四国 カルスト ライブ カメラ。 高知県のライブカメラ:ライブ天国

日本三大カルストのひとつ四国カルスト「天狗高原」の情報/高知県津野町

四国 カルスト ライブ カメラ

高知県内ライブカメラ一覧• 人口約75万人。 観光地としては「四万十川」、「室戸岬」、「足摺岬」、「龍河洞」、「四国カルスト」、「高知城」、「坂本龍馬記念館」、「黒潮本陣」などが有名で、年間500万人の観光客が訪れます。 漁業と野菜の生産が盛んで、土佐の「ソウダガツオ」や「なす」、「ピーマン」、「トマト」が有名です。 郷土料理には や があります。 高知と坂本龍馬 高知といえば誰もが「坂本龍馬」を思い浮かべますが、龍馬をはじめ幕末に活躍した中岡慎太郎や武市半平太もNHK大河ドラマ「龍馬伝」で馴染みが深い人物です。 高知市の「桂浜」には坂本龍馬記念館があり、海を見据える龍馬の銅像があり、高知県の代表的観光地となっています。 高知城と山内一豊 「高知城」は徳川家康から関ヶ原の戦いの恩賞として土佐一国を与えられた「山内一豊」が1603年に築城しました。 以後、江戸時代の大火で焼失しましたが、度重なる修理・再建工事を経て残存しています。 1749年に天守が再建されましたが、現在の天守は当時のもので250年以上の歴史建築物です。 天守からは高知市街が一望でき、戦国時代の殿様の気持ちがわかるような気分になります。 空海が修行した室戸岬 「室戸岬」は弘法大師が若き頃修行した場所として知られ、後に「空海」と名乗る大師は御厨人窟(みくろど)と呼ばれる海岸近くの洞窟で修行をしたといわれています。 岬には高さ21mにも及ぶ室戸青年大師像が建てられ、青年時代の空海が室戸岬を眺めている様子が窺えます。 足摺岬 「足摺岬」は土佐清水市の高知県最南端の岬で、黒潮が日本で一番早く押し寄せるといわれています。 幕末の政治に多大な影響を与えたジョン万次郎の銅像や資料館、白山洞門、金剛福寺など観光名所がります。 高さ80mの断崖があり小説「足摺岬」でも有名になりましたが、小説の影響で少なからずマイナスイメージもあります。 吉野川 「吉野川」は高知県北部の標高1,336mの不入山(いらずやま)を源流とする四国最長の河川です。 総長194kmの吉野川を上回る196kmの一級河川です。 昭和60年に名水百選、平成20年に平成の名水百選に選ばれ、現在もその美しさを残す日本最後の清流といわれています。 おかげで四万十川の源流となる不入山は自然が保護され、四万十の美しい清流が生み出されています。 四万十川流域も環境保護の為のさまざまな取り組みや努力がなされており、日本最後の清流としての地位を守り続けています。

次の

四国カルスト公園縦断線を走る 天空の道へのアクセス・所要時間を現地レポ

四国 カルスト ライブ カメラ

以前四国観光のリサーチをしていた時に「四国カルスト」という気になる場所がありました。 カルスト地形という言葉を授業でならった記憶があったので気になって色々調べたのです。 カルスト大地には高原道路が通っており、最高の景色を堪能できるドライブコースがあるとの事。 そんなすばらしいドライブコースがあるなら走らないわけにはいかないぞと、ドライブ好きのはなはなは行きたい衝動にかられてしまったのです。 この記事ではその全貌をお伝えしたいと思いますので、一回行ってみたいと思っていた人はちょっとのぞいて参考にしてみて下さい。 気になっていた人は行きたくなること間違いなしですので要注意ですよ。 例によりアクセス、駐車場情報、観光案内、混雑状況など撮って来た写真でシェアします。 皆さまの旅に少しでもお役に立てれば幸いです。 Contents• 四国カルストとは? 昔、地理の授業で習った記憶のある「カルスト地形」ってなんだたっけ?という事で軽くおさらいをします。 カルストというのは、数億年前はサンゴ礁の海だった地形が隆起して石灰岩などの水に溶解しやすい岩石が、雨水、地表水、土壌水、地下水などの浸食作用で出来た地形です。 石灰岩が地表に露出し点在する地形で知られていますが、鍾乳洞などの地下地形もカルストと言います。 日本にはカルスト地形が各所にあるのですが、その中でも規模の大きいものが日本三大カルストと呼ばれています。 秋吉台(山口県美祢市)• 四国カルスト(愛媛・高知県境)• 平尾台(福岡県北九州市) 秋吉台・平尾台には鍾乳洞があるので、カルスト大地だけでなく鍾乳洞の中も入れ観光の幅も広がります。 四国カルストは、愛媛県と高知県との県境にあり標高は約1200~1400m・東西の幅は約25kmのカルスト台地で、三大カルストでは圧倒的に標高が高いのが特徴です。 鍾乳洞もありますが観光用には整備されていないので、主に日本百名道に選ばれている高原道路(四国カルスト公園縦断線)のドライブ・ツーリングがメインになります。 カルスト台地は水はけが良いため樹木が育たず、多くが草原であるため乳牛の放牧地になっています。 四国カルストの夏場には牛が草を食む牧歌的なのどかな風景が随所で見られるのが特徴です。 県道383号はカルスト台地を東西に横断する道路で「四国カルスト公園縦断線」と呼ばれ、日本百名道にも選定されています。 360度のパノラマ風景や四季折々の絶景が楽しめるとあって、四国を代表するドライブ・ツーリングコースとなっています。 東から天狗高原・五段高原・鶴姫平・大野ヶ原と尾根を貫く天空の道は走った者にしかわからない感動を与えてくれるでしょう。 愛媛県では1964年(昭和39年)3月21日に四国カルスト県立自然公園として指定されています。 四国カルストのアクセス 四国カルストは所々に観光スポットや宿泊施設、またスキー場もありますが施設を利用してもしなくてもドライブコースとして回ることが出来ます。 標高が高いので冬季は積雪で通行止めになり(スキー場までは行けます)、観光客は春~秋にかけてで夏が1番多いのです。 車でカルスト台地に行くにしても基本的には以下の4通りのルートになりますので、四国カルストの前後で愛媛県・高知県のどちらの観光をするかで決めればいいでしょう。 愛媛県からアタックして愛媛県に戻る• 愛媛県からアタックして高知県に抜ける• 高知県からアタックして愛媛県に抜ける• 高知県からアタックして高知県に戻る どの行き方を選択するにしろ国道・県道といえど道はくねくね、中にはすれ違うにも苦労しそうな道もある事は覚悟しましょう。 今回はなはなは高知県須崎市から愛媛県松山市のルートで四国カルストを通り抜けましたが、四国の地図を見て頂ければわかるように四国の南側にある高知市・土佐市・須崎市辺りから松山市に行くには道が限られています。 東側ルート:高知自動車道から松山自動車道で松山に入る• 西側ルート:一般道で四万十市・宇和島市を抜け松山に入る• 中央ルート:一般道で四国カルストを通り松山に抜ける 上記3ルートで1番は松山に行くなら最も速いのですが今回はなはなが来た道を戻るのみなので却下。 2番は四国の西側海岸線を回るルートで距離も長く時間もかかるので日程的に余裕があれば走りたい。 3番は中央突破の山道で1番走りにくい道なのですが、四国カルストに行きたい人はこの道しかありません。 四国カルストへ行く前にする事 四国カルストの観光情報 天狗荘 満点の星を楽しめる宿泊施設ですが、温泉・飲食も手頃な値段で楽しめます。 無料駐車場完備で、昼食やトイレ休憩でたちよるのもいい。 冬季はすぐ下に天狗高原スキー場があるので要チェック。 車で通り抜けるだけではもったいないので、展望台に車を停めて記念写真を忘れずに撮っておこう。 道沿いの絶景の撮影スポットに駐車スペースがところどころ用意されているのでありがたい。 姫鶴荘 四国カラスト中央部に広がる鶴姫平にある姫鶴荘・姫鶴コテージ・姫鶴キャンプ場。 夏場の避暑地・大自然を満喫できるスポットになっています。 もちろん無料駐車場完備でお食事・休憩・お土産・トイレ休憩でも立ち寄りOK。 ショップ・ポニー牧場併設で、道路の反対側に公衆トイレがあるので助かります。 名物とろとろチーズケーキ目当てに来る人も多いので1人1個限定になってます。 (降雪量により前後します) その他 公式HP: 道の駅 みかわ 四国カラストを南北に貫く国道440号線の愛媛側にある道の駅で、地元産の食材を使った定食や特産品の販売もしています。 付近にコンビニ等ないので、四国カルストの行き帰りのトイレ休憩・飲み物補給の場所としても重宝する。 愛媛側から四国カルストに行く人はここから先は現地まで山道なのでトイレ等で立ち寄っておくといいでしょう。 高知側から来たはなはなはここで遅めのお昼をとりました。 5車線の山道 高知県側から国道197号線を走っていくと見えてくる山の尾根に並ぶ風車。 確かに南国高知は風の通りが良いようで風力発電は効率が良さそうです。 尾根の風車群は地図によると「風の里公園」となっているので面白そうなスポットではありますが観光時間の関係でスルーします。 ウインタースポーツをする人なら山道は慣れていると思われますが、おそらく初めての人はびっくりするかも知れない山道をひたすら登ります。 今日は天気に恵まれて絶好のドライブ日和なのでこんな山道もへっちゃらなんですが、雨とか霧の日はちょっときつと思われます。 それに天候が悪いと四国カラスト公園縦断線にだたどり着いても絶景は望めないので萎えますよね。 ここで県道383号「四国カルスト公園縦断道」はどこから走るのがいいのか?という悩みを持つ人もいるかもしれませんが、出発点やここまで来る道によっては真ん中辺りにでてしまう事もあります。 ですのでどの方角から来ても一通り走ってみることをおすすめしますが、東端は天狗荘、西端は大野ヶ原だと思えばいいでしょう。 天狗高原は高山植物が生息 東端の天狗荘から天狗高原スキー場を超えどんどん西へ向かって走らせると天狗高原になります。 高山植物が多く生息する場所で6月上旬~7月下旬に見頃を迎える。 道路沿いに駐車場が作ってあるので車を停めて展望台へ。 谷から吹き上がってくる風が強いので帽子を飛ばされないように注意しましょう。 断崖絶壁に見えますがここは火曜サスペンス劇場には出てきません 白い岩がごろごろ転がっているのではなく、地肌が見えているのです。 石灰岩の台地なので植物を取り除けば真っ白な大地になるのでしょう。 最も標高の高い五段高原 天狗高原と五段高原の明確な境はわかりませんが、四国カルスト公園縦断線で1番高い所が五段高原です。 標高1400mオーバーの路肩に停めて記念撮影。 ここは五段高原で1番の撮影スポットなのですが、路肩には2台分の駐車スペースしか無いのは残念です。 谷側は断崖絶壁ではなく奇岩の斜面になっているので、転がり落ちるような場所ではありません。 姫鶴平(めづるだいら)は牧草地 五段高原の頂上から見えるなだらかな緩斜面に作られた牧草地帯。 姫鶴荘の駐車場にある看板は記念撮影スポットになっています。 宿泊施設・キャンプ場・バーベキューなどが楽しめる四国カルストの中心的場所でもあります。 姫鶴平は天空の尾根を走る県道383号と風力発電の風車が2基。 日本とは思えない風景が広がります。 高所のため夏でも気温20度という避暑地になっている四国カルストは、はなはなが訪れた3月下旬は天気が良くても吹く風が冷たく長袖2枚でも寒いくらいでした。 3月に訪れる人は冬用の上着を一枚持っていくといいですよ。 水はけが良いカルスト台地は樹木が育たず天空の草原なのです。 放牧されてた酪農牛のの群れがいるのでそこまで歩いていくこともできます。 姫鶴荘ではここで取れた牛乳を使ったソフトクリームが人気なので立ち寄ってみましょう。 景色が一変する大野ヶ原 姫鶴平から西へなだらかに県道383号を下っていくと、四国カルスト公園縦断線の始点終点にあたる大野ヶ原に出ます。 広大な酪農地帯で秋にはススキが一面に広がり圧巻の風景。 ポニー牧場でアルプスの少女ハイジ? カフェ「もみの木」の隣に広がるポニー牧場。 入口に100円を入れる箱が置いてあるので、忘れないように入れましょう。 小動物が放し飼いになっていたり、うさぎ小屋があったりで四国カルストの山道に疲れた子供達は大喜び。 ポニーといえど大人より大きいので近づいて触るにはちょっとビビったりします。 「メ~よく来てくれたメ~」となかなか人馴れしたヤギさんです。 四国カルストは東西25kmにわたる大地なのですが、できれば今回紹介した天狗荘からもみの木までの県道383号「四国カルスト公園縦断線」約16. 2kmを走ってみることをおすすめします。 中には物足りなくて2往復したなんて人もいらっしゃるようですが、その辺りは観光スケジュールとご相談ですね。 普通に走るだけなら約30分ですが、この記事の各スポットで停まって観光・記念撮影などすれば1~2時間は欲しい所です。 実際には「四国カルスト公園縦断線」まで行く山道の方が時間がかかり大変だったりしますので、全てが四国カルストドライブコースと言っても良いかも知れませんね。 四国カルスト観光の時系列 四国カルストの見どころを紹介しましたが、実際行ってみようとする人にとってはどのくらい観光時間がかかるがわからないと思います。 天狗荘や、姫鶴荘に泊まる予定ならゆっくり出発してもいいのですが、高知から愛媛に抜ける場合やその逆などは結構時間がかかるので早めの出発が望ましいです。 今回はなはなは前日に高知市内で夕食後、明日に備えて須崎市に移動して泊になりました。 8:40 須崎市内のホテルを出発• 9:50 天狗荘• 10:10 天狗高原• 10:25 五段高原• 10:40 姫鶴荘• 11:25 もみの木・ポニー牧場• 13:00 道の駅 みかわ• 15:00 松山市内のホテルにチェックイン いかがですか?観光時間や昼ごはん・移動時間も含めて6時間以上かかってますね。 この後、この時間から松山で坊っちゃん電車に乗って松山城に行ってきましたのでその様子もご覧ください。 関連記事 「」.

次の

四国カルスト公園縦断線を走る 天空の道へのアクセス・所要時間を現地レポ

四国 カルスト ライブ カメラ

<松山方面から> 松山方面からは国道33号を高知方面へ向かい、柳谷の落出から「柳谷大橋」の巨大ループ橋で国道440号へ。 地芳峠から「四国カルスト縦断線」に入る。 (JR松山駅より所要時間:約1時間40分) <内子方面から> 内子方面からは国道197号から県道36号(野村柳谷)経由で大野ヶ原へ入るのが最短ルート。 ただし、県道36号道幅が狭い山道のため運転が難しい。 国道197号を日吉・檮原(ゆすはら)方面に進み、東津野城川林道(西線)経由で大野ヶ原へ向かうルートの方が運転がしやすい。 (所要時間:松山自動車道 内子・五十崎ICより約2時間25分) <宇和島方面から> 宇和島方面からは国道320号を西へ。 日吉から国道197号をそのまま進み、高研山トンネル脇から東津野城川林道(西線)経由で大野ヶ原へ向かうルートが便利。 東津野城川林道(西線)は国道並みに整備されているため快適なドライブが楽しめる。 (所要時間:JR宇和島駅より 約2時間30分) <高知方面から> 高知方面からは高知自動車道 須崎東ICを下りて、国道197号を西に進み高野から県道48号へ続く東津野城川林道(東線)を通って天狗高原へのルートがメインのアクセスルートとなっている。 (所要時間:高知自動車道 須崎東ICより 約2時間15分).

次の