授乳中 湿布 ロキソプロフェン。 ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の授乳中への移行性について

授乳中の湿布は母乳に影響する?授乳中の腱鞘炎・腰痛・肩こり対策

授乳中 湿布 ロキソプロフェン

授乳婦とモーラステープについて 産後の腰痛のために、痛み止めの湿布剤やテープ剤が処方されることがあります。 国内での使用量が多いモーラステープについて、貼付後の乳汁中への移行性および乳児に対する安全性についてしらべてみました。 有益性が危険性を上回る場合に使用する よく目にする内容が記載されています。 しかし、モーラステープの成分であるケトプロフェンを服用または静脈注射した時のデータをLACTMEDで確認することができました。 完全授乳児の場合、上記の仮定では1日でケトプロフェンを8. 母親のケトプロフェン投与は1日で2. 31%)を乳児が経口摂取したことになります。 このデータにはケトプロフェンを0. 31%濃度で摂取した乳児の体調に関しての記載はありません。 次に、フランスの報告によると授乳婦がケトプロフェンを服用した場合、174例中8例の乳児で有害反応が確認されたという報告があります。 このためケトプロフェン製剤の内服や注射に関しては、母乳中への移行性は低いものの、副作用報告があるため、新生児や低出生体重児の場合は、他剤の方が好ましいという解釈がLACTMEDによりなされています。 以上のことからわかることは投与量は不明ですが母親が内服または注射をすると乳児4~5%という率で乳児に有害反応が現れる可能性があるということです。 ここまではケトプロフェン製剤の内服や注射剤の話です。 今回のテーマは「授乳婦とテープ剤」ですので、テープ剤を使用したときのケトプロフェン製剤の体への蓄積、乳汁中への移行について、上記データをもとに推測してみます。 内服または注射量から換算したモーラステープの母乳中への移行量 日本国内ではケトプロフェン製剤の内服薬はありませんが、下部消化管からの吸収経路の薬では坐剤がありますので坐剤を使用した場合を例に考察してみます。 ケトプロフェンの注射剤にはケトプロフェン筋中50mgという製剤が国内にあります。 最大使用量は適宜増減を含めて1日200mgまでです。 内服または坐剤のAUCと比較すると、モーラステープ20mgまたはモーラステープL40mgを1枚背中に貼ると24時間で、ケトプロフェン坐剤や点滴を最大使用したときの5~10%程度が体に入ることがわかります。 憶測の領域は超えませんが、最初に記載した海外での使用データと間接的に比較しますと、モーラステープL40mgを24時間貼付すると、ケトプロフェンを最大量静脈投与または坐剤から投与した場合の約10%程度が血液中に入る計算となるものと示唆されました。 モーラステープを1枚貼付した際に、母乳を介して乳児がケトプロフェンを摂取する具体的な量はわかりません。 上記のことを踏まえると、おそらく測定限界以下となるでしょう。 海外のデータでは母体静脈注射後の乳児の摂取量が対母親摂取比で0. 31%とされていましたので、テープ剤の場合は、その10分の1程度または、それ以下(0. 031%以下)となり計測限界を下回ることが示唆されます。 記載したデータはすべて想定と仮定をもとにしており、添付文書に記された数値を並べているだけです。 あくまでも憶測ですが、私の個人的なまとめを記します。 さらに上記しました血液中のモーラステープ成分が母乳に移行する量を踏まえますと 「授乳中なんですがモーラステープL40mgを1枚腰に貼ってもいい?」 と質問を受けた場合は 「母乳中には、ごく微量しか薬の成分が含まれませんので、乳児に血液関係の病気(血小板減少症など)がないのであれば、差し支えありません」 とお伝えします。 (モーラステープL40mg4枚のAUC量は内服薬に匹敵する血中濃度を示すため、小児への有害事象の可能性がゼロではないと考えるためです。

次の

妊婦・授乳婦へのロキソニン投与について

授乳中 湿布 ロキソプロフェン

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の授乳中への移行性について 授乳婦の解熱鎮痛剤としてはカロナールが処方されることが多い印象があるのですが、ときおりロキソニン錠が処方されることを目にします。 ロキソニン錠の授乳中への移行性を確認するためにLACTMEDを検索してみましたが、なにもヒットしませんでした。 ロキソニン錠は日本国内で圧倒的な知名度を有していますが、海外での使用量は非常に低いため授乳中への移行性に関するデータサンプルがない薬であることがわかりました。 類似薬と言っていいかどうかはわかりませんが、同じプロピオン酸系で5歳以上の小児への適応を有しているブルフェン錠(イブプロフェン)は海外ではおなじみの解熱鎮痛剤であり、母乳への移行性が低い薬であるため授乳婦への投与として好ましい選択であるという記載があります。 国内でのロキソニン錠と授乳婦に関する報告を検索したところ、授乳婦4名(28~33歳)へロキソニン錠が投与されたときの乳汁中への移行データを確認することができました。 その結果、母乳中へのロキソニン錠濃度は、服用後~5. 5時間後までにおいて検出限界(0. 一般にロキソニン錠は血中では血中タンパクと結合して存在しています(タンパク結合率97%)。 さらに血中タンパクと結合していない残り3%は分子型ではなくイオン型として存在していることが示唆されますので(pKa4. 2 、薬剤特性から見ても乳汁移行性は低い製剤であることが考察されます。 ロキソニン錠は体内で代謝された後、活性代謝物として作用する薬ですが、活性代謝物の血中濃度は未変化体よりも低いこと、さらに水溶性も高いことから乳汁中への移行性はさらに低下することが推測されています。 このため母乳を摂取している乳児におけるロキソニン服用量は、非常にすくない(最大に多く見積もっても成人が1錠飲む量の70分の1以下程度の摂取量、体重換算で考えると10分の1程度)ことが試算されています。 ここまでのデータだけを見ると、ロキソニン錠の授乳婦への投与は安全性は高い薬のように見えます。 しかし上記データサンプル数は4名と非常に低いことは重々踏まえなければなりません。 一般的に、乳児対するに適応がある薬(乳児への投与実績がある薬)は授乳婦も服用できるという認識でよいことに変わりありません(カロナールなど)。 そのつぎの段階として、乳児対するに適応がないものの、授乳婦が服用しても母乳中への移行性が低いために小児への影響が少ない薬(ブルフェンなど)が選択されるかと思います。 この量で試算した結果、母親がロキソニン60mgを1錠飲んだ時、1日700mLの母乳を飲む乳児の場合、1日で350㎍(マイクログラム)程度のロキソプロフェン(未変化体)を摂取することになります。 さらに、ラットにおける報告ですが、母親の血液中に含まれるロキソプロフェンの量と、乳汁中に含まれるロキソプロフェンの量が時系列で示されました。 母親がロキソプロフェン服用後15分後の母親血液中に含まれるロキソプロフェン濃度:2. もし気に方がいらっしゃれば「授乳後にロキソニンをのみましょう」「ロキソニンを飲んでから3時間後に授乳」といった目安をお伝えすることは有益な情報に感じます。

次の

ロキソニン湿布の4つの副作用とQ&A!効き目は24時間、頻度が多いと胃痛に?

授乳中 湿布 ロキソプロフェン

>何故でしょうか? そもそも ロキソニン自体が. 妊婦、産婦、授乳婦等への投与 (1)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性 が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 ] (2)妊娠末期の婦人には投与しないこと。 [動物実験 (ラット) で分娩遅延が報告されている。 ] (3)妊娠末期のラットに投与した実験で、胎児の動脈管収縮 が報告されている。 (4)授乳中の婦人に投与することを避け、やむをえず投与す る場合には授乳を中止させること。 [動物実験 (ラット) で 乳汁中への移行が報告されている。 ] 上記抜粋。 とされているから。 当然 市販薬は どの人が どんな状態で 薬を飲むかなど分からないので 市販薬なら 当然 服用しないようにと注意書きがあるでしょうね 処方薬なら 医師・歯科医の下 処方されるので条件が違いますし 直接 注意もされますし 薬剤情報ももらっているでしょう。 >市販のロキソニンは飲んだらやはり授乳しない方がいいでしょうか? 当然 服用は、注意書き等に従ってください 従えないなら 服用しないようにしましょう.

次の