ミナミ の 帝王 竹内 力。 【ミナミの帝王についての質問です】ミナミの帝王(竹内力)が大好きでよく見...

ミナミの帝王 動画 pandora/無料視聴/竹内力全話フル配信中無料視聴で漫画も読めるサイト|番組情報ステージ

ミナミ の 帝王 竹内 力

週刊漫画ゴラクで30年近く連載されている人気漫画ですが、その実写版といえば大多数の人は竹内力さんを思い浮かべるのではないでしょうか? 竹内力さんが主人公の萬田銀次郎を演じる映画やVシネマは1992年から2007年にかけて60作品も作られていて、ミナミの帝王=竹内力さんであるのに加えて竹内力さん=Vシネマというイメージを強烈に植え付けた作品でした。 15年間もの間映像作品が作られたということはその間に登場人物は当然15歳年齢を重ねているわけで初期の作品と晩年の作品では結構趣きが違っていますので見比べてみるのも面白いと思います。 改めて見返してみると、1992年の第1作では竹内力さんはまだ20代であり血気盛んな時代です。 ですので、ミナミの帝王・銀ちゃんファンの方であっても、シリーズの途中から見初めて後半を主に見ている方にとっては、かなりイメージの違う、ある意味衝撃を受けるシーンが目白押しなのではないか?と思います。 ミナミの帝王での萬田銀次郎は後半は貫禄十分で誰も逆らえない雰囲気があるのですが、若い頃の萬田銀次郎は貫禄とは違った勢いが凄く、アクションあり、言葉や表情も多彩な別の意味での凄みを感じる存在で、その後確固たる地位を築いていった原点を垣間見ることができます。 お金を借りる人はいつも通常のところでは借りることができない訳ありの人ばかりですので、貸し倒れの可能性が高いわけですが、どのような手段を用いても必ず資金を回収します。 その中で時折見せる人間味のある行動がこの作品の一番の魅力になっていると思います。 最後には必ずなんらなの形で起こった問題を解決します。 漫画で読むことが多いのですが、映像で観るミナミの帝王はまた違った魅力があるように思います。 特に竹内力主演のミナミの帝王は凄みがありまさにはまり役と言っていいでしょう。 見た目は豪快で迫力があり、必ずお金を回収するという雰囲気が満載なのですが、弱者にはやさしく必ず味方になってくれる様子が竹内力の演技によって忠実に再現されています。 舞台は関西の中心地である大阪ミナミですが、欲望渦巻く街の中でのストーリーと竹内力が演じる萬田銀次郎が見事にマッチしており、本当にミナミの帝王が実在しているようにも錯覚しそうです。 現在は千原ジュニア主演のものが創られていますが、やはり竹内力主演のミナミの帝王でないと凄みというか迫力がないというかなにかが物足りないように思います。 またいつか竹内力主演のミナミの帝王の新作を見てみたいと思います。 この作品で竹内力さんはVシネマのイメージが定着したのではないでしょうか。 原作の漫画は1992年から連載が始まり、156巻まで出ています。 今もなお連載が続いている、人気作品です。 作品を見たことがない人でも、名前を聞いたことがあると思います。 竹内力さんは俳優として活躍する前に銀行で勤めていたことがあるそうで、ミナミの帝王で札を勘定するときにその経験が役立ったそうです。 私自身関西人で、ミナミにはよく行くので、よく知った景色がドラマ内に出てくるのも楽しいです。 また、竹内力さんは九州出身にもかかわらず、関西弁の役柄をこなしていてすごいなと思いました。 よく他の映画やドラマでも、他の地方出身の俳優さんが関西弁を話す役をこなしているのをお見かけしますが、正直違和感を感じることが多いです。 竹内力さんは過剰に関西弁で話そうとしている感じがなくて、とてもナチュラルな印象を受けました。 竹内力さんはこの作品での役柄がかなりはまり役でイメージが強いため、大阪などを訪れたときにはミナミの帝王での役柄の名前で呼ばれることが多いそうです。 作品内の竹内さんは本当に威圧感や迫力がすごくて、ぴったりな役だと思います。 まとめ この映画をほんの少しちらっと見た程度の私でも竹内力さんで真っ先に浮かぶイメージはミナミの帝王と言うほどこの映画のイメージが相当強くインパクトももの凄いものがありました。 大阪弁のドスのきいた聞いているだけでも震えあがるような声の上に体格がごつくて威圧感のあり過ぎる雰囲気ですから、演技とわかっていて決して自分に向かい発している訳でもないのにまるで目の前で自分に言われているような怖さを感じます。 原作が漫画だったのは知らなかったのですが漫画に描かれた萬田の雰囲気が普段の竹内力さんそのものなのも、竹内さんをこの映画に起用した事に納得がいきました。 漫画のキャラを実写で制作するとなるとなかなか原作のイメージ通りにならない事も多く仕方ないと言え残念に思う事も多いです。 しかし竹内さんなら原作のイメージを全く壊すこともないので原作が好きな人が映画版で見てもがっかりする事なくすんなりと受け入れる事ができると思いました。 歴代の舎弟のメンバーを見ているとコメディータイプの人ばかりなので、名前を見ただけでも吹き出しそうになり、特にこの中で1番お気に入りの柳沢慎吾さんが出演した時の作品を見てみたいと思いまいた。 確かに萬田は怖いキャラクターではありますが、ただ単に怖くて容赦ない取り立てをする金貸しというだけではなく相手によってはお金を貸す事をやめて相手に寄りそう姿勢を取り人情味溢れる点がある事も憎めないキャラクターとして長年愛されてきたのではないかと想像します。 父が竹内力さんのファンで、子どもの頃からよく一緒に見ていた作品です。 一見すると腕っぷしで全てを解決していそうなビジュアルなのに、暴力ではなく頭脳 法律 で解決していく姿がとてもかっこいいなあと、子どもながらに憧れていました。 それくらい、毎回衝撃を受ける作品です。 法律は変わりゆくものなので、今では明らかにそれは無理だろうという展開も確かにあります。 それでも法律の仕組みや社会の仕組みを学べる作品です。 萬田金融のメンバーは時代とともに入れ替わっていきますが、私は柳沢慎吾さんが出ていた頃がとても好きです。 また萬田さんの友人でヤクザである沢木の親分も、とても良いキャラをしています。 萬田さんでは解決が難しくなってしまった時に、手を貸してくれる姿がかっこいいです。 しかし根はヤクザなので、時には血を流す事も厭わない姿勢に、萬田さんとはまた違う男気を感じます。 色々と書きましたが、一番好きな点は竹内力さんがめちゃくちゃかっこいいところです。 初期はチンピラお兄さんだった竹内さんが、シリーズを重ねるにつれて威圧感の塊になっていくのもまた好きなポイントです。 作品の世界観の都合上、濡れ場や少し残酷なシーンもあるので一概には言えませんが、案外家族みんなで楽しめる作品だと思います。

次の

ミナミの帝王 動画 pandora/無料視聴/竹内力全話フル配信中無料視聴で漫画も読めるサイト|番組情報ステージ

ミナミ の 帝王 竹内 力

この記事ですね。 原作は天王寺大、作画・郷力也の原作漫画「ミナミの帝王」は漫画の表紙を町で見かけた記憶があり、初めは小林よしのりかと思いました。 少し調べてみると「新」は俳優も含めて結構脚色していますね。 これで原作者がOKしたとするとファンより作者の方が寛大ということになります。 竹内版は映画とVシネマ、千原版はドラマでタイプが違うので、また映画を出す時、どちらになるかで今後の路線が決まるでしょう。 相当脚色するなら「ミナミの帝王」をヒントにした「ヒガシの大王」にするとか、ドラマスタッフによる派生作品にしてもよかったように見えます。 過去の例として「ゆうひが丘の総理大臣」のあとの「あさひが丘の大統領」、「翔んだカップル」に続く「翔んだライバル」「翔んだパープリン」、「必殺仕掛人」(原作は「仕掛人藤枝梅安」)に続いた「必殺仕置人」があります。 ドラえもんの声は大山のぶ代さんでも3代目です。 千原ジュニアはドラえもんに関するバラエティによく出ているようですが、彼は1974年生まれで水田わさびと同世代であり、73年の日テレ版は知るわけがなく、79年の大山ドラ開始当時で5歳ですから、世代的には完全な大山ドラ世代です。 千原ジュニアが「今のドラえもんに慣れない」と言っているのは彼の世代的かつ個人的な感想であって、すでに6年たった水田ドラに馴染んでいる人は大勢いますし、水田ドラからドラえもんを観始めた子供には前のは関係ありません。 竹内版「ミナミの帝王」は15年続いた映画のようで、千原Jも竹内版を知らない層をどれだけ新たに獲得できるかが今後の課題でしょう。 ただ大山のぶ代と水田わさびは38歳差なのに対し、竹内力(1964年生まれ)と千原Jはわずか10歳差で、またドラえもんは原則として12歳以下の子供が観るものであるのに対し、「ミナミの帝王」は大人向けなので、事情が違います。 ドラえもんでは大山さんの高齢による降板が理由で、前の声優の復帰はありえませんが、「ミナミの帝王」の竹内力はまだ現役でやれるでしょう。 だから竹内版復帰の可能性はあります。 一方のドラえもんは声が変わって6年もたてば小学生が後退するので、前の声で育った人はもう関係ありません。 「ミナミの帝王」や「ルパン三世」は対象とする年齢層が幅広いので前のファンを取り入れながらリニューアルして続けることになるでしょう。 重要なのは数字です。 新作の視聴率が高いかどうか。 これだけにかかっています。 ドラえもんの声優交代に対する違和感はネットでの匿名ではよく見かけましたが、それ以外の名前と顔を出した人が言ったのは千原Jだけです。 知恵袋ユーザーがいくら匿名でドラえもんの今の声を批判しても、知恵袋を見ない人には存在しないのと同じです。 千原Jが言った違和感もドラえもんスタッフには想定内でしょう。 その意味で視聴者が持つ違和感は「新ミナミの帝王」の出演者も覚悟の上です。 竹内力に戻ってほしい人は千原J版の人気が高すぎると困ることになるでしょう。 そこがジレンマですね。 今のドラえもんのレギュラー声優も大山ドラで育った世代で、寺本監督もそうで、そうなると大山ドラファンが持つ違和感など、今のドラえもんの関係者が一番よくわかっているわけです。 大事なのは匿名で批判するのでなく製作現場に入ってどういう仕事をするかです。 ドラえもんのリニューアルに批判的な人は、知恵袋でいくら批判を書いても無駄で、そういう自分がシンエイ動画や藤子プロに就職して社長にでもならないと意味がありません。

次の

『ミナミの帝王』名言集

ミナミ の 帝王 竹内 力

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2018年8月)• した節があります。 ( 2018年8月) 竹内 ( たけうち ) 力 ( りき ) 別名義 RIKI 生年月日 1964-01-04 (56歳) 出生地 ・ 身長 180 血液型 職業 、 ジャンル 、、 活動期間 - 活動内容 :デビュー 配偶者 既婚(離婚歴あり) 事務所 公式サイト 主な作品 映画 『』 『』 『』 『』シリーズ 『』 『』 『』 『』 『』 オリジナルビデオ 『』 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 吹き替え 『』 『』 製作・プロデュース 『』 備考 芸能事務所・製作会社 株式会社RIKIプロジェクト代表取締役 制作会社 株式会社スーパーウェイブ代表取締役 竹内 力(たけうち りき、 - )は、日本の・・・。 愛称は「 力さん」、「 力ちゃん」。 経歴 [ ] 父は家具職人だった。 高校時代はサッカー部に所属。 高校卒業後、淡路支店(現・淡路支店)に勤務するとなった。 行員時代に習得したの技術が彼の代表作「ミナミの帝王」(後述)で大いに役立ったと語っている。 就職から2年後、上京していた学生時代の先輩に誘われ、銀行を退職して上京、ライブハウスのウェイターとして働いていたところをスカウトされる。 、映画『』でデビュー。 その後、爽やかな二枚目としてテレビや映画で活躍していたが、次第にコワモテ路線に転じ、へと活動の場を移す。 2000年代後半からは再びテレビドラマや一般の映画作品にも出演している。 に16歳年下の飲食店勤務の女性と結婚し子供も設けるが1月19日に離婚。 その後、11月に一般女性と再婚している。 、「双子の弟・ RIKI (本人による演出)」を総合プロデュース。 楽曲「魁! ミッドナイト」をリリースする(詳細は後述のを参照)。 人物・エピソード [ ]• 、、を所得している。 特技は、。 以前は喫煙者だったが、現在は禁煙している。 『』などVシネマで多くのヒット作に出演し、と共に「 Vシネマの帝王」と呼ばれる。 1998年には27本のVシネマに出演しており、年収は2億円を超えたという。 『ミナミの帝王』があまりにも当たり役となったため、近畿圏に行くと、「銀ちゃん」と声をかけられることも多いと語っている。 ただ、竹内自身は数年の大阪在住経験はあるものの、大分県出身で上方言葉は話せなかったため、シリーズ初期はとても苦労したとのこと。 自身がデザインを務めるファッションブランド「RIKI TAKEUCHI」を持つ。 映画にも使用するをメインとしたスタイルである。 バラエティ番組に出演する際は、演技で見せる強面は維持しつつ、二枚目時代を彷彿とさせる物腰柔らかい語り口を披露している。 出演 [ ] 映画 [ ]• (1986年、) - 橋本巧(コオ)役• (1986年、東宝) - 相場六助 役• (1986年、東宝) - 川北先生 役• (1986年、) - 花田太市 役• (実写映画)(1987年、東映) - 城崎挺士 役• (1987年、東映) - サダ 役• (1987年、東宝) - 石橋宏幸 役• (1988年、アートリンクス) - 山倉修 役• (1988年、シネ・ロッポニカ、) - 涼太 役• (実写映画)(1989年、東宝) - 風祭進之介 役• (1989年、東宝) - 浦野 役• (1990年、) - 沖中浩 役• (1990年、) - 刈谷投手 役• びんばりハイスクール(1990年、東映クラシックフィルム) - 高尾史馬 役• 乙女物語 お嬢様危機イッパツ!(1990年、バンダイ) - 穂高のアッシー君 役• カレンダー if just now(1991年、東映クラシックフィルム) - 石田孝昭 役• (実写映画)(1991年、) - 杉本京介 役• 撃てばかげろう(1991年、東映) - 村田秀人 役• (1991年、東映) - 神林仁 役• シリーズ(1993年、ヒーロー) - 萬田銀次郎 役• (1994年、ヒーロー) - 南部猛 役• (1996年、) - 能間大元 役• (1997年、) - 浅野 役• 極道の妻たち 決着(1998年、東映) - 秋葉吟二 役• (1998年、松竹) - ふり返る青年将校 役• (1998年、松竹) - 百太郎 役• チャカ LONELY HITMAN(1998年、ビジョン・スギモト) - 島修 役• BLOOD 狼血(1999年、) - 城崎拓也(中条拓也) 役• THE YAKUZA 炎の復讐(1999年、) - 鹿沼 役• (1999年、) - 都城勇地 役• 鉄〜平成侠客伝〜(1999年、ギャガ・コミュニケーションズ) - 鉄 役• 報復(1999年5月14日公開、大映) - 月本周治 役• CHAKA チャカ2(1999年、ビジョン・スギモト) - 島修 役• 凶犯(1999年、ビジョン・スギモト) - 宇東 役• (1999年、大映) - 本上龍一 役• 平成刺客伝 鉄(1999年、ギャガ・コミュニケーションズ) - 鉄 役• BLOOD(1999年、日活) - 城崎拓也(中条拓也 役• 極道血風録 無頼の紋章(2000年、大映) - 立花薫 役• (2000年、大映) - シュウ 役• strain ストレイン(2001年、) - KUSAKAグループ総帥 日下俊一郎 役• マヌケ先生(2001年、ミュージアム) - 馬場九八郎 役• (2001年、セディックインターナショナル) - 村山カオル 役• RUSH! ラッシュ(2001年、スローラーナー)- マチキン 役• (2002年、大映) - ホンダ 役• 実録・安藤昇俠道伝 烈火(2002年、東映ビデオ)- 国定新 役• (2003年、東映) - 教師RIKI 役• (2003年、)- Takashi 役• 人斬り銀次(2003年、日活)- 曾根崎銀次 役• 行動隊長伝 血盟(2003年、)- 御木本靖成 役• (2004年、シネマパラダイス) - 三塚文義 役• 第五章 服部半蔵 VS 陰陽師(2004年、シネマパラダイス)- 陰陽師 赤牛丸 役• 新・影の軍団 最終章 服部半蔵最期の戦い(2004年、シネマパラダイス)- 赤牛丸 役• (2005年、アスミック・エース) - 木村笑之新 役• (2006年、東映) - 吉良和俊 役• 公安警察捜査官(2006年、)- 狩場健 役• (2007年、松竹) - 跳ノ獣 役• (2007年、東映) - 破顔坊 役• (2007年、)- ヤキニクバトルロワイヤル 司会 役• LOVEDEATH(2007年、) - コウちゃん 役• (2008年、ファントム・フィルム)- サンダー 役• (2008年、松竹) - 河井康平 役• (2008年、) - 三馬政 役• (2009年、東映)- 久能徳次郎 役• (2009年、東宝)- 鮫島剛 役• 赦免花(2012年、nktエンターティメント)- 速水京之介 役• (2012年、東宝) - 館野 役• バトル・オブ・ヒロミくん! (2013年、東宝映像事業部)- レッド将軍 役• (2014年、日活) - ブッパ 役• (2014年、東宝)- 御影豪志 役• (2014年4月26日公開、東宝) - 館野 役• (2014年、株式会社全力エージェシー)• (2015年、ワーナー・ブラザーズ映画) - 学食のオヤジ 役• 柳生十兵衛 世直し旅(2015年) - 白河藩剣術師範 本条修理 役• (2018年、ワーナー・ブラザーズ映画) - 筒井充 役 テレビドラマ [ ]• (1985年11月15日 - 1986年1月31日、) - 水野鉄太郎刑事 役• (1985年12月4日 - 1986年4月16日、) - 竹中明夫 役• (1986年1月10日 - 3月28日、) - 沖田 役• 大人になるまでガマンする(1986年4月11日 - 5月16日、TBS)• NHKファミリードラマ「ジェニーがやってきた」(1986年9月5日 - 12月5日、)• (1986年10月22日 - 1987年3月25日、フジテレビ) - 浜修一 役• (1987年1月27日-5月26日、TBS) - 正也 役• (1988年4月4日-4月21日、NHK) - 湯川邦夫 役• 愛されたい妻たち(1988年3月17日、) - 家庭教師 役• 「」(1988年8月8日- 8月18日、TBS)• (1989年7月3日- 9月19日、TBS) - 真一 役• 第32話「清の雪ん子ドサン娘物語」(1989年3月26日、)- 田島哲也 役• (1989年4月10日-9月25日、フジテレビ)- 藤沢稔 役• (1990年1月4日-3月30日、東海テレビ) - 小泉亮 役• マダム・りん子の事件帖(1991年1月9日-3月20日、NHK)• 「コインランドリー」(1991年3月7日、フジテレビ)- 中沢稔 役• (1991年7月1日- 9月16日、フジテレビ) - 沢村尚人 役• (1991年3月4日-5月24日、TBS) - 正木恭介 役• (1992年4月16日-6月25日、TBS) - 林憲孝 役• (1992年7月4日-9月26日、) - 工藤康晴 役• (1992年7月6日-9月20日、フジテレビ) - 水島啓一朗 役• (1992年11月2日、テレビ朝日) - 高梨信一 役• (1992年12月31日、日本テレビ)- 役• 「横浜 - 九州唐津殺意の縦断ルート! 殺人者Mの野望…」(1993年4月3日、テレビ朝日)- 戸塚警部 役• (1993年3月23日、日本テレビ)- 河合又五郎 役• (1993年7月4日-10月3日、TBS) - 神保正和 役• 夜の事情(1994年1月25日、日本テレビ) - 中谷刑事 役• 二度目のウェディング・ベル(1994年1月31日、関西テレビ)• (1994年4月12日- 6月21日、TBS)• (1994年7月3日 - 9月25日、TBS) - 池沢貴一郎 役• 一日三回食後に服用 よひんびん物語(1995年10月28日、NHK)• 「那須なみだ雪殺人事件」(1995年2月24日、フジテレビ、)- 田代雄介 役• 「お立ち台ギャルとブルセラ女子高生の秘密」「殺意の上信越湯けむり旅 宝川温泉一峠の釜めし一妙高・池の平」(1995年9月16日、朝日放送、) - 二階堂健人 役• (1998年2月21日、テレビ朝日) - 石津刑事 役• (2009年1月11日、フジテレビ) - 我滅猪生 役• (2009年4月18日-8月8日、NHK)- 雑賀泰造 役• (2011年7月11日 - 9月19日、フジテレビ) - 花村仁 役• スペシャルドラマ (2013年2月17日、朝日放送) - 玄幽 役• 2夜連続スペシャルドラマ (2013年4月5日・6日、フジテレビ) - 役• (2014年4月14日 - 6月23日、フジテレビ) - 夏目大作 役• ああ、ラブホテル 第4話(2015年2月22日、WOWOW) - ラブホテルのオーナー 役• (2017年1月2日、テレビ東京系列)- スーツの男 役• 闇の法執行人(2017年6月10日、9月2日、全6話、プレミアチャンネル) - 龍崎剛 役(原案・製作総指揮・主演)• 大馬鹿代(おおばかよ)(2017年06月11日、J:COMプレミアチャンネル) - 大馬鹿代 役(原案・製作総指揮・主演)• (2018年7月22日- 8月26日、WOWOW)- 役 テレビアニメ [ ]• (1999年) - 柳生喜多烈斎(喜多歩郎の父) 役 劇場版アニメ [ ]• (2005年、東宝) - ギロ 役 吹き替え [ ]• (2015年、) - イモータン・ジョー() 役 ゲーム [ ]• (2015年、・) - 阿波野大樹 役 バラエティ [ ]• () - 不定期出演• (読売テレビ) - 不定期出演• (フジテレビ) - 不定期出演• (2016年4月 - 、)• (2016年12月13日放送、) - 「欲望の街」を竹内自ら歌唱した。 Vシネマ [ ]• (1989年) - アヒル 役• (1990年) - リキ 役• テクニカル・ヴァージン(1990年12月7日、にっかつ)• セーラー服TATTOO(1991年) - 剛志 ルポライター 役• 「」シリーズ(1992年 - 2007年、60作品) - 主演・萬田銀次郎 役• ACT. 1(1994年9月23日) - 主演・剣 役• ACT. 2(1994年10月23日) - 主演・剣 役• 「」シリーズ(1994年 - 2007年(第50章で一旦最終章) 、2009年 - ) - 主演・神林仁 役• GANGSTER 東京魔悲夜1,2,外伝1,外伝2(1995年,1996年,1997年) - 主演・矢吹銀也 役• 獣の領分(1996年、)- 主演・祐二 ヒットマン 役• 獣の領分2(1996年)- 主演・祐二 ヒットマン 役• ピイナッツ 落華星(1996年)- 主演・ヒットマン 役• 平成残侠伝 シリーズ(1996年 - 1999年) - 主演・花田 役• 平成残侠伝 ぶった斬れ!(1996年7月12日)• 平成残侠伝 外道は殺 と れ! (1997年2月14日)• 平成残侠伝 狼が斬る! (1998年3月13日)• 平成残侠伝 獅子が哭く! (1998年8月7日)• 平成残侠伝 血刃 ドス が吼 ほえ る! (1998年11月13日)• 平成残侠伝 血闘(1999年5月14日)• ハードボイルド(1997年) - 主演・バス運転手 桐生辰夫 役• 炎 極道地獄変(1997年) - 主演・沢村龍 役• 「 刑事編」シリーズ(1998年)- 主演・安田一平 役• 報復 RETALIATION(1998年 宮坂武志監督) - 主演• 裏警察 BOX[私書箱]39 シリーズ(1998年)- 主演・伊沢 役• 裏警察 BOX[私書箱]39 FILE:医療ミス(1998年)• 裏警察BOX[私書箱]39 FILE2:危険な主婦たち(1998年)• 裏警察BOX[私書箱]39 FILE3:裏ビデオの女(1998年)• (1998年) - 松宮• 現金狩り 最終出口(1999年10月15日) - 主演• 二代目商店街(1999年12月22日、日活)全2作 - 主演・魚屋 役• 侠道 おとこみち シリーズ(2000年 - 2001年) - 主演・滝沢 役• 侠道(2000年5月12日)• 侠道2(2000年8月4日)• 侠道3(2000年10月13日)• 侠道4(2000年12月8日)• 侠道5(2001年5月11日)• 侠道6 完結編(2001年7月13日)• 傷だらけの仁義(2000年)- 主演・藤堂組若頭 菊池龍次 役• (2001年8月21日、) - 主演・大原龍士 役• 全国制覇テキ屋魂(2001年11月9日、) - 主演・テキ屋一家桜竜 冠司 役• 全国制覇テキ屋魂 第二幕 鰯神社と恋吹雪(2002年1月11日) - 主演・テキ屋一家桜竜 冠司 役• 残侠伝説 覇王道(2002年、オデッサエンタテインメント)• 「」シリーズ(2001年 - 2007年) - 主演・村山カオル 役• 示談屋 竜次(2002年)- 主演・竜次 役• 実録 柳川組 大阪戦争百人斬り(2002年)- 主演・ 役• 実録 柳川組2 西日本征圧 -報復-(2002年)• 実録 柳川組3 柳川次郎伝説 -完結-(2003年3月28日)• (2002年11月25日、GPミュージアムソフト) - 主演・稲原会大倉組組長 大倉健一郎 役• 無間地獄 凶悪金融道1,2(2003年1月10日 - 東映ビデオ)- 主演・富樫組若頭 桐生保 役• 新・広島やくざ戦争 武闘派列伝 伝説の広島極道 山上功治の生涯(2002年、GPミュージアム) - 村西組 村西正春 役• 鬼哭KIKOKU(2003年2月25日、安藤章第1回プロデュース作品、監督)- 主演・伊達一家武藤組 国分誠治 役• MURAMASA ムラマサ 一ノ章 覚醒(2004年)• MURAMASA ムラマサ ニノ章 言霊(2005年)• MURAMASA ムラマサ 三ノ章 傀儡(2005年)• MURAMASA ムラマサ 四ノ章 鴉(2005年)• MURAMASA ムラマサ 五ノ章 羅刹(2005年)• MURAMASA ムラマサ 六ノ章 黄龍(2006年)• MURAMASA ムラマサ 七ノ章 大蛇(2006年)• MURAMASA ムラマサ 八ノ章 月黄泉(2006年)• MURAMASA ムラマサ 九ノ章 星黄泉(2006年)• MURAMASA ムラマサ 十ノ章 沓黄泉(2006年)• MURAMASA ムラマサ 十一ノ章 伽夢威(2006年)• MURAMASA ムラマサ 終ノ章 降臨(2007年)• 死刑確定 I(2004年9月10日)• 死刑確定 II(2005年10月14日)• 死刑確定 III(2005年12月9日)• 死刑確定 IV(2006年7月4日)• 死刑確定 V(2006年8月4日)• DEATH -流血地獄- 1,2(2004年、東映ビデオ)- 主演・領田我意 ドラッグディーラー 役• 斬人 KIRIHITO(2004年2月25日)- 主演・小田原藩隠密剣士 無玄 役• (2004年12月25日公開、GPミュージアムソフト)- 主演・世羅武雄 役• GET UP(2005年5月27日、ジーダス)• 侠鬼(2006年)- 主演・神崎透 役• 標的 TARGET(2009年)全2作 - 主演・神崎猟 スナイパー• ヒロミくん! 全国総番長への道(2011年4月15日、松竹) - 主演・白鳥ヒロミ 役• 修羅の挽歌(2012年) - 主演・台村組組長 台村 役• 極道刑務所(2014年、RIKIプロジェクト) - 主演・貴崎 刑務所長 役• 極潰し(2014年) - 主演・片桐圭介 役• 極サギ シリーズ(2014年 - 2015年) - 主演・霧島烈導 役• 極サギ(2014年、RIKIプロジェクト)• 極サギ2(2014年、RIKIプロジェクト)• 極サギ3(2015年、RIKIプロジェクト)• 極サギ4(2015年、RIKIプロジェクト)• 極道たちの野望1,2(2016年、RIKIプロジェクト) - 主演・五十嵐組幹部鮫島組組長 鮫島明 役 CM [ ]• [ ]• 「旨チョコミルク」(2005年)• 「濃厚旨ミルク・プレミアム旨ミルク」(2007年)• 「揚げずにからあげ」(2007年)• ビッグサマーフェア「トントンカンカン篇」(2016年) - と共演 PV [ ]• 「エビバディ炎」• ()「」• 「」 その他 [ ]• 「チームしゃちほこ愛の地球祭り 2013 in 愛知県体育館」、「しゃちサマ2014〜神々の祭り〜」 - ライブ中の映像に出演。 - DVD映像特典に出演。 音楽 [ ] 竹内力名義 [ ] シングル• 欲望の街(6月30日/JSDL-29017) 作詞:大和朗/作曲:/編曲:BANG HEADS• Underground/欲望の街(1月27日/TODT-5252) Underground - 作詞:/作曲・編曲: 欲望の街 - 作詞:大和朗/作曲:水島康宏/編曲:井上堯之• 仁義〜JINGI〜/終(つい)の道(1999年11月26日/TODT-5382) 仁義〜JINGI〜 - 作詞・作曲:/編曲: 終(つい)の道 - 作詞・作曲:美樹克彦/編曲:大谷幸• 終(つい)の道/闇に吠えろ! (9月6日/TODT-5387) 終(つい)の道 - 作詞・作曲:美樹克彦/編曲:大谷幸 闇に吠えろ! - 作詞・作曲:竹内力/編曲:山口龍夫• 今夜また逢いに行く/リーゼントブルース〜男の道バージョン〜(7月20日) 今夜また逢いに行く - 作詞:竹内力/作曲:/編曲:矢野立美 リーゼントブルース〜男の道バージョン〜 - 作詞:竹内力/作曲:/編曲:矢野立美• 恋月夜/紅い川(6月21日/TECA-15767) 恋月夜 - 作詞:伊藤美和/作曲:/編曲: 紅い川 - 作詞:伊藤美和/作曲:小田純平/編曲:伊戸のりお アルバム• 欲望の街(マキシコレクション版)(2003年) RIKI名義 [ ] RIKI 生誕 竹内力の3秒後に出生 ジャンル 活動期間 - レーベル Almond Eyes( - ) 共同作業者 竹内力 公式サイト [ ] RIKI(アールアイケーアイ リキ)は、竹内力が総合プロデュースした「双子の弟」という設定の人物。 自身による自己紹介の際には、 RIKIと書いて R・I・K・I・RIKI(アール・アイ・ケー・アイ・リキ)」と紹介し、メディアにもアール・アイ・ケイ・アイ・RIKIと紹介される。 多方面で「RIKIは、竹内本人ではないか? 」と触れられるが、当人はあくまでも否定しており、兄の方が3秒早く生まれたと本人が語る。 リーゼント姿は、竹内力本人と同じであるがサングラスは必ず着用している。 2007年、RIKIによるデビュー曲となる「魁! ミッドナイト」がリリースがされた。 また、この曲のプロモーション活動として『』の「やべっち寿司」のコーナーに出演。 のやのをしたり、とともにの持ち芸の(竹内小力と言われる)を踊ったりとひょうきんな一面を見せ、同番組のナレーターに「あまりのギャップの差に全国民が度肝を抜いた」と言われた。 シングル• ミッドナイト(2007年11月7日)「」のカバーも収録• 紅のバックファイヤー(2008年2月27日) - ゲーム「」イメージソング。 MA・TSU・RI(2008年8月6日) - カップリング「リーゼントブルース」はのに捧げるテーマソング。 SuperWave(2008年12月3日) - PVには「池乃めだか」が友情出演。 アルバム• 全国制覇(2009年10月7日) - の「」のカバーを収録。 のなどがゲスト参加。 男唄(2010年8月25日) - 限定盤あり。 脚注 [ ]• この分野でもごく初期には大人しい役を演じている。 共同通信. 2011年3月8日. の2012年12月28日時点におけるアーカイブ。 2011年3月8日閲覧。 株式会社ナターシャ. 2018年2月13日. 2018年2月13日閲覧。 ニュースリリースJ:COM. 2019年6月2日閲覧。 龍が如く0 誓いの場所. 2014年9月11日閲覧。 [ ]• 「仁義シリーズ」は2009年に再開、11月に「51章〜血と掟編〜」が、12月に「52章〜反逆編〜」がリリースされた。 映画版では八崎義郎役を演じる、Vシネマ版の義郎役は。 2015年9月14日. 2015年9月14日閲覧。 デイリースポーツ. 2016年7月19日. 2016年7月19日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語).

次の