日本ハウス 30坪。 【楽天市場】中古ユニットハウス・中古コンテナ > 3坪未満:ビッグ10

家を建てる費用や見積り

日本ハウス 30坪

日本ハウスホールディングスの販売戸数と売上の推移 決算年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 受注棟数 935棟 962棟 1,020棟 1,117棟 972棟 住宅事業売上 425億円 385億円 391億円 405億円 443億円 売上の主体は東日本 日本ハウスHDの売上をエリア別に見ると、多い順に、東北地方が27. 3%、関東地方が20. 2%、北海道が19. 9%、北陸甲信越が12. 売上の主体は東日本で、西日本はもう一つです。 それは元々、東日本ハウスという社名で展開していた事が大きな要因でしょう。 2015年に社名を日本ハウスHDに変更した事により、馴染みのあった東日本ハウスとは違う会社と受け止められたためか、一旦は売上が下がりましたが、西日本でも徐々に売上が増加傾向になっているようで、全体的な売り上げも増加しています。 日本ハウスホールディングスの価格(坪単価) 坪単価の目安 日本ハウスホールディングスの 営業マンの話では坪単価の目安は55~65万円とのことです。 標準仕様が比較的高グレードですし、収納の中には、システム収納まで付いています。 それで、この価格というのは、大手ハウスメーカーの中では、かなり安価な方です。 営業マンによると、初めから、ほぼギリギリの価格を提示しているので、あまり、 大きな値引きは期待できないとのこと。 値引きできるとしたら、決算期が狙い目だそうです。 住宅設備はLIXILが中心 日本ハウスホールディングスの住宅設備の標準品はLIXILが中心です。 標準品として設定されている以外の他の住宅設備メーカーの物に変更すると割高になってしまいます。 そこそこ良いグレードの物なので、特にこだわりが無ければ標準装備のままでいいのではないでしょうか。 もし、変更するとしたら、キッチンをLIXILの商品の中で選べば、コストメリットはあるようです。 直接発注 営業マンの説明では 日本ハウスホールディングスは、 「 棟梁システム」をウリにしていて、大工さんを準社員として抱えているので、他の多くのハウスメーカーのように、 下請けに丸投げするようなことはないとの事です。 価格が割と安目なのも、そのためかも知れません。 その他 その他については、特筆すべきことはありません。 24時間365日、不具合を受け付けるコールセンターとか、10年目に有料の点検を受ければ、更に保証期間を延長。 標準で、次世代省エネルギー基準をクリアなど、 他のハウスメーカーがうたっていることについては、一通り対応しているようです。 日本ハウスホールディングスの営業スタイル みごとな打合せ議事録 日本ハウスホールディングスの営業マンは、皆、打ち合わせの際にレポート用紙を必ず持参し打合せ記録を取ることが徹底されています。 私に応対してくれた営業マンも、レポート用紙を持っていました。 最初の打合せの段階から その場で打ち合わせ議事録を取り、お客さんに渡します。 後に、「言った」「言わない」というようなトラブルを回避する事はもちろん、初めて会った時から議事録を渡すことで、相手との精神的距離を縮めて、信頼感を与えるのが目的です。 以前、その議事録を見たことがあるのですが、見事です。 とても、その場で取った議事録とは思えません。 丁寧な文字で、すっきりと奇麗にまとめられていました。 応対してくれた営業マンに 「日本ハウスホールディングスの営業マンは、議事録の取り方の訓練を受けているの?」 と聞いてみましたが、特にそのような訓練はされていないとのことでした。 おそらく、OJTで、実務の中で養われていくのでしょうね。 そこで思ったのですが、 日本ハウスホールディングスの 営業マンの良し悪しを見分けるのに、この議事録を見れば一目瞭然ですね。 何しろ、議事録の上手さの度合いに比例して、経験値が分かる訳ですから。 もし、日本ハウスホールディングスで話を進めている人は、手元にある議事録を厳しくチェックしてください。 もし、見事な議事録でしたら、その営業マンは経験豊富です。 申込金が高い 他のハウスメーカーと同様に、敷地調査から、プラン作成と見積り提出までは無料です。 ただ、次の仮契約の段階では 仮契約金として、100万円が必要になります。 ハウスメーカーとしては そのぐらいの金額を取るところは他にもあります。 しかし、地元工務店の場合、 安ければ数十万円程度ですから、それと比べると、かなり高いです。 体育会系の社風 日本ハウスホールディングスの営業マンは、 皆、応対は紳士的です。 丁寧に対応してくれますし、 強引に売り付けるようなことはしません。 日本ハウスホールディングスが営業マンに対する扱い方は 体育会系というか、軍隊式のノリのようです。 そのノリが好きでない人にとっては 肌に合わないかも知れません。 ともかく、 結構厳しく訓練されるように見受けられます。 そのためか、紳士的な応対と相反して、 上司からの無理な命令により 電話やアポイント無しの訪問をしてくる事もあります。 私も、住宅展示場のセンターハウスに名前を残すと、 大概、電話を掛けてくるのは日本ハウスホールディングスです。 だいぶ前の話ですが、突然、家に訪問してきたこともありました。 日本ハウスHDのカタログより その他の特徴 日本ハウスホールディングスのモジュールはメーターモジュールで、温熱等級4をクリアしています。 さらにをクリアする仕様も用意されています。 しかし、それらを謳っているハウスメーカーは山ほどありますし、特筆すべきことではありません。 また、デザイン的にも、これといった特徴は感じられず、他のハウスメーカーでもありがちなモノばかりです。 商品のシリーズは色々あるようですが、基本的に注文建築中心なので、シリーズは、有って無いようなものです。 24時間365日、不具合を受け付けるコールセンターとか、10年目に有料の点検を受ければ、更に保証期間を延長・・・などなど その辺りも他のハウスメーカーと同じような感じですね。 京セラの太陽光発電 日本ハウスホールディングスは、太陽光発電が、まだ一般的ではなかった、1990年代から、どこよりもいち早く太陽光発電を積極的に扱っていました。 京セラと共同で、太陽光発電を開発していたようです。 ところが、今ではセキスイハイムや一条工務店など、太陽光発電と言えば他のハウスメーカーの方が思い浮かびますね。 1990年代、 京セラは、太陽光発電ではシェアNO.1で、そのころにはどのハウスメーカーよりも日本ハウスホールディングスが積極的に太陽光発電を薦めていました。 ところがその後、京セラが 不正に国からの補助金を受け取っていたことが発覚し、補助金申請の代行業務を停止させられてしまいました。 それをキッカケに 太陽光発電のシェアはシャープやパナソニックに抜かれ、同時に、日本ハウスホールディングスも、他のハウスメーカーに太陽光発電のシェアを抜かれてしまいました。 京セラにあのようなことが無ければ、 今頃、「太陽光発電と言えば日本ハウスホールディングス」となっていたかも知れません。 それまでの仕事とは全く関係が無く、 住宅についての知識も技術もないままに、突っ走ったのです。 当初は、大和ハウスの代理店としてスタートしたのですが、 薄利多売で、頑張っても見返りが少ない。 そんな中、元請けとして和風の注文住宅の依頼を請けたのでした。 それが日本ハウスホールディングス初の注文住宅第一棟目でした。 すると、お客さんには喜ばれるは、利益も大きい。 「これだ!」と思った中村功氏は 昭和46年(1971年)に大和ハウスの代理店を脱退し、 本格的に注文住宅の道を歩み始めるのでした。 日本ハウスホールディングスは住宅以外に ホテル経営やリゾート施設の経営など、 住宅とは全く違う分野での多角経営をしています。 ユニークなのは「銀河高原ビール」も 日本ハウスホールディングスが設立したグループ会社です。 出光興産を辞め、 全く関係のない、住宅業界に飛び込んだ 中村功氏ならではの経営スタイルなのでしょうね。 ところで、中村功氏は という会の会長をしています。 この「経営者漁火会」というのは かなり右翼的思想の強い会で、 それについては人それぞれ、好き嫌いがあるのではないでしょうか。 現在、中村功氏は2005年に日本ハウスホールディングスの社長を退任しました。 2階の間取り 今回、私たちに応対してくれた営業マンはチョッと今までに見たことのないタイプでした。 「私に任せてください!」みたいな、頼もしさは全然ないけど、何かを強引に押し付けるようなことは絶対しないでしょうね。 でも、こちらの質問に、しっかりと、的確に答えてくれるので、とても好印象でした。 聞けば、日本ハウスホールディングスの営業歴13年のベテランさん。 私の印象では、 日本ハウスホールディングスの営業って、どのハウスメーカーより、積極的な攻勢をしてくるイメージがあったけど、日本ハウスホールディングスにこういう営業マンがいるというのは・・・ すご~く意外。 仕様のグレードは良いかも 日本ハウスホールディングスは、 以前、お邪魔した一条工務店みたいに、標準仕様で、そこそこのグレードの物が設定されているみたいで、 最初から、クローゼットの中のシステム収納とかが付いてるし、オプションが少ないらしい。 和室なんて、かなり本格的なしつらえで、構造の柱とかは、集成材は一切使わず、国産ヒノキを使とか。 でも一条工務店は、あの壊滅的なデザインセンスが、どうにも受け付けられなかったけど、日本ハウスホールディングスは、シンプルで癖が無いから、まだ許せるかな。 でも、悪く言えば、特長が無いってことですけど。 でも、せっかくの無垢のフローリングが冷たい。 床暖房を入れているから、その部分は暖かいけど、入っていないところは、スリッパ無しではいられません。 寒い東北地方出身のハウスメーカーだけど、高断熱高気密に関してはイマイチみたい。 書棚に「チルチン人」が チョッと社風がキショイかも 実は数年前、 日本ハウスホールディングスのバスツアーに参加したことがあります。 営業のお偉いさんらしき人が、 マイクで、「営業は集合!」って号令を掛けたんです。 そしたら、会場中の営業マンが一斉に駆け足で集まって、お偉いさんの指示に、みんな一斉に「ハイ!」「ハイ!」って言って答えてるんです。 あの光景を見て、「日本ハウスホールディングスは私の肌に合わな~い」って感じちゃいました。

次の

日本ハウスホールディングスは高い?安い?坪単価をはじめとする価格帯

日本ハウス 30坪

家を建てるにはまず!家づくりを始める動機と意味を明確にする 当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。 私は大手ハウスメーカーの元営業マンとして、これまでに約230棟の家づくりに携わってきました。 約20年にわたる家づくりの経験をとおしてわかったのは、 お客様の目線になって「なぜ家を建てるのか」という動機をしっかりと把握したり、「家をつくることの意味」を理解したりすることの大切さでした。 お客様の家を建てたいという気持ちに正面から向き合い、家を建てる動機と意味を正しく理解することは、満足のいく注文住宅を建てるための基本と今でも考えています。 家づくりを始める前に確認したい大切な3つのこと では、これらと向き合うときに必要なものは何でしょうか? 私は以下の3つだと考えます。 1)家族との関係性をよく考える いたって当たり前のことですが、住む家には必ず家族がいます。 せっかく新しく家を建てるのですから、「 家族全員が幸せに暮らせる」ことが大事なのはいうまでもありません。 そのため、お客様と打ち合わせをする際は、家族との関係性に加えて、家族とどんな生活を送りたいのかについて良く確認するようにしています。 とはいえ、いきなり「家族との関係性」と聞かれても、普段はあまり考えないテーマでしょうから、お客様も戸惑うかもしれません。 普段一緒に生活をしている間柄ですし、深く考えるような機会がなくても不思議ではありません。 それでも、2世帯住宅・3世帯住宅になると、 家族間のプライバシーの問題も含めて、お互いの距離感を考える必要が必ず出てきます。 普段意識していないことほど、一度じっくり考えてみる必要があるのです。 2)加齢することを前提に考える 人間は歳を重ねるにつれ、若いころには簡単に出来たことが、うまくできなくなってきます。 特に体力を必要とすることや体を素早く動かすようなことは、その一例です。 そのため、若いころの体力を元にして家を設計してしまうと、歳を取ったときに苦労する場合があります。 一生の住み家として買ったはずなのに、それが難しくなってしまうこともあるのです。 そうならないためには、 家を建てる前に30年後・40年後はどんな暮らしをしていたいのかを想像することが大切です。 例えば、 急な角度の階段を作らない、 廊下の幅を狭くしない、 床はバリアフリーを意識した高さにするというように、将来の自分と家族をサポートするつもりで設計しましょう。 3)家づくりを楽しむ ある意味では、この心構えが家づくりの基礎、土台になるのかもしれません。 家は一生に一度の高価な買い物ですし、建てるにあたって考えなければいけないことが数多くあります。 また、ローンの返済のことを思うと、不安がよぎってしまうこともあるかもしれません。 それでも、自分の家を持つことは、いつの時代もロマンがあります。 このロマンを形にするため、また不安や疑問を解消するためにも、 情報収集が大事です。 住宅展示場で実際に建物を見てみたり、 インターネットを活用して情報や体験談を集めてみたりすると、とても勉強になります。 いずれにしろ、家を建てるためには長期戦の心構えが重要です。 通常は情報を集めてから工務店やハウスメーカーと契約をするまでに、半年ぐらいはかかると考えてください。 そこから建物の完成までを考えると、さらに半年以上は先になるでしょう。 私の経験上、ほとんどのお客様は建物を建てると決めてから 実際に完成するまでに、約1年半はかかっています。 この1年半を苦しい・つらい経験にするのではなく、楽しい思い出にするためにも、家族みんなで楽しみながら家づくりに取り組んでいただきたいのです。 簡単なようで難しい家づくりの条件 ここで皆様に質問です。 「 いい家の条件は何だと思いますか?」 また 「 家づくりを成功させるために必要なことは何だと思いますか?」 正直に申しますと、ハウスメーカーで20年間営業マンをやってきた私でも、これらの質問に簡単に答えることはできません。 その理由は「お客様によって求めることが違うから」ということももちろんありますが、答えをひとつに絞れないほど奥深い質問だからでもあるのです。 「シンプル」な家づくりの奥深さ 以前、私が家づくりを担当したお客様とのやりとりで、こんなことがありました。 そのご家族の旦那様は当初、建て替えをするなら「とにかくシンプルな家を作ってほしい」と希望されていました。 予算に収まる範囲で、ムダのない注文住宅を建ててほしいとおっしゃるのです。 シンプル、ムダがないといっても、人によって解釈はさまざまです。 旦那様の要望をもう少し具体的に聞いてみると、間取りやデザインの選択は妻に任せるから、自分の仕事ができるスペースを作って欲しいとおっしゃいます。 旦那様はお仕事で新聞の記者をされていて、ご自宅で調べものをしたり記事を書いたりすることがあり、静かで落ち着いて仕事ができる場所を求めていたのです。 このように、家に対する要望やこだわりはお客様の数だけあります。 また、要望について何度も根気よく聞いてみないと、お客様が本当は何を求めているのかを見誤る可能性もあるのです。 「居心地のいい家」をつくること 当然ながら予算などの関係で、そういった要望のすべてをかなえるのが難しいこともあります。 しかし、要望の元となるものをつきつめていくと、「居心地の良さを作る」ことが大事だとわかります。 なので、冒頭の質問に対する回答例をひとつ挙げるとするなら、「 居心地のいい家を作ること」になります。 いるだけでリラックスできる、 ストレスを感じないという住宅は 居心地のいい家です。 一見当たり前のことのようですけれど、しっかりと家づくりに取り組まないと、このようなことすら実現できない場合があるのです。 それだけいい家を作ることは難しいといえます。 このサイトは、施主様が楽しみながら家づくりできるよう、 難しい内容をを少しでもわかりやすく、みなさまに伝わるようにと想いを込めて制作しています。 みなさまの幸せな家づくりのお役に立てていれば幸いです。 家づくりの計画中に迷ったら …注文住宅の相場や費用の内訳、失敗しないための方法をまとめました。 はじめて家を建てる人は、わからないことだらけだと思います。 会社の選び方から家が完成するまで、注文住宅で失敗しない方法や考え方をお伝えします。 …現役土地活用プランナーがお教えする、あなたの土地の活用法 …リフォームに携わって20年以上!元大手ハウスメーカーのリフォーム営業マンが運営するサイトです。 私が培った知識や経験に基づく情報を、これからリフォームしようと考えている人びとに提供して、少しでもお役に立てればと思っております。 …元不動産営業レディが明かす住宅の購入と売却の失敗しないノウハウ …注文住宅の金額の相場。 注文住宅の相場や費用等の解説サイト。

次の

現在、スウェーデンハウスで新築を検討中です。30坪の平屋を予定していますが、 外構抜きで坪100万くらいになると言われました。本当にこんなにするのでしょうか? 高いとは聞いていましたので坪80万くらい

日本ハウス 30坪

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は参考にしていただければと思います。 坪単価が30万円台~40万円台で家が建てられるハウスメーカー メーカー名 坪単価 万円 ハウスメーカーの特徴 30~40 関東甲信越を中心に展開するローコストハウスメーカー。 アイダ設計の家は、木造軸組みを主力とする木造住宅。 「555万円の家」で有名になり、現在では980万円が最低価格シリーズ。 しかし、980万円でも長期優良住宅に対応する商品や太陽光発電を搭載したエコハウスがある。 耐震性能も震度7に耐えうる構造が標準仕様となっていることが特徴。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 30~50 ダスキン事業を展開する株式会社ナックの100%子会社ハウスメーカー。 過去にタマホームと業務提携してい経緯からローコスト住宅を展開。 坪単価が他社に比べて安いのに加え、自由設計で制震システム「L-SAV」や気密性能に優れた「吹付け断熱」が標準仕様なところが特徴。 コスパの面から顧客満足度が高いハウスメーカー。 ZEH、HEAT20にも対応した商品を扱う。 35~50 ローコスト住宅の先駆け的ハウスメーカー。 アキュラホームの住宅は、木造軸組みを主力とする木造住宅。 アキュラホームが主催する工務店ネットワーク(ジャーブネット)を活用し、建築資材を大量購入することで建築コストを大幅に削減し低価格を可能にしている。 長期優良住宅、ZEH、低炭素住宅、HEAT20にも対応した商品を扱う。 35~80 ローコスト住宅の先駆け的ハウスメーカー。 タマホームの住宅は、木造軸組みを主力とする木造住宅。 施工まで自社で管理することで、中間マージンをカットしてコスト削減。 建築資材は提携した森林組合や木材工場が直接受注する仕組み(タマストラクチャー)を構築し、仕入れコストを大幅に削減するなど、コストを抑えて低価格住宅を提供。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 40~50 アイフルホームの創業者が新たに立ち上げたハウスメーカー。 ローコスト住宅のFC方式でアイフルホームより低価格の商品を提供。 ユニバーサルホームの住宅は、木造軸組みを主力とする木造住宅。 床下に空間を作らず地面の熱を利用する「地熱床システム」が特徴。 ZEHにも対応した商品を扱う。 40~60 桧家住宅の住宅は、木造軸組みとオリジナルな耐力面材を利用したハイブリット工法の木造住宅。 CMでお馴染みの全館冷暖房機能を加えた最新空調システム『Z空調』を備えたエコ住宅が特徴。 長期優良住宅、ZEH、HEAT20にも対応した商品を扱う。 40~60 埼玉県上尾市に本社を置く関東1都6県で展開するハウスメーカー。 ハイグレードな住宅設備を標準で搭載した「フル装備の家」が特徴。 また、現場工事の進み具合をWEBでいつでも見れる「Genba-eye」というサービスも特徴。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 40~60 静岡県浜松市に本社を構えるハウスメーカーでFC方式で全国展開している。 サイエンスホームの住宅は、木造軸組みとパネルのハイブリット構造で耐震性能を強化した木造住宅。 梁や柱を隠さず見せる広報「真壁づくり」が特徴で、床や建具など見えるところにはずべて無垢材を使用している。 ZEHにも対応した商品を扱う。 45~55 LIXILを母体とする代理店数250社を超えるFC展開ハウスメーカー。 アイフルホームの住宅は、木造軸組みを主力とする木造住宅。 LIXILの住宅設備や内装部材を利用することで仕入れコストを削減。 また、FC展開のため中間マージンをカットしコストを削減し低価格な住宅の提供を可能としている。 ネット販売限定の住宅もあり、対面ではなくネット上で仕様や手続きを進めるため、さらにコスト削減が可能で700万円台で家を建てることが可能。 ZEHにも対応した商品を扱う。 30~55 「ウィーザースホーム」と同様に千葉県に本社を置く株式会社新昭和が展開するFC展開ハウスメーカー。 クレバリーホームの住宅は、木造軸組みを主力とする木造住宅。 ローコスト住宅メーカーとしては、外壁に手間のかかるタイルを施工するのが特徴。 低酸素住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 45~55 マンションやビル、商業施設の不動産事業を展開する住友不動産の注文住宅部門。 独自の地震対策テクノロージーで耐震性能が高い住宅が特徴。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 45~60 岡山県に本部を置くFC展開するハウスメーカー。 イシンホームの住宅は、木造軸組みを主力とする木造住宅。 自由設計といっても実際は制限が多いが、イシンホームではデザインや間取りだけでなく性能を含めた家づくりのあらゆる要素を自由に選べる『HEIG自由設計』が特長。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 坪単価が50万円台~60万円台で家が建てられるハウスメーカー メーカー名 坪単価 万円 ハウスメーカーの特徴 50~60 東急グループのハウスメーカー。 24時間換気と全館冷暖房機能を兼ね備えた全館空調システム「ミルクリークグリーンエア」が特徴。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 50~60 「クレバリーホーム」と同様に千葉県に本社を置く株式会社新昭和が展開するハウスメーカー。 「クレバリーホーム」とは異なりFC方式ではなく直営販売。 外壁に手間のかかるタイルを施工することや、収納のプロが一邸ごとに提案してくれる「収納コンサルティング」があることも特徴。 ZEHにも対応した商品を扱う。 50~80 戸建て住宅の免振化のパイオニアハウスメーカー。 初期費用が0円で太陽光発電を搭載できる『夢発電システム』展開している。 断熱機密性能はハウスメーカートップクラス。 海外に自社工場を持っており、住宅設備を自社生産するためコストをおさえられるため、標準仕様がハイグレードになっている。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 55~65 『東日本ハウス』から2015年に『日本ハウスホールディング』に変更。 すべての柱に国産ヒノキを使用することが特徴。 また、太陽光発電もほとんどの商品で標準装備。 他のメーカーと比べて標準仕様のグレードが高めに設定されている。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 55~65 ヤマダ電機を親会社に持ち、2018年10月にヤマダ・ウッドハウスとヤマダ・エスバイエルホームが合併して誕生したハウスメーカー。 デザイン性が高い商品が多く、壁内結露を防ぐ壁内換気システムも特徴。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 55~70 もともと三洋電気系列のハウスメーカーで、現在は独立系のハウスメーカー。 サンヨーホームズの住宅は、プレハブ工法の軽量鉄骨住宅が主力。 ZEH対応が標準仕様で、太陽光発電、オール電化、全熱交換式換気システム等が標準仕様となっているのが特徴。 また、地震対策として「高耐震+制震」のハイブリット制震システムも標準仕様となっている。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 55~80 無印良品の子会社のハウスメーカー。 無印良品の住宅は、大空間と耐震性能を両立させるため、耐震性能に優れたSE構法を採用した木造住宅。 「永く使える、変えられる」をコンセプトに、大きな空間を家具やパティションなどのインフィルで区切ることで、家族構成や生活環境の変化に合わせて空間を変更できるのが特徴。 長期優良住宅、ZEH、低炭素住宅にも対応した商品を扱う。 60~70 トヨタグループのハウスメーカー。 トヨタホームの住宅は、プレハブ工法の軽量鉄骨住宅が主力。 鉄骨ラーメン構造または鉄骨軸組構法でいずれも高耐震性・高耐久性を備える。 断熱・気密性においては、構造体の内側を断熱材で覆う充填断熱工法や高遮熱断熱ペアガラスを採用し断熱性能最高等級4を実現している。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 60~70 もともとコンクリートパネルの製造メーカーの建築部門が分離して独立したハウスメーカーで鉄筋コンクリート住宅のパイオニア。 レスコハウスの住宅は、コンクリート住宅(プレキャストコンクリート住宅)が主力。 鉄筋コンクリート住宅のため耐震性・耐火性・防音性が高く、経年劣化に強い頑丈な家が特徴。 ヒノキヤグループの100%子会社で全館冷暖房機能を加えた最新空調システム『Z空調』も採用されている。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 60~70 北海道に本社を置く土屋グループのハウスメーカー。 土屋ホームの住宅は、軸組構造と壁構造を合体させた地震や台風などさまざまな外力に耐える頑丈な「BES-T構法」を採用した木造住宅。 24時間計画換気システム・床下換気システムも標準装備していることが特徴。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 60~80 累積建築戸数200万戸をはじめて達成した業界No1のハウスメーカー。 積水ハウスの住宅は、独自のシャーウッド工法を用いた木造住宅も展開しているが、プレハブ工法の軽量鉄骨住宅が主力。 断熱・気密性においてはグラスウールを採用し断熱性能最高等級4を実現している。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 屋根に断熱パネル(ダブルシールドパネル)使用し断熱性を向上させ、全館空調や防水施工も三井ホームの特徴。 価格が高めで富裕層が顧客のイメージだが最近は価格を抑えた規格商品も展開。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 60~80 大手ゼネコン大成建設の住宅部門が独立したハウスメーカー。 大成ハウジングの住宅は、コンクリート住宅(プレキャストコンクリート住宅)が主力。 鉄筋コンクリート住宅のため耐震性・耐火性・防音性が高く、経年劣化に強い頑丈な家が特徴。 重量にも強いため屋上利用が標準仕様になっており、コンクリートの打ち放しのデザイン性も魅力。 ZEHにも対応した商品を扱う。 65~75 積水化学工業の住宅部門。 プレハブユニット住宅のパイオニアでもあり、住宅ごとの精度のばらつきがなく、工期が短いことも特徴。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 65~75 ミサワホームの住宅は、プレハブ工法の木造住宅が主力。 天井高140cmの大きな収納を中二階に有する「蔵のある家」で有名。 地震エネルギーを約50%軽減できる制震装置「エムジオ」を展開。 長期優良住宅、ZEH、LCCMにも対応した商品を扱う。 坪単価が70万円台以上で家が建てられるハウスメーカー メーカー名 坪単価 万円 ハウスメーカーの特徴 70~80 ヘーベルハウスの特徴は耐久性と耐震性能。 ヘーベルと呼ばれる軽量気泡コンクリート(ALC)を建物全体に使用することでコンクリートの10倍もの断熱性を実現。 加え重量鉄骨構造のため高い耐久性を備える。 長期優良住宅やZEHにも対応した商品を扱う。 70~80 木造在来工法では日本トップのハウスメーカー。 住友林業の住宅は、マルチバランス構法、ビックフレーム構法、ツーバイフォー構法から選択可能。 耐火性に優れている「省令準耐火構造」に認められているため、一般の木造住宅に比べ火災保険料が割安になるのが特徴。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 もともとマンションや商業施設が中心の鉄骨建築メーカーのため、住宅はプレハブ工法の軽量鉄骨住宅が主力。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 70~80 パナソニックグループのハウスメーカー。 パナソニックホームの住宅は、プレハブ工法の軽量鉄骨住宅が主力。 鉄骨住宅でありながら15cm刻み(業界最小)で設計が可能であることや、標準仕様や設備はほとんどがパナソニック製品であることが特長。 また、外壁には汚れにくい光触媒タイルの『キラテック』も選択可能。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 70~80 三菱地所グループのハウスメーカーで高気密・高断熱住宅のパイオニア。 高気密・高断熱と部屋ごとに温度調節ができる全熱交換型換気システム「エアロテック」が特徴。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 高層ビルの制震技術を木造住宅に応用した「DUOフレーム工法」も採用しており、地震の揺れの約70%を軽減するなど地震に強い家が特徴。 人気北欧家具メーカー「イケア」とコラボした商品「イケアと暮らす家」なども人気。 長期優良住宅、ZEHにも対応した商品を扱う。 80~100 スウェーデンの輸入住宅を専門に扱うハウスメーカー。 北欧のオシャレなデザインがだけでなく、高気密・高断熱が特徴の高性能住宅。 ZEHに対応しており、商品毎に住宅性能の差がないことも特徴。

次の