足 の 指 が つる 治し 方。 土踏まずがつるのはなぜ?治し方を紹介します!

足の指がつる9つの原因とその治し方一覧!

足 の 指 が つる 治し 方

指がつるということ のはよく聞きますが、指がつるということもあります。 指がつるのは足でも手でもあること。 症状は突っ張った感じがし、痛みを伴うこともあります。 足の指がつる 歩いているときや睡眠中、寛いでいる時など、どのようなときでも足の指がつる可能性があります。 足の指が硬直して、自分の意志では動かせなくなります。 痛みを伴わない場合もありますが、多くは痛みを伴います。 足の指がつる原因は一般的にと同じです。 運動不足や運動のし過ぎ、水分不足、、冷えによる血行不良などがあります。 立ちっぱなしの仕事の人は足の指がつりやすいとも言われます。 足そのものもつるけど、足の指も手の指もつるという人もいます。 足の指がつるのを防ぐ方法は、上記で説明した原因に基づくものと同じであり、• 運動不足にならないようにする• 運動のし過ぎもダメ• 水分が不足しないようにこまめに水分を摂る• ミネラルをしっかり摂る• 冷えないようにマッサージする 概ね、 原因を取り除くだけで足の指のつりを解消することができます。 立ち仕事の人は、休憩時間にマッサージしたりすることも効果的です。 予防することが大事だと言われています。 手の指がつる 足と同様に、手の指がつるということがあります。 手の指がつる原因も足の指がつる原因と同じです。 仕事で同じような指の作業をするという人も指がつりやすいようです。 これは、いわゆる職業病のようなものでしょう。 休憩時間を上手に利用して、指を休める工夫をしましょう。 しかし、手の指はあらゆる作業をする際に使いますから困ることが多いのも事実です。 例えば、箸を持っているときに指がつれば箸を落としてしまいますし、何か書き物をしているときも同様です。 細かな作業には支障が出てしまうことでしょう。 手の指の場合、足の指のように末端ということもあるので、 冬場の末端冷え性がひどくなる人は要注意です。 足の指のようにいつでも靴下やレッグウォーマーというわけにも行きません。 手袋などができるときばかりではなく、何かの作業中は手袋ができないこともあるでしょう。 手の指がつりやすい場合に特に多いのは、血行不良による冷えです。 指先を温めたり、グーパーグーパーと指先を使ったじゃんけんをするだけでもかなり違います。 手がすいているときにやってみるのもいいでしょう。 指がつるときに考えられる病気 指がつるときに単なる足や手の指がつるというだけでなく、そのほかの病気によるものということがあります。 これは、足がつるときも同じようなことが言えます。 指がつる原因となることに気を付けているにも関わらず、指がつるのがおさまらないという場合に考えられます。 更年期によるもの 更年期に差し掛かると、女性ホルモンのバランスが崩れます。 女性ホルモンであるエストロゲンが減少するので、それを補うために自分の骨の中にあるカルシウムが使われることになります。 その結果、 体全体がカルシウム不足となり、カルシウム不足によって指がつることがあります。 カルシウムは筋肉を緩める働きがありますから、同時に筋肉を縮めるマグネシウムもバランスよく摂る必要があります。 割合は2:1、毎日の摂取が難しい場合はサプリメントがおすすめです。 生活習慣病 生活習慣病である糖尿病、動脈硬化で指がつることがあります。 これまでの生活を見直すことで改善することもできますが、 症状が出てしまっている生活習慣病は病院で詳しい検査をしてもらって治療することが大切です。 特に、糖尿病の神経障害による指のつりは珍しいことではありません。 関節リウマチ リウマチと言うと、年配の女性の病気と思っている人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。 若い女性でも関節リウマチの人は思いのほか多いものです。 特に、朝に手がつったようになるという人はリウマチの可能性があります。 リウマチの多くは血液検査で判断することが可能なので(血液検査で分からないことも稀にある)、詳しい検査をすると良いでしょう。 足がつるだけでなく、指がつることもある?まとめ 足がつることはよく聞きますが、足や手の指がつるということもあります。 足のつりに比べると頻度は多くありませんが、同じようなことが原因でつってしまうようです。 しかし、予防法を実践しているのに改善されないというときは、何らかの病気の可能性もあります。 女性であれば誰しも経験する女性ホルモンの減少をはじめ、生活習慣病、関節リウマチでも指がつるということがあるので注意が必要です。 なかなか治らない指のつりは、一度詳しい検査をしてもらうようにしましょう。

次の

足がつるだけでなく、指がつることもある?

足 の 指 が つる 治し 方

足がつるとは? 足がつる状態を医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 足がつるの「つる」という部分も漢字で書くと『攣 つ る』となり、痙攣の『攣』という字を使います。 つまり足がつっている状態というのは有痛性=痛みを伴う筋肉の痙攣が起きている状態です。 3人に一人が日常的に足がつる経験あり アンケートによると20代から60代以上まで約半数以上の方が足がつった経験があるそうです。 50代以上の方では「毎日足がつる」、「週に数回足がつる」「週に2~3回足がつる」など日常的に足がつる方が約3割いることがわかります。 「毎日足がつる」は3%と低い数字ではありますが、あの足の痛みが毎日あるのは相当な苦痛であることが想像できます。 毎日足がつるようであれば、何かの病気が原因の可能性もあります。 気になる方は一度病院で診察をすることをおすすめします。 また、何の病気がなかったとしても、毎日寝ているときに足がつる方は寝不足にもなり、それが原因で体調を崩すことも考えられます。 20代、30代では若干比率は少なくなるものの約2割の方が日常的に足がつるという結果が出ています。 足がつる原因は主に、筋肉疲労、水分ミネラル不足、冷えなどがあげられます。 高齢者になると若い人に比べて足がつるリスクは高まりますが、若いからといって油断はできないようです。 アンケート協力 足がつる=こむら返りじゃない よく足がつることを指してこむら返り(こぶらがえりという地方もあるようです)といいますが、こむら返りはふくらはぎがつることを指します。 しかし、足がつるのはふくらはぎだけでなく• 足のすねがつる• 足の裏がつる• 足の甲がつる• 太ももがつる• 太ももの裏がつる• 足の指がつる など、ふくらはぎ以外の部位でも足がつることはあります。 足がつるのはどんな時? 夜中、就寝中に足がつる方が多いようですが、寝ている時に足がつるだけでなく、• 朝方に足がつる• 運動中に足がつる• 運動したあとに足がつる• ゴルフの最中に足がつる• ランニング中に足がつる• 伸びをした時(足をのばした時)に足がつる など人によって足がつる個所も時間や状況も様々です。 睡眠中にこむら返りが起きる人もいれば、スポーツをしている最中にこむら返りを起こす人も良くいます。 準備運動をしないでプールにいきなり入って足がつっている人を見たことをある方もいるのではないでしょうか? 足がつるのは病気の可能性も 足がつるということ自体は健康な人でも起こることがあります。 長時間運動をして疲れていたり、運動不足や立ち仕事の多い方、お年寄り、また妊娠中にもおこりやすいようです。 しかし、あまり頻繁に起こるようだと病気が原因の可能性もあります。 足がつる病気で代表的なものには下記のようなものがあります。 糖尿病• 脊柱管狭窄症• 閉そく性動脈硬化症• 椎間板ヘルニアや変形性腰痛症などの腰痛• 腎疾患(腎臓病)• 肝硬変 などがあげられます。 上記のような病気が原因で足がつる場合は、病気を治すことや病気の治療を行うことが足のつりの予防につながっていきます。 足がつる場合病院は何科? ふくらはぎがつるこむら返りなど、足がつるのは、冷えや筋肉疲労などで健康な人や若い人にもおきるものです。 その多くは一過性のものなので治療の必要は特にないようです。 ただ、頻繁に足がつるようでしたら上記に挙げた病気の可能性もあるので、病院で診てもらいましょう。 そこで何科を受診すればよいかということになりますが、 整形外科、神経内科、内科が良いそうです。 足がつるのに加えて、腰やおしり、下肢に痛みやしびれがあるときには整形外科を受診するのが良いかもしれません。 外科的な病気が原因で足がつる 外科的な病気で考えれるのは• 変形性腰椎症• 椎間板ヘルニア• 下肢静脈瘤 などがあります。 特に腰痛や下肢の痛みやしびれがないようであれば、まず神経内科や内科を受診してみましょう。 内科の病気が原因で足がつる 内科の病気で足がつる原因となるものには、主に• 糖尿病• 肝臓病• 腎不全 などがあげられます。 これらの病気は代謝異常がおこるため、足がつりやすくなります。 このホームページでは病気が原因ではないけど、足がつって困っている方になるべくわかりやすい表現で足がつる理由(原因)や治し方、予防、対処法を紹介していきたいと思います。 自分の足がつってしまう原因を考えて、自分にあった治し方、予防、対処法を見つけてください。 足がつる理由(原因) 足がつる原因は主に水分不足、ミネラル不足、疲労、冷えなどがあげられます。 しかし、足のつりは人によっておこる場所も時間も様々です。 足がつる原因を足がつる状況から調べてみました。 足がつる体のメカニズム それではまず、足がつるとは体の中でどのような作用が起きているのか考えてみましょう。 いわゆる足がつるという現象は医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 つまり足がつるのは痛みを伴う筋肉の痙攣ということになります。 筋肉の痙攣は筋肉の収縮が無意識に起こることですが、痛みを伴わない痙攣はピクピクと収縮と弛緩を繰り返す場合で、痛みを伴う場合は弛緩する時間がなく、収縮だけが続く場合です。 これが足がつっているときの状態です。 少し難しくなりますが、こちらの「」のページでより詳しく説明しています。 それでは足がつる原因を状況別に見てみましょう。 夜中に足がつる理由(原因) 夜中や朝方に足がつる方は多く、就寝中にこむら返りの激痛で目をさまし寝不足になる方もいるようです。 日ごろの食生活(ビタミン・ミネラル不足など)、夜間に気温が低下することや布団による重み、日中の足の疲労などが関係してくるようです。 こちらの「」のページで睡眠中のこむら返りについてもう少し詳しく説明しています。 妊娠中に足がつる 妊娠中にはじめて足がつるのを経験する人もいるように、足がつるのは妊娠中のマイナートラブルです。 妊娠による骨盤のゆがみや鼠蹊部を圧迫されることにより足の血流がわるくなることが関係しているようです。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 スポーツ・運動中に足がつる 日ごろから運動をしている人が試合の最中に足がつることもあれば、普段運動不足のお父さん方がゴルフの時に足がつったり、日ごろの運動量にかかわらず運動中に足がつることはあります。 筋肉疲労をはじめ、汗をかくことにより水分とミネラルが急激に不足することなどがあげられます。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 薬の副作用 薬の副作用が原因で足がつる場合もあります。 副作用でこむら返りが起こる可能性がある主な薬には下記のようなものがあります。 カルシウム拮抗薬• 抗甲状腺薬• フィブラート系の高脂血症治療薬• 女性ホルモンおよび男性ホルモンなどのホルモン剤• インシュリン• 利尿薬 など 薬を服用していて、寝ているときなどに頻繁に足がつる、こむら返りが起こるようなら一度医師や薬剤師に相談してみましょう。 こちらの「」のページで薬剤師さんが薬の副作用と足のつりについて詳しく説明しています。 冷えが理由で足がつる ミネラル不足や筋肉疲労以外にも足がつる原因に冷えも関係しています。 体の冷えは血行不良の原因となり、筋肉を収縮させます。 さらに血流が悪くなることによりミネラルのバランスも崩れます。 そのために足がつりやすくなります。 こちらの「」のページでもう少し詳しく説明しています。 足がつる予防 足がつるのを経験している方は、あの激痛が起こらないようにと願っているはずです。 日ごろどういったことに気をつければ足がつらなくなるのか調べてみました。 足がつるのを予防するのに大事なのは ミネラル・水分をしっかり摂る 日頃から適度な運動をする 足腰を冷やさない などがあげられます。 バランスの良い食生活で足のつりを予防 足がつることに限りませんが、バランスの良い食生活というのは健康な体作りの基本です。 足がつる予防においても栄養バランスは重要になります。 特にミネラル不足は足がつる原因となりますが、ミネラルだけでなく、水分、ビタミンも足がつる原因となるので、しっかり摂れるような食生活を心がけましょう。 特に足がつる予防に役立つビタミン・ミネラルは下記のようなものがあります。 マグネシウム(アーモンド、ひじきなど)• カルシウム(牛乳、切干大根など)• ビタミンB1(卵、豚肉など)• ビタミンE(ナッツ類、抹茶など) サプリメントを活用して足のつりを予防 仕事が忙しく外食やインスタント食品を食べる機会が多くある方や、食べ物に好き嫌いが多いなど、なかなかバランスの良い食生活が難しいという方はサプリメントを活用するのも一つの方法です。 上記に挙げたビタミンやミネラルのサプリメントを上手に活用しましょう。 適度な運動とストレッチ どんなに日ごろから運動をしている人でも足がつることはあります。 運動することにより汗をかき、ミネラルや水分が不足することに加えて筋肉の疲労もおきることから足がつりやすい状況になるからです。 スポーツ、運動中の足のつりを予防するにはこまめな水分補給、できればミネラル分を含むスポーツドリンクなどが良いでしょう。 また、運動前と運動後の準備運動も足がつる予防にとても役立ちます。 普段、運動をしない人が、急に体を動かすと、普段から運動していない人に比べて足はつりやすくなります。 これは筋肉疲労に関係しています。 普段から筋肉を使っていないので、すぐに筋肉が疲労し足がつりやすくなるのです。 ですから、日頃から適度な運動というのは足がつる予防に役立ちます。 また、ただ運動をして筋肉をつけるのではなく、ストレッチも取り入れて柔軟な筋肉をつけるよう心がけましょう。 足がつる予防についてはこちらの「」のページで詳しく説明しています。 足がつる治し方・対処法 日ごろから予防をしても足がつってしまった時に、少しでも早く足がつるのを治したいものです。 足がつった時に少しでも早く治す対処法を調べました。 足がつった時の対処法の基本は下記の2点です。 ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす)• 足がつった箇所を温める。 ストレッチと温める以外には漢方薬と消炎鎮痛剤を使用する方法もあります。 足がつった時の治し方、対処法については「」のページで詳しく説明しています。 足がつる原因人気記事• 夜中や朝方など就寝中に足がつって目が覚めた!という経験は誰にでも1度はあるのではないでしょうか。 運動中... 29,157ビュー• 足がつるのは夜寝ている時が多いかもしれませんが、運動をしている時にも足はつりやすくなります。 妊婦さんや... 14,788ビュー• 夜間就寝中に突然足がつって目が覚めるという体験を、成人であれば誰もが一度は経験をしたことがあるかと思います。... 14,372ビュー• 病気の治療を目的に服用する薬の副作用が原因で足がつる、こむら返りが起きる場合もあります。 ここで気になる... 9,951ビュー• なんだか最近、足をつることが多い...そういったことでお悩みではないでしょうか。 突発的にこむら返りで起こる激痛... 7,752ビュー 足がつった時の対処法人気記事• ひざ下の前側にある、脛 すね は後ろ側にあるふくらはぎと同様につりやすい部分のひとつです。 下肢前面から足先... 29,850ビュー• 太ももの前側はふくらはぎと比較して、つる頻度としては多くない方です。 しかし、筋肉が広範囲にわたっているため、つ... 23,915ビュー• 太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは... 19,528ビュー• 日頃からどんなに足がつる予防を心がけていても、足がつってしまうことはあるでしょう。 足がつってしまったら... 18,754ビュー• こむら返りはふくらはぎがつることを言います。 ふくらはぎ以外でも足の裏や足の指、太ももなどがつることもありますが... 13,225ビュー.

次の

土踏まずがつるのはなぜ?治し方を紹介します!

足 の 指 が つる 治し 方

運動中に突然足がつったり、筋肉のけいれんが起こったりすることがある 身体を動かすと筋肉は必ず収縮しますが、このときにナトリウム(塩分)、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分が必要になります。 血液中のミネラル分は適切な量を保って全身に供給されていますが、体温が上がり汗をかくと、水分とともにミネラル分が体外に排出され、血液中の電解質バランスが崩れてしまいます。 これによって筋肉のけいれんや、いわゆる「足がつった」状態が引き起こされると考えられています。 汗をかきやすい暑い季節はもちろん、運動によってもミネラル分は消費されるため、運動を長く続ければ続けるほど筋疲労による影響もあわせて考えられます。 この他にもさまざまな原因が挙げられます。 水分・ミネラル分不足など血液中の電解質バランスの乱れによるもの• 筋疲労によるもの• 体温低下(筋温低下)によるもの• 食後などで筋肉への血流が不足している状態 等々 筋肉のけいれんは、筋肉の付着している部位であればどこでも起こりますが、特にふくらはぎの筋肉や太ももの裏側(ハムストリングス)の筋肉、腹筋などによく見られます。 「足がつる」という症状は、足の筋肉が不意に細かく収縮してけいれんを起こす状態です。 ふくらはぎの場合には腓腹筋(ひふくきん)のことを指し、「こむら返り」と呼ばれることもあります(「こむら」とは腓腹筋のことです)。 筋肉のけいれんは激しい運動中や運動後に起こることが多いものの、疲労がたまっている場合などは安静時や就寝時にも起こります。 筋温の低下などによって夜中に足がつってしまう方もいるでしょう。 足がつったときやこむら返りの治し方……あわてず息を吐いて筋肉を伸ばす 筋肉のけいれんが起こったら、あせらず息を吐きながらストレッチをすること 筋肉のけいれんは予期せぬ状態で突然起こることが多く、痛みを伴うために焦ってしまいがち。 「筋肉がつった!」という状態になったときは、あわてずにゆっくりと息を吐きながら、つった筋肉を伸ばしていくようにします。 息を吐きながら行うと筋肉がゆるみやすくなります。 一人で行うことが難しい場合は、誰かにサポートしてもらいながらパートナーストレッチを行いましょう。 就寝中に突然足がつってしまったときは、息を吐きながらストレッチを行うことと同時に筋肉を軽くさすったり、温めたりすることも効果的です。 ケガをした際の多くは患部を氷などで冷やす応急手当が一般的ですが、足がつった場合などの一時的な筋肉のけいれんは、局所の血流不足を改善させるために患部を冷やすのではなく温めるようにすることや、固定してしまうのではなくより積極的に動かすことで、筋肉への血流を増やすようにします。 ただし筋肉のけいれんが一時的なものにとどまらず、長く続く場合は筋線維を傷め、筋肉の肉離れを起こす場合があります。 ストレッチをしたり、温めてほぐしたりしても痛みが変わらない、痛みが増す場合は患部を冷やして炎症を抑える必要があります。 筋肉のけいれんを予防する方法・飲み物・補食も効果 カフェインを含まない麦茶は水分・ミネラル分補給に適している 突然起こる筋肉のけいれんや運動中に足がつるのを防ぐためには、基本的なことですが運動前後や運動中の水分・ミネラル分の補給が不可欠です。 特に運動中は水分補給の回数が減ってしまいがちですので、運動中の水分・ミネラル分補給に配慮したスポーツドリンクやお茶などをこまめに飲むことが筋肉のけいれん予防につながります。 ただしスポーツドリンクの多くは飲みやすさを考慮して糖分が多く含まれているため、成分表示のラベルを確認し、過剰摂取には気をつけましょう。 またカフェインを含むお茶は利尿作用が影響することも考えられますので、カフェインを含まず、かつミネラル分を豊富に含む麦茶を運動時の水分・ミネラル分補給に利用すると糖質の過剰摂取も抑えられます。 さらに運動中の補食としてはミネラル分補給を意識した梅干しや塩昆布、レモンなどの柑橘類、マグネシウムが豊富なアーモンド、カリウム豊富なバナナ等を準備しておくとよいでしょう。 特にバナナは手軽で食べやすく、消化吸収も早いため、運動時の補食に適しています。 ジュニア選手などにはアーモンドチョコレートを準備し、アーモンドによるマグネシウム補給とエネルギー源である糖分を同時に補給して、筋肉のけいれんを予防し、エネルギー源を確保するようにしています。 運動前後はウォームアップ・クールダウンも忘れずに 筋温を上げ、維持するためにもウォームアップ、クールダウンは念入りに。 また、特に筋肉がつりやすくなる運動を行う場合、メインの運動前には必ずウォームアップを行うようにしましょう。 軽いウオーキングやジョギング、体操、ストレッチなどを行い、筋肉を適度に収縮させて筋温を上げながら、少しずつ段階的に身体を動かすようにします。 筋温が低下した状態でいきなり動き出すと筋肉や関節を傷めるだけではなく、低温によっても筋肉のけいれんを起こしやすくなります。 また運動中は汗をかいて身体が温まっていますが、運動後に汗が冷えて身体全体を冷やしてしまうとやはり筋温が急激に下がって筋肉のけいれんを起こしやすくなることが考えられます。 運動後は汗を拭き、着替えてストレッチやウオーキングなどのクールダウンを行い、筋肉への血流を維持することも大切です。 筋肉のけいれんは突然起こりやすくあわててしまうことが多いと思いますが、適切な対処法を理解し、焦らずに対応するようにしましょう。

次の