マレー語 久しぶり。 「久しぶり」の敬語表現・久しぶりの使い方と例文・別の敬語表現

「久しぶり」の敬語表現・久しぶりの使い方と例文・別の敬語表現

マレー語 久しぶり

ただし、この文章を直訳すると「お互い長くあっていない」となります。 つまり、「久しぶり」というニュアンスはもっていますが、例えば、長い間連絡をしていない相手にメールを送る場面では使えません。 実際に会っていませんからね。 完全に日本語の「久しぶり」に当てはまるわけではないということです。 これは同時に、{マイダイジューガンナーン}には他にも様々な言い回しがあるということを意味します。 とりあえず、タイ語で「久しぶり」が知りたいという方は上記の表現を使っていきましょう。 ここからは、その他の「久しぶり」の表現を紹介していきます。 他の表現で「久しぶり」と言ってみよう それでは、その他の様々な表現を見ていきましょう。 フランクな「久しぶり」 {マイダイジューガンナーン}にフランクな意味合いがないというわけではないのですが、さらに簡単に表現することも可能です。 ただし、日本語であればラインの1行目にいきなり「久しぶり!」と入れることが可能ですが、 この文章を1文目に使うのは少々おかしいです。 あくまでタイ語では「久しぶり」というニュアンスを持っているだけなので、 そのニュアンスを引き出すための文章を入れた上で使うべきなのです。 この辺りは後から紹介させていただきます。 1つ目には{ルーイ}が、2つ目には{タン}が入っているだけです。 {ルーイ}にはいくつかの意味がありますが、この場合は単純に文章を強調させます。 詳しくは を参照ください。 {タン}も数多くの意味を持つ単語ですが、この場合は数量などを強調させる「~も」という意味になります。 カテゴリー• 157• 822•

次の

あいさつ

マレー語 久しぶり

日本語とマレー語の「お元気ですか」の違い 日本語で「お元気ですか」というあいさつは、毎日使うものではありません。 久しぶりに会った人に対してたまに使うことがあるくらいでしょうか。 ところが、ここマレーシアでは、日本よりも頻繁にお元気ですか?を使う場面があります。 それこそ、毎日会う職場の同僚に対しても、「お元気ですか?」と尋ね合う文化です。 この辺りは英語文化に似ているかもしれません。 おげんきですか? 日本語 マレー語 お元気ですか? Apa khabar? アパ カバー? 元気です Khabar baik. カバー バイッ どうですか? bagaimana? 会話例 A: Selamat pagi. (おはよう) B: Selamat pagi. (おはよう) A: Apa khabar? (元気?) B: Khabar baik. (元気です) B: Awak bagaimana? (あなたはどう?) A: Baik. (元気です) もうご飯食べた? ちなみに、華人の文化にあいさつの一環として「もうご飯食べた?」と聞く文化があります。 マレー語でもそれを受け継いでいる時があり、次のように表現します。 日本語 マレー語 元気ですか? (ご飯食べた?) Sudah makan? スダ マカン? 済みました。 Sudah. スダ まだです。 Belum. ぜひマレーシア人の友人や同僚との会話に使って見てくださいね。 異なる民族間で使う簡単なコミュニケーションを目的とする、いわゆる「バハサ・パサー」に近いマレー語表現を目指しています。 観光目的でこられる方、ちょっとしたマレー語を学んで現地の友人に喜んで欲しい方、銀行や買い物、レストランで簡単なマレー語を話せると助かる!という方に役立てていただけると幸いです。

次の

「久しぶり お久しぶりです」英語、ベトナム語、中国語、広東語でどういうの?

マレー語 久しぶり

「久方ぶり」とはどういう意味? 「久方ぶり」は意味よりも、読み方に自信がないという人が多いかもしれません。 「久方ぶり」の読み方とその意味から解説します。 「久方ぶり」は「久々」の類語、読み方は「ひさかたぶり」 「久方ぶり」は「ひさかたぶり」と読みます。 長い時間が経っていることを意味する言葉です。 「久」という漢字から分かるように、「久しぶり」や「久々」といった言葉の類語です。 「久し振り」と同様に、「久方振り」と書かれることもあります。 「久方ぶり」は敬語表現ではない 「久しぶり」に対して、「久方ぶり」という言葉はかしこまった印象を受けるかもしれませんが、厳密にいうと「久方ぶり」は敬語表現ではありません。 「久方ぶり」は、やや改まった丁寧な言い方ではありますが、敬語とは異なります。 そのため、敬語で接するべき相手に安易に使ってしまうと失礼に当たることがあります。 ビジネスシーンではNG?「久方ぶり」の使い方 「久方ぶり」という言葉は、しばらく会わなかった人に挨拶代わりに使うことのできる便利な表現です。 ただし、先述したように、使う相手によっては失礼に当たることもあるため、注意が必要です。 詳しい使い方を紹介します。 「久方ぶり」は「久しぶり」の代わりに使える 「久方ぶり」は、「久しぶり」という言葉の代わりにそのまま使うことができます。 挨拶として「久方ぶりです」という言い方も可能です。 他にも、「久方ぶりにお会いしましたね」や「久方ぶりに勉強会を開催します」「社長にお会いするのは久方ぶりです」というような使い方もできます。 「久方ぶり」の持つ意味そのものが単純なので、文章でも使いやすい表現です。 「久方ぶりでございます」とは言わない 「久しぶり」の代わりに使うことができますが、「久方ぶりでございます」という言い方はあまりしません。 誤りというわけではありませんが、丁寧な表現にさらに「ございます」を付けることで違和感が生じてしまいます。 また、「お久しぶりです」というように、丁寧の接頭辞「お」をつけて「お久方ぶりです」という言い方もありません。 挨拶として使う際は「久方ぶりです」とシンプルに使います。 ビジネスシーンでは相手によって使い分けを 「久方ぶり」という言葉は、やや丁寧な言い方で、ビジネスシーンで使うことも可能です。 ただし、敬語表現ではないため、取引先や上司に対して「久方ぶりです」と挨拶をしてしまうのは、失礼に当たることがあります。 取引先でも、担当者同士親しくしている場合などには使っても差し支えませんが、かしこまった間柄で「久方ぶり」を挨拶代わりに使うのは控えるのがマナーです。 相手との関係性によって使用を検討してください。 なお、目上の人であっても「先日久方ぶりにゴルフに出かけまして」というように、話の流れで使用するのは問題ありません。 「久方ぶり」の正しい敬語表現とは? 取引先や上司に対して「久方ぶり」を敬語で使いたい場合には、「ご無沙汰しています」や「久しく」を使った言い換えが可能です。 敬語表現について詳しく解説します。 目上の人には「ご無沙汰しております」が無難 かしこまった間柄では「久方ぶりです」ではなく、「ご無沙汰しております」という挨拶が無難です。 「ご無沙汰」とは、長い間連絡をしていないことを意味する言葉で、一般には、2~3か月ほど間が空いた場合に使用します。 「ご無沙汰しております」のほかにも、「ご無沙汰して申し訳ございません」という言い方もあります。 「申し訳ございません」という直接的なお詫びの言葉をつけなくても、「ご無沙汰しております」にはお詫びの意が入っているので、失礼には当たりません。 「久方ぶり」ではなく「久しく」という言い方も使える 「久方ぶり」という言葉に近い単語を使うのであれば、「久しく」という言葉も便利です。 「ご無沙汰しております」をより丁寧に表現する場合や、よりかしこまった表現を選びたい場合には「久しく」を付け加えるのもおすすめです。 たとえば、「久しくご無沙汰を重ね、申し訳なく存じております」という風に使うことができます。 「久しくご無沙汰いたしましたが、お変わりありませんでしょうか」という表現もあります。 主に手紙やメールにおける言い方になりますが、目上の方への挨拶文として覚えておきたい例文です。 まとめ 「久方ぶり」は、長い時間が経っていることを意味する言葉で、久しぶり・久々といった言葉の同義語です。 「久方ぶりです」と挨拶代わりに使うことができますが、敬語ではないため、目上の人に使う際には配慮が必要です。 そのため、ビジネスシーンでは「ご無沙汰しております」という挨拶表現が一般的となっています。

次の