インターナショナル 保育 士 資格。 保育士資格が活かせる仕事は沢山ある!保育園以外の職場も検討しよう

保育士資格が活かせる仕事は沢山ある!保育園以外の職場も検討しよう

インターナショナル 保育 士 資格

はじめに — どの仕事でも必要な「コスト・カット」という考え方 現在、保育士として働いている私ですが元々は銀行員としてバリバリ働いておりました。 ファイナンシャルプランナーとして、預金の相談窓口から資産運用を主として、1日中お金の話をしていました。 お金を扱うため、事務作業や確認作業が多く、また速さと正確性を求められるため、当時はいかに効率良くそしてミスのない事務処理ができるかを常に追及していました。 そんな私が今は全く業種の違う保育業界にいて、そこで思う経営改善、コストカットできる部分や業務短縮ができそうな部分、コストカットのための考え方などを紹介できればと思います。 保育園の経営改善アイデアその1:手帳の簡素化 日々の手帳書きに追われている保育士の方々は多いのではないのでしょうか。 保護者との交換日記とも言えるこのお手帳帳。 保護者との連絡手段として大変重要な位置付けにあります。 ただ、このお手帳帳書きが、保護者にとっても保育士にとっても惰性になっているような気がします。 最近ちらほら見られるようになったアプリの活用がもっと進めば、このお手帳もアプリ内で全て記入できます。 毎日決まったことを記入する場合は、選択型の項目にしてそこにチェックを入れるようにすれば業務の簡素化ができるのではないでしょうか。 また、そこに体重や身長もデータとして入力して、自動的にグラフに落とし込めれば、成長の度合いも可視化することができ、保護者の方からも喜ばれると思います。 また、アプリ等を積極的に導入していけば、ペーパーレス化に繋がり、無駄なコストをカットすることができると思います。 どうしてもペーパーレス化が進まないのであれば、書く欄が小さく、なるべくシンプルなものにすると良いと思います。 書く欄が大きいと、どうしてもその欄をいっぱいにしないといけない責任感が出て、ついつい必要ないことまでたくさん書いてしまい、結果保育士の業務が増えることになります。 保育園の経営改善アイデアその2:タスクの細分化 保育士の仕事の大きい流れは、朝からの子どもたちの受け入れから始まり、午前中の活動、昼食、午睡、午後の活動、お見送りとなります。 その大きな流れのあいだあいだに、排泄補助や着替え、絵本読み、掃除、安全確保など、気を抜けるところが一切ありません。 その上、イベントの計画や、制作物の準備、書類の作成など、たくさんの業務を抱えている保育士の方も多いのではないでしょうか? 私が思うに、その莫大な業務を一つ一つ細かくタスク化し、自分がやっている仕事の流れを「見える化」できれば、もっと効率良い仕事運びができるかと思います。 保育園は長く勤めておられる保育士の頭の中に全てのタスクが入っており、ある程度、その方の采配で仕事が進んでいくところが多いと感じています。 全部がそうとは限りませんが、こういった一方的なトップダウンの仕事の進め方は、決裁が早いといったメリットもありますが、効率的に仕事を進めるのには向いていないと思います。 それぞれのタスクが消化できたら消し込むといった作業を進めていけば、今自分の業務進度がどれくらいで、いつまでにこのタスクを終わらせて…と、目標を持って仕事を進めることができるかと思います。 また、このタスク化のメリットとして、自分が急に仕事を休まないといけない場合に、他の人に仕事を引き継ぎやすいという点があります。 保育園は、1日のルーティンが子どもたちの安心感に繋がります。 日ごろ、自分がどんな流れでどんなことをしているのかを目に見える形でわかるようにしておけば、引き継がれた人も安心して仕事をすることができると思います。 保育園の経営改善アイデアその3:教育体制 保育園では、教育体制がまだまだ整っていないと感じています。 特に新人に対しての教育体制確立されていないと思います。 教える側も、きちっとしたマニュアルがあればいいのですが、子どもが相手の仕事ですので、マニュアルを作ってもマニュアル通りにいかない事が多いのは事実です。 実際やりながら覚えてねというしかありません。 教えられる側も「一緒に入っている先輩に聞きたいけど、なんか今忙しそうだなー」なんて気を使うこともしばしば。 しかしながら、保育士として新人で入って、しかも子育ての経験もないとなれば、頼みの綱はやはり研修や先輩方々からのアドバイスに他なりません。 そこで、大切にしたいのは何かわからない時に誰に相談したり質問したりしたらいいのかを明確にしておくことです。 質問しやすい雰囲気作りも大事ですが、日々の業務に追われている保育士さんたちは、質問に答える余裕がないときもあります。 相談窓口を1箇所作っておくことで、新人さんが何かあったらあの先生に相談しようと思えると、新人の保育士が一人で抱え込むこともなくのびのびと仕事ができるのではないのでしょうか。 せっかく保育士の道を選んでこの業界に入ってきてくれた貴重な人材ですので、しっかりと育てて長く仕事してもらえれば嬉しいですよね。 保育園の経営改善アイデアその4:壁面制作 保育士の業務の一つに壁面制作があります。 季節ごとや、誕生日会のイベントごとに壁面を可愛く装飾するのですが、その制作時間が結構かかるのです。 何かを作るのが得意な先生はいいのかもしれませんが、手先の器用な先生ばかりではないと思います。 色画用紙や折り紙を巧みに使い可愛く作るのは、センスも必要ですしなかなか難しい作業になります。 業務中は子どもたちもいるので、思うように作業できないため、材料を持ち帰り家で作ってくる保育士の方も多いのではないのでしょうか。 私が提案するのは、この壁面制作も思い切って外注にしてしまうという案です。 世の中には驚くほど手先が器用な人がいて、しかも、コロナウィルスが蔓延している昨今、家の中で仕事をしたいと思っている人も多いはずです。 そんな人を少人数雇い、壁面専門のスタッフとして毎月壁面制作をお願いすれば、保育士の仕事が削減でき、保育士はその他の業務に専念できるのではないかと思います。 保育園の経営改善アイデアその5:保育指導案の雛形を作る 保育指導案は年間指導案から月間指導案、ひいては1日の指導案などたくさんあります。 保育士の先生は、年から年中指導案を考えなければなりません。 そこで、年間指導案の雛形を作っておいて、何か変更があればその都度付け加えたり、変更したりすれば少しでも業務が減るのではないかと思います。 その先生の個性が出せるところではあるので、一概にイベントなど毎年同じことをすれば良い訳ではありませんが、ある程度の流れが決まっていればそこに少しずつ自分らしい保育を付け足していけば良いので、保育指導案の雛形を作っておくのは業務効率化には有効だと思います。 保育園の経営改善アイデアその6:「報・連・相」の徹底 社会人としてとても大事な「報告・連絡・相談」。 仕事を円滑にかつ合理的に遂行するためにとても大切です。 ただ、この保育業界は報告・連絡・相談ができない人が多い気がします。 保育園は人と密接に関わりあう仕事なため、意外と保育士どうしの関わりがうまくいってないなと感じることが多いのです。 これは3の教育体制にも関わってくるところですが、結局のところ報告、連絡、相談しやすい雰囲気作りが鍵になってくると思います。 そこで私が声を大にして言いたいのは「ホウレンソウのおひたし」です。 ホウレンソウは、報告・連絡・相談のことですが、それに「おひたし」を付け加えることで劇的に仕事環境が良くなり、最終的には様々なコストカットに繋がると思います。 「おひたし」とは、お=怒らない、ひ=否定しない、た=助ける(困りごとがあれば)、し=指示する、です。 「怒らない」といっても、ルールを無視したり、危険が伴う場合は程度に合わせて怒るのも必要だと思います。 しかし、怒るだけで終わるのではなく、大切なのは次の対策を考えてきちんと指示を出すことという点です。 やはり、何か問題が起き報告するとなると、先輩に怒られるのではなかろうかという恐怖心が付きまとい、なかなかすぐには報告できない人も多いはずです。 早めの報告が自体を悪化させない1番の得策だと頭で理解していても、素早く実行できないのが現実なんです。 この悪循環が業務を圧迫してしまう可能性があります。 業務を円滑に進める上では、この「報連相」に合わせて「おひたし」も大切にすることで、スムーズな保育業務に繋がっていくと思います。 保育園の経営改善アイデアその7:マネジメント 保育士の人は、「子どもが好きで保育士になった」「保育だけできれば幸せ」という理由で保育士になった人がほとんどではないでしょうか。 これらは、保育士になるための理由としては100点満点の理由かと思います。 私は、保育士は保育園という組織のなかで仕事をする以上、組織のなかの一員として意識を高く持って日々仕事をする必要があると考えます。 保育士としての「スキル」をこれまでの経験とともに学んだ上で、そこでもう十分学びを得たと満足する保育士が多くいるのは残念な点です。 そこで、保育現場からさらに俯瞰的な視点で、園全体を見渡せるようなマネジメントスキルを身に着けることができれば、保育業界はもっともっとよくなると思います。 そもそも、マネジメントとは、組織における目標や目的を明確に定め、必要な要素を的確に分析し、それらを達成するために手段や管理を行うこと指します。 保育士として「個」で仕事をするのではなく、縦や横の繋がりをフル活用し、「組織」として、保育園全体で問題を解決したり、計画を立案、実行していく力が望まれると思います。 最後に — 保育士として思うこと 保育士は日々様々な仕事に追われながらも、子どもたちの笑顔と成長を見守るとても素晴らしい仕事だと思います。 人との関わりが強い業種な分、業務の効率化が難しいと感じることもあります。 しかし、今はいろんなツールが増え、前からのやり方にこだわらず新しいやり方を模索すれば、もっと削減できる業務はあると確信しています。 保育士として保育をする上で、子どもたちの成長を見守ることや、子どもたちの笑顔を守ること、保護者との関わりは、どうしても削減ができない業務だと思います。 この大切な業務を他の業務で圧迫されないように、そして保育業界の労働環境改善のために、業務効率化を保育業界全体で進めていって欲しいなと願います。 まとめ — 編集部より いかがでしたか? 本記事では、銀行員の経験を経て保育士になった女性に、「保育園の経営改善・コストカット」について、まとめていただきました。 削減できる部分・効率化できる部分を見つけて業務を短縮することで、時間に余裕が生まれれば、子どもたちと接する時間も多くとれます。 保育士の方も、そして保育士を目指す方も、効率的に業務を行うことでよりよい保育環境が提供できるよう、ぜひがんばってみてください。 本記事は、2020年6月5日時点調査または公開された情報です。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

次の

保育士の資格が活かせる保育園以外の仕事の種類と就職先|求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】

インターナショナル 保育 士 資格

保育士の履歴書の「志望動機」の書き方 保育士さんの志望動機とは? 保育士さんが就活を行う際に 履歴書を描く時に一番困るのが 「志望動機」の書き方ではないで しょうか?? 保育士さんって待遇の悪さや 人間関係の拗れから離職する方が かなり多いからです。 前の職場は、 保護者との人間関係で悩み 逃げるように辞めたから、 「なるべく知り合いのいない 自宅から遠い保育園を選んだ。。 」 なーんて、ホンネは書けませんよね?? てか、書いてはいけません!! 履歴書の持つ役割は、 真実を伝える事ではなく あなたの魅力を伝える事です。 これまで私は保育士として、 常に子どもや保護者の気持ちに 寄り添う事を心掛けてきました。 私自身、子育てをしながら 仕事を続けてきた経験から 共働き世帯の大変さを身をもって 感じてきました。 そのため、 子どもや保護者が置かれた それぞれの環境等に配慮して きめ細かいサポートを心掛けて きました。 しかし、規模が大きな園では なかなかひとりひとりにじっくり 向き合う時間が持てないと 感じていました。 そんな時、貴園の保育理念を知り、 「一人ひとりの違いを認め大切にする」 のという考え方に強く惹かれました。 これまでの保育の現場での経験を、 ぜひ貴園で生かしたいと考え 志望させていただきました。 そこには、 事業所内保育所が併設されており 従業員のお子さんたちが 毎日楽しそうに通っていました。 お昼休み中や就業後に そういった子どもたちと接する中で、 保育の仕事に魅力を感じるように なりました。 そこで、 そちらの事業内保育所の保育補助の お仕事を手伝わせていただく事となり 4年間働かせていただきました。 補助とはいえ、 小規模園での業務だったので 様々な経験をさせていただき ますます保育のお仕事に魅力を 感じました。 その間、 保育の仕事を今後も続けたいと考え 試験を受験して保育士の資格を取得 しました。 貴園は、私が勤務経験のある 小規模保育所とは規模は全く違いますが アットホームで暖かい雰囲気は 共通する部分も多く魅力的に感じました。 貴園のような園で 長く保育士として働きたいと考え 志望させていただきました。 大人になったら、 小さい子どものお世話ができる 保育士になりたいと自然に思い 保育の学校に入りました。 しかし、 いざ学校に入ってみると保育の勉強や 実習は考えていた以上に奥が深く 難しいものでした。 保育の現場では教科書通りの答えはなく、 その場状況を把握して常に適切な判断を してゆかなければなりません。 小さい頃にお世話していた時の様に 楽しければ良いというのは通用せず、 子どもの欲求や発達に合わせて適切に サポートしてゆくことが必要になります。 「この対応で良かったんだろうか?」 「もっと良いやり方はなかっただろうか?」 といつも頭を悩ませていた時に、 学校の恩師が… 「保育には絶対的な正解はないけれど、 常に正解を求める姿勢が大切です」 という言葉をかけてくださり、 深い感銘を受けました。 そして、その恩師の勧めで 貴園を志望させていただきました。 貴園は、 健常児だけではなく積極的に障害児の 保育を受け入れ、施設だけでなく 子どもの心のバリアフリーに 長年取り組まれるなど社会に 大きく貢献されてきた園だと 紹介を受けました。 私もそういった活動に加わって、 社会に貢献できる保育士に なりたいと思い貴園を志望しました。 もう履歴書の書き方で迷わない方法とは? 保育士さんの志望動機の書き方 ポイント! 最初にお伝えした 「嘘も方便」とは 矛盾すると感じるかもしれませんが・・・ 履歴書だからといって マニュアル通りのきれいごとを 書きすぎるのもよくありません。 このあと、 紙に手書きで履歴書書くのって けっこう大変なんですよね?? 私は母から、 履歴書などの重要書類は 跡が残るから鉛筆でも下書きしては いけないって教わりました。。。 (でも、下書きってしますよね?) 下書きしたって、 きれいな文字で一字も間違えず 書くなんて無理!! そんな風に悩んでいた時に、 「履歴書」の自動作成ツールを 発見しました!! 無料登録するとプロフィールから、 印刷して使える履歴書を自動作成 してくれます。

次の

保育士の求人・転職一覧 |【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職サイト

インターナショナル 保育 士 資格

年々高まる保育士の英語の資格やスキルの必要性 社会のグローバル化や、小学生の英語必修化によって、英語の必要性を今まで以上に感じている人が多くなっています。 保育士の資格を持っている、または勉強している人にとっても、英語の資格やスキルを身に着けることで、保育士として働く場や人生のキャリアの選択肢を広げたいと考えている人が増えています。 実際、保育の場に英語が必要とされる場は増加しているのです。 教育の国際化によって英語学習がより低年齢化に 小学生の英語必修化に伴い、より早い段階の保育の場に英語と慣れ親しむ環境を求める保護者が増えています。 それに伴い、英語教育を取り入れる保育園・幼稚園は増加しつつあり、児童英語講師のニーズだけでなく、ネイティブ講師と子ども・保護者の仲介をするバイリンガル保育士の需要が高まっています。 外国人の保護者・子どもが増えている 海外からの外国人移住者は急増しており、外国人の居住者が非常に多い地域もあります。 そういった場所では、インターナショナルスクールだけでなく通常の保育施設でも日本語が不自由な外国人保護者が多いため、円滑なコミュニケーションをとるために英語力が求められる園もあります。 保育士の英語資格を生かした仕事・職場とは 保育士が英語資格やスキルを生かせる仕事や職場には、どのような場があるのでしょうか。 現在では ・英語保育を積極的に行なっている園 ・日本語の苦手な外国人保護者がいる園 ・外国人労働者が多い企業内保育施設 ・英語教育の専門施設(学習塾など) などが挙げられます。 インターナショナルスクールやプリスクールは一般的な保育士の給料とあまり変わりがありませんが、母体企業が外資系の園では業務面でキャリアアップしていくと、給料に大きな違いが出ることもあるようです。 プリスクール 日本人が日本にいながら、英語の教育に力を入れた環境で保育を受ける施設として誕生したのがプリスクールです。 現在では英語教育に力を入れている保育施設全般を指すことが多いです。 求められる英語力は園の性質や職種によってさまざまです。 インターナショナルスクール インターナショナルスクールは小学校以上というイメージが強いかもしれませんが、未就学児を対象としたものもあります。 英語が用いられる保育施設=インターナショナルスクールで、主に海外から日本にきた外国人の子ども(英語を母国語とする子ども)を受け入れていました。 ただし、現在はプリスクールと大きな違いはなくなってきています。 英語教育に力を入れている保育園・幼稚園 千葉県松戸市では自治体で英語の早期教育を進める取り組みをしており、市立の保育施設すべてでネイティブによる英語遊びを取り入れ、大きな話題になっています。 また、外国人居住者が多い浜松市でも英語教育に力を入れた保育施設が多いなど、各地域の都市部では、保育の場に英語教育を積極的に取り入れているところが増えています。 ベビーシッター・家庭教師 個々の家庭で保育や教育を行うベビーシッターや家庭教師では、英語のスキルを求められるケースが増えています。 一般的な派遣時給の相場と比較すると、高い時給であることが多く、副業や子育て中の短時間の仕事として選択する人も多いようです。 在日・訪日の外国人ファミリーの派遣ベビーシッターは、大都市や観光地を中心に高いニーズがあります。 また、日本の家庭向けに英語レッスンが可能なベビーシッター兼家庭教師の需要も高くなっています。 児童英語教師 幼児~12歳以下の児童を対象に、幼稚園や民間の英語スクールなどで子どもに英語を教える仕事です。 子ども向け学習塾・英会話教室を自宅で開くこともできるので、結婚・出産後の仕事として考えることも可能で、その前に民間のスクールでキャリアを積む人もおおいようです。 保育士の就職・転職に役立つ必要な英語の資格・スキル 海外留学経験 プリスクールやインターナショナルスクールでは、明るく円滑で積極的なコミュニケーション力が求められることが多く、海外留学やホームステイ・ワーキングホリデーなどの経験は強いアピールポイントです。 ネイティブなレベルまで話せなくても、日常会話に困らないぐらいの会話力があれば、働く場の選択肢は幅が広がります。 TOEIC・TOEFL・英検 英語力を客観的に証明する公的な資格です。 英語力を生かした職場で高いスキルを求める場合には、持っていることでより説得力が増します。 TOEIC 一般企業で働く社会人の英語基準に広く使われています。 試験の問題数も多く、英語に関する広い知識が求められ、スピーキングやライティングの実務能力を見る上で重要視されます。 TOEFL 日本国内の認知度は低いですが、リーディングやリスニングに点数配分が偏ることなく、総合的な英語力の証明になります。 英検 英検は広く認知されていているため国内の英語力の証明になり、これから英語を生かした進学・留学や海外の語学学校に通おうと考えている人にとっては有利な資格です。 保育英語検定 保育士の英語能力を証明するために2010年から始まった民間資格です。 他の英語検定にはない赤ちゃん言葉・幼児言葉に焦点を当てた試験内容になっており、幼児保育・幼児教育の現場に適した英語を学ぶことができます。 英検と同様に階級があり、保育士免許を持っている者が保育英語検定を取得すると、級に応じて『イングリッシュサポート保育士』や『イングリッシュエキスパート保育士』を取得できます。 J-SHINE 小学校英語の指導者を認定する資格です。 児童英語講師になるには特に資格を必要としないのですが、民間の子ども英語(児童英語)教室で講師として働きたい、プリスクール・インターナショナルスクールで保育士から講師にキャリアアップする際に、有利になる資格です。 保育士と英語資格取得を目指すための大学・専門学校の選び方 保育士に英語力・スキルの需要が高まる中、保育士を目指す上で大学・短大・専門学校の学部・学科を選ぶ上で、どのようなカリキュラムがあるのか重視する受験生は多いでしょう。 保育士の資格を取る際には、基本的に大学・短大の教育学部などにある保育・幼児教育学科で2~4年間学び単位を取得することで、国家試験免除で保育士資格を取得できます。 ですが、在学中により英語力を重視したい、海外留学経験を積みたいなどの理由から、外国語学部や外国語専門学校で学びながら、保育士の国家試験の勉強を独学で進める・または卒業後に編入する選択肢もあるのです。 保育士としての資格取得を目指せる学科 児童学科や保育・幼児教育学科などで、単位を取得することで国家試験を受けなくても保育士の資格取得が可能です。 現在では保育士に求められる英語スキルの高まりから、海外留学やホームステイのカリキュラムを必須にして、英語教育も並行して力を入れる大学・学科も増えています。 英語の資格・スキルを目指せる学部 外国文学、語学(外国語)、言語学学科で英語を専門的に学ぶことができます。 保育士資格を取得するための国家試験は2年以上在学し、62単位以上修得済みであれば受験資格があるため、並行して国家試験の勉強・対策を進めれば、在学中に保育士資格の取得も可能です。 専門学校の選び方 保育士の資格を卒業とともに取得できる保育専門学校で保育士資格を目指すのが一般的ですが、外国語専門学校にある「児童英語教育科」などで子どもに英語を教える知識やスキルを学び、卒業後大学や短大に編入して保育士資格を取得する、という進路もあります。 バイリンガル保育士を育成する講座を持ち、卒業後に保育士資格を取得できるコースを持つ保育専門学校・外国語専門学校なども中にはあります。 保育士と英語資格・スキルを持つことで働き方や人生の選択肢が大きく広がる これからの社会・教育において、保育士に英語力を求められるケースは確実に増えてきます。 保育士の資格と英語の資格・スキルを両方生かせる職場や仕事の職種は、より多くなっています。 それだけでなく、英語を使ってさまざまな国の人たちとコミュニケーションをとることによって、職場や働き方だけでなく人生のキャリアの選択肢が広がり、人生をより豊かにできるでしょう。 大学・短大・専門学校でも、両方学べるカリキュラムを用意した学科・コースが増えており、目標を持って勉強を進める上で、さまざまな道がより選びやすくなりつつあります。

次の