副 鼻腔 癌 症状。 鼻の腫瘍(はなのしゅよう)

副鼻腔腫瘍(鼻副鼻腔腫瘍)

副 鼻腔 癌 症状

鼻腔乳頭腫:• ポイント:• 鼻腔乳頭腫とは、外胚葉由来の繊毛呼吸上皮(Schneiderian膜)にて上皮が間質内に陥入し、増殖を来したものである。 臨床的特徴として、高い再発率と悪性転化の可能性が挙げられる。 再発率は約30%程度で、多くは術後2年以内に再発している。 悪性転化は10%前後とされ、扁平上皮癌に転化することが多い。 診断:• 鼻腔ファイバースコープでは、乳頭状に増殖した粘膜病変が分葉状に観察される。 多くは、易出血性である。 生検による病理組織検査にて確定診断となる。 鼻腔乳頭腫の鼻腔所見:• 治療:• 治療は、手術による完全切除が原則である。 手術のアプローチは、経鼻的な鼻腔アプローチと外切開を行う鼻外アプローチに分類される。

次の

副鼻腔腫瘍(ふくびくうしゅよう)とは

副 鼻腔 癌 症状

鼻の腫瘍はそれほど数は多くありませんが、副鼻腔にできる腫瘍は症状が出にくいため、注意が必要です。 鼻の腫瘍 悪性腫瘍(癌) 鼻の悪性腫瘍は、中年以降、特に60歳代によく見られます。 かつては多かった副鼻腔の上顎洞にできるがんは、現在では減少していますが、一方で上顎洞以外にできるがんや鼻腔に発生するがんが増えています。 良性腫瘍 「乳頭腫、血管腫、骨腫、繊維性骨異形成症」などがあります。 症状 歯が痛い、目が出っ張る、鼻汁に血が混じる、片側の鼻づまりなどが主な症状です。 鼻腔の癌では「片側の鼻づまり」や「鼻出血」などの症状を伴います。 副鼻腔にできる癌には、初期症状がほとんど無いため、癌の発見がどうしても遅れてしまいます。 特に「片側の鼻が詰まる」、「鼻汁に血が混じる」という症状は、の癌の警報として現れる場合があるので、必ず耳鼻科を受診してください。 治療 抗がん剤による化学療法、放射線療法、手術を組み合わせた「三者併用療法」が行われます。 まず、化学療法と、放射線療法で腫瘍を小さくしてから、手術をするのが基本です。 その結果、切除範囲が小さくてすみ、顔の形や機能をかなり残せるようになっています。 がんが小さい場合は、手術をせずに、化学療法と放射線療法だけで治せるケースもあります。 LINK•

次の

2.鼻腔・副鼻腔がんの治療について|がんの先進医療|蕗書房

副 鼻腔 癌 症状

【 副鼻腔がんはどんな病気?】 副鼻腔がんとは、その名のとおり副鼻腔の中に発生するがんのことです。 この場所にがんが発生すると、においを感じにくくなったり、副鼻腔の中に膿がたまったりして蓄膿症のような症状が発生したりすることがあります。 このような場合には、独特の悪臭が感じられる場合があります。 鼻の奥に位置するがんですから、外科的な治療が困難な場合があります。 【 副鼻腔がんの症状】 副鼻腔がんは、初期では目立った症状が見られないことが特徴ですが、進行してくると鼻づまりや鼻水、そして鼻血が見られることがあります。 特ににおいのきつい鼻水が見られることがあります。 これは蓄膿症と似ているために発見が遅れる危険もあります。 しかし、がんの場合は片方の鼻にのみ異常が見られます。 かなり進行すると、眼、歯、あごなどの骨に異常を与えるため、顔貌も変わってきます。 【 副鼻腔がんの原因】 副鼻腔がんを発症する原因は、はっきりとはわかっていません。 しかし、慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症にかかっていた人は発症のリスクが高いとみられています。 慢性副鼻腔炎により長期にわたって鼻の粘膜に炎症が起こっていた場合、そこからがんになる可能性が高いです。 また、金属などの粉塵を吸い込むことやヒトパピローマウイルスの影響で発症するとも最近では言われています。 【 副鼻腔がんの検査と診断】 副鼻腔がんの検査方法は鼻腔、顔面、頸部を長い柄のついた医療用の鏡で鼻の内部を観察し、診察します。 また視診や触診で顔面やリンパ節にしこりや腫れがないかを調べます。 次にX線検査をします。 そして鼻腔鏡検査を行います。 鼻腔鏡検査や生検はがんの兆候や確定を調べるために重要な検査になります。 検査法は鼻腔鏡を鼻の中に挿入し細胞や組織の一部を採取し、顕微鏡で調べます。 【 副鼻腔がんの治療方法】 副鼻腔がんにはいくつかの治療法があります。 外科療法、化学療法、放射線諜報などがありますが、確実なものには外科療法を行います。 しかし、顔面には重要な神経や臓器がたくさんあるためこれらを傷つけないことが重要です。 一般的な治療は放射線治療で、効果があるとがんが消えることもあります。 進行具合によって眼球なども摘出する恐れがありますので、患者の心のケアも必要です。

次の