キッチン 手拭き タオル。 湿ったタオルには細菌がたくさん!家族で使う手拭きタオルの替え時は?

キッチンペーパーとペーパータオルの違い&暮らしに合わせた使い分け

キッチン 手拭き タオル

手ぬぐいをキッチンの手拭きにすることのススメ キッチンの手拭きを手ぬぐいにするメリットは、たくさんありますよ! まず、 「雑菌が繁殖しづらくて、タオルよりも衛生的」という点です。 手ぬぐいは薄手なので、タオルよりも早く乾くという特徴があります。 キッチンの雑菌は湿気で繁殖するので、手拭きが湿っていると、雑菌の温床になります。 でも、手ぬぐいはすぐに乾くので、タオルよりも雑菌が繁殖しづらいのです。 次に、 「汚れても、すぐに洗濯できる」という点も、タオルにはない魅力です。 タオルは厚手なので、洗いづらく、洗濯するのが少し面倒ですよね。 でも、手ぬぐいは薄手で、パッと洗えてすぐに乾くので、洗濯と乾燥がラクです。 更に、 手ぬぐいは、タオルに比べて、色彩やデザインがバラエティに富んでいます。 そのため、キッチンを明るく演出することができて、気分が良くなりますよ。 ケースの中に手ぬぐいを何枚か入れておくと、次にどれを使おうかという楽しみも増えます。 そして、手ぬぐいは薄手なので、キッチンに何枚置いておいたとしても、場所を取りません。 小さく畳んで、キッチンの端に置いておけば、台所仕事の邪魔になりませんよ。 タオルは厚手なので、場所を取りますが、手ぬぐいはそのようなことがないのです。 手ぬぐいで食器拭きも使いやすい 手ぬぐいを使うと、タオルより、食器も拭きやすくて便利になります。 手ぬぐいは元々吸水性が優れており、しかも、使えば使うほど、その吸水性が高まります。 なぜかと言うと、手ぬぐいは、 繰り返し洗うたび、柔らかくなっていくからです。 私も実際に手ぬぐいで食器を拭いていますが、とても使い勝手が良いんですよね。 タオルで拭いていた時よりも、力を入れて拭く必要がないので、ラクに食器拭きができます^^ そして、手ぬぐいで食器を拭いた場合、薄手なので、どうしてもすぐに濡れてしまいます。 でも、先ほどお話したように、乾きが早いので、2~3枚用意すれば、食器は余裕で拭けました。 タオルだと、1枚使うだけで済むこともありますが、乾きづらいので、衛生面が心配になります。 でも、手ぬぐいの場合、そのような心配をせずに使えるので助かります。 手ぬぐいの台所での活用法 手ぬぐいを台所で使う場合、手拭きや食器拭き以外にも、色々な使い道があって便利です。 まず、肉や魚などの食品の水分を吸収し、乾燥させる時に有効活用できますよ。 食品の水分を吸収する時、大抵の場合、キッチンペーパーを使うのではないでしょうか。 でも、手ぬぐいは、キッチンペーパーよりも吸水力があるので、スムーズに水分を吸収できます。 そして、もし食品の臭いが手ぬぐいに付いてしまっても、すぐに洗えば臭いは消えます。 先ほどもお話した通り、薄手なので、匂いも汚れもすぐに落とすことができます。 又、ご飯の上に手ぬぐいをかけておくと、ご飯をもっちりした状態で保存できますよ。 これは主に、酢飯を作る時に重宝するのですが、酢飯を作った後、しばらくご飯を冷ましますよね。 でも、そのままだとパサパサになり、ラップをかけると湿気がこもってしまいます。 そこで、適度な通気性のある手ぬぐいを使うと、上手に保存できますよ。 更に、液体の料理を濾す時にも、手ぬぐいを使うと便利ですよ。 大きめのボウルの上にザルを置き、その上から手ぬぐいをかけて、ソース類などの料理を濾していきます。 手ぬぐいの目の大きさがちょうど良いので、濾す時には大活躍してくれます。 まとめ 手ぬぐいは、キッチンの手拭きや食器拭きとして大活躍する、便利なアイテムです。 濡れてもすぐに乾いて衛生的ですし、薄手なので場所を取ることもありません。 そして、食器を拭く時、タオルよりも使い勝手が良いのも魅力です。 更に、その他の台所仕事にも使えるので、キッチンに何枚か常備しておくと、大活躍してくれますよ。

次の

リネン製キッチンクロス・タオルのメリットとデメリット:人々の実使用経験とレビューをまとめた!

キッチン 手拭き タオル

毎日使用するキッチン用品。 中でも、タオルは食器や手などを拭くために頻繁に使用するものです。 そんなキッチンタオルを正しく使っていますか? 正しい使い分けやお手入れの方法を知って、清潔なキッチンを保ちましょう。 キッチンで使用するタオルは使い分けよう! キッチンで、何枚タオルを使用していますか? 長持ちさせるためにも、清潔に使用するためにも、タオルは使い分けをすることが大切です。 特に、乾かして使うドライユースと、湿らせた状態で使うウェットユースのどちらを使う場面なのか、使う前に一度確認しましょう。 例えば、こんな使い分けをしてみましょう。 食器拭き用 食器拭きは、ドライユース。 マイクロファイバーがおすすめです。 食器を拭くとき、なかなか水分がぬぐえない上、タオルの線維が付いてしまうという経験をしたことがある方も多いのでは?コットンのタオルを使用するとよくこういったことが起こりますので、食器拭きにはマイクロファイバーがベストなのです。 リネンを使う方も多いようです。 手拭き用 手拭き用は、ドライユース。 コットン系がおすすめです。 コットンのタオルは吸水性が良く肌触りが良いため、手を拭く機会が多くても手荒れを防ぐことができます。 マイクロファイバーなどの化繊のものは皮膚への刺激が強いのでお肌の弱い方は避けたほうが賢明です。 手拭き用はシミになることも多いので、白以外の色のものをチョイスするといいでしょう。 台所・テーブル拭き用 台所・テーブル拭き用はウェットユースです。 濡れた状態で使用できるため、薄手に出来ているおしぼりタオルなどを使うといいでしょう。 油を拭くことも多いため、高価なものや大判のものは、台所やテーブル拭きにはあまり向いていません。 キッチンタオルを使用するときに知っておきたい注意点 ドライユースのキッチンタオルを、濡れたまま放置していませんか? 丸めて置いておくと、付着した汚れから徐々に雑菌が広がっていき、夏場は特にすぐに臭くなってしまいます。 ドライユースのタオルは使用したらすぐに乾かせるよう、タオルかけを準備しておくようにしましょう。 しかしそれでも、2日間使用したタオルでは、一度乾かしたにも関わらずタオルから洗った手に雑菌が移ってしまうことがわかっています。 2日以上使用する方も多いようですが、1日で洗濯するのが理想です。 また、ウェットユースのキッチンタオルはこまめに洗濯することをおすすめします。 濡れているだけでなく、洗った食器ではなく台所など汚れたものを拭くときのものなので、ドライユースタオルよりも雑菌は繁殖しやすくなっています。 濡れたまま1時間でも放置してしまうとすでに臭ってくることもあるので、使用した後は必ず洗って干しておくようにしましょう。 キッチンタオルの洗い方 キッチンタオルの洗い方として、おすすめの方法が2つあります。 台所用漂白剤を使用する方法 キッチンタオル始め、まな板の黄ばみにも使用できる台所用漂白剤を使用します。 製品にもよりますが、少量を大量の水で薄めて、タオルをその中に浸けておき数時間後によく洗うことで、すぐれた除菌・消臭効果を発揮します。 十分に除菌・漂白できれば、白く清潔なタオルとなりますが、漂白剤を使うことでタオルが徐々に弱くなっていきますので、長持ちはしません。 熱湯消毒をする方法 薬剤などを使用せずに、熱湯だけで消毒する方法。 実は、熱湯は台所にあるものの中で一番殺菌力があるといわれているほどに効果が期待できる消毒方法なのです。 鍋でタオルを煮沸したり、ヤカンで沸かした熱湯をかけたりするだけで、非常に短い時間で消毒を完了させることが可能ですので、まな板や食器も一緒に消毒してみてはいかがでしょうか。 ただし、火傷には十分に注意しましょう。 タオルを長持ちさせるためには、なるべく熱湯消毒を行うようにしましょう。 正しい使用方法、洗い方を参考にしながら、キッチンタオルはいつでも清潔に保っておきたいですね。

次の

【完全保存版】 キッチンタオル の使い方(1):使って楽しむ♪

キッチン 手拭き タオル

1日1枚使用して、毎日洗濯します。 所持しているのは2枚です。 我が家で一番使用頻度の高い キッチンの手拭きタオル。 わたしはほぼ毎日家にいる専業主婦です。 現在の様子がこちらです。 写真では分かりづらいですが、 四角で囲んだ部分が変色しています。 おそらく、菌の仕業です。 ピンクの色素を出す菌。 お風呂等の ピンクぬめりの原因でもあります。 よく使う部分がいつも 濡れている状態になってしまうため、 菌が発生したのだと思われます。 薄いのですぐ乾くのですが、 使用頻度が高過ぎたのでしょう…。 菌自体は、たいして人に害が 無いそうです。 でも、菌をエサにしてカビや 別の菌が発生するんだとか。 (やがてニオイも出てくる。 ) 部分的に色が変わって 見た目もよくないし。 それが嫌なので、以前は抗菌タオルを 使っていました。 濃い色の物を使っていたこともあり、 菌による変色が気になったことは ありませんでした。 でも、キッチンで半年くらい使用して ゴワつきが気になりはじめたので 手触りのよさそうなガーゼタオルに 交換したのでした。 抗菌を取るか、手触りを取るか・・・ ちょうど今、お買い物マで ヒオリエのタオルが全品送料無料。 どうしようか迷っていたのですが、 3ヵ月で交換するのは、なんか もったいない気もする・・・。 だけど、そんなに長い間鍋の前に 居たくない・・・ (途中で2歳児が寄ってくること 間違いなし。 ) そこで、もっと手軽に酸素系漂白剤で つけおきしてみることにしました。 洗濯槽の洗浄に使っている 過炭酸ナトリウム。

次の