかし萬波息笛を持ったイ・ゴンが現れ、イ・リムは「誰だ?」と聞いた。 イ・ゴンは「大韓帝国の皇帝で、サイン剣の持ち主で、天罰を下す人だ」と答えた。 イ・リムは「皇帝は僕の手によって殺された」と言ったが、「太子が成長したのか。 息笛の力がこれだったんだ」とイ・ゴンの正体に気づいた。 イ・ゴンは逆賊イ・リムを殺した。 そして次元の扉の中の時間も流れ始め、イ・リムはチョン・テウルに向かって走ってきた。 チョン・テウルは銃を撃って現在のイ・リムを殺した。 チョン・テウルは「成功したんだ。 もう帰ってくるんだね」と涙を流した。 日常に戻ったチョン・テウルはイ・ゴンとの瞬間を思い出した。 街でイ・ゴンとそっくりな人を見つけた彼女は、制服に書かれた違う名前を確認した。 チョン・テウルは「もしその扉が閉じれば全宇宙の扉を開く。 そして君に会いに行く」と言ったイ・ゴンの言葉を思い出しながら「来るって言ったなじゃい……」と言いながらしゃがみ込んだ。 イ・ゴンは宇宙の扉を全部開きながらチョン・テウルを探した。 その過程で自分を見て涙を流すチョン・テウルに会った。 イ・ゴンは「君がチョン・テウル。 本当に君なのか? 合ってるのか?」と聞いた。 チョン・テウルは「本当に来たの?」と彼を抱きしめた。 「どうしてこんなに遅かったのよ、どんなに待ってたか。 毎日待ってたよ」と言うチョン・テウルにイ・ゴンは「全宇宙の扉を開いて探したから遅くなった。 逆賊を切って、ヨンを連れ戻さなければなかった」と話した。 続いて「僕のことを忘れた君でも、会いたかった。 忘れていても、また話してあげようと思った。 チョン・テウルは涙を流しながら「こんな風に完成されていくんだね。 私も愛してるよ」と喜んだ。 「どうやって僕のことを知ったの?」というイ・ゴンの質問にチョン・テウルは「聞かないで。 私にも多くのことがあったの」とキスした後、ハグした。 再会した2人は平行世界を旅行した。 公衆電話で年度を予測しながら、その時代の自分たちと会わないように気をつけた。 そんな中、イ・ゴンは1994年の平倉洞(ピョンチャンドン)に到着し、幼いカン・シンジェに会った。 イ・ゴンは「今日どうしてこの時間に扉が開いたのか、わかるような気がする」と呟いた。 イ・ゴンとチョン・テウルは同時代の大韓帝国に着いた。 2人はどの時代でも一緒だった。 イ・ゴンとチョン・テウルは自身たちが選んだ運命の今日だけを永遠に愛することにした。 外部サイト.

次の

韓国旅行|話題沸騰『トッケビ』★【コンユ】の魔法はこれから…視聴率垂直上昇中!

キムゴウン 死亡

また、チョン・テウル キム・ゴウン は追跡中の事件の証拠であるUSBに録音されたニュース音声から、イ・ジョンイン チョン・ムソン とイ・ゴンが話していた「北部」という大韓帝国に関する言葉が聞こえ、衝撃に包まれました。 これにより、今後イ・ゴンとチョン・テウルが協力して解決していく「核心ポイント」であり、第1話から始まったイ・リムの悪行シグナル「大韓民国イ・サンド事件」をまとめました。 不法賭博サイトと関連して検挙したキム・ボンマンの車のトランクの中には不審な遺体が積まれており、これによって不法賭博サイト調査事件から殺人事件へと捜査が転換されました。 チョン・テウルとカン・シンジェ キム・ギョンナム が遺体の身元を照会した結果、「テソン金物」という金物店を経営する57歳のイ・サンドであることが明らかになり、キム・ボンマンが運営する不法賭博サイトの会員で、多くの借金があることが明らかになりました。 イ・サンドが自宅に戻らなくなって3週間が過ぎ、手当たり次第に金を借り、携帯電話を2つも持っていたという疑わしい内容が明らかになりました。 解剖の結果、頭部損傷で死亡したイ・サンドの死亡時期は3週間前後と確認され、イ・サンドの遺体の頭部の傷と不法賭博サイトの開設者キム・ボンマンの頭部の傷が同じ形だったという点で疑問が提起されました。 続いてチョン・テウルの追及にキム・ボンマンは「3週間前、酒を飲んで帰る途中に後ろから誰かに襲われた」と供述しましたが、キム・ボンマンの家の居間にあった血痕からはイ・サンドのDNAが発見されました。 防犯カメラの確認結果、大きなカバンを持ったままキム・ボンマンの後を追うイ・サンドの姿が証拠として登場し、発見された凶器にはキム・ボンマンとイ・サンド、2人のDNAが両方とも発見され、キム・ボンマンを密かに追っていたイ・サンドがキム・ボンマンの頭を殴り、キム・ボンマンが腹を立て報復殺人をしたのではないかとの疑問が増幅しました。 賭博中毒のイ・サンドは、莫大な積立金が貯まっていましたが、事件発生3ヵ月前から不法賭博サイトにはアクセスしていませんでした。 この事実を不審に思ったチョン・テウルは、カン・シンジェが見つけたイ・サンドのガラケーを復元して証拠を探そうとしました。 しかし、2週間後、鑑識班が復元したイ・サンドのガラケーは、行方不明処理者名義だったことが明らかになりました。 通話記録とメールの記録が全くなく、ただ留守番電話に「音声3件」だけが残っており、疑問を残しました。 しかしその後、チョン・テウルはイ・ゴンと共にパラレルワールドを越えて「大韓帝国」を確認し、インターネット小説くらいだと思っていたイ・ゴンのすべての言葉が本気だったことに衝撃を受けました。 再び「大韓民国」に戻ってきたチョン・テウルは、「イ・サンド事件」捜査に邁進し、イ・サンドのガラケー内の留守番電話の音声を聞きました。 そのニュースでは「イ・ジョンイン教授」、そして大韓帝国だけで使用するという「北部」という単語が出て唖然としました。 死んだイ・サンドが、チョン・テウルが全く予測できなかった大韓帝国と関係があることが明らかになった中、イ・サンド事件の秘密を解くために、大韓帝国イ・ゴンと大韓民国チョン・テウルの協力が本格的に始まるのか、期待を高めています。 制作会社Hwa&Damピクチャーズは「『イ・サンド事件』は大韓民国と大韓帝国を往来する人がさらにいるという衝撃的な内容を含んでいる」とし「パラレルワールドを行き来しながら悪事を働くイ・リムの存在を知ったイ・ゴンと、自分の事件が大韓帝国と関わっているという事実に衝撃を受けたチョン・テウルがどんな協力をするのか、今週末確認してみてほしい」と話しました。 『ザ・キング:永遠の君主』第7話は8日 金 公開予定です。 引き続き、イ・ミンホとJAPAN MINOZへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

次の