デブライネ 背 番号。 デブライネのプレースタイル解説!ベルギーの若い至宝!

デブライネのプレースタイル解説!ベルギーの若い至宝!

デブライネ 背 番号

国内リーグ戦に限る。 2019年5月13日現在。 2018年3月27日現在。 ( ) クラブ経歴 ベルギー時代 の生まれ。 母親はである。 からのユースチームからキャリアをスタートさせ、2005年からに移籍した。 2008年にトップチームに昇格し、2009年5月9日、戦でデビューを果たした。 2010年2月7日、戦でプロ初ゴールを記録した。 チェルシー 2012年1月、母親の生まれ故郷であるのの強豪、に670万ポンドで移籍。 契約は5年半だが、最初の半年は引き続きレンタルという形で元のチームに所属することとなった。 2012年8月、にレンタル移籍。 9月15日、戦で移籍後初ゴールを記録すると、9月23日、戦でも得点を記録。 最終的にリーグ戦10得点9アシストを記録した。 この活躍からドイツのやから移籍が噂される中、2013年7月1日、チェルシーに復帰することが決まった。 しかし、監督に嫌われ、レギュラーに定着できずに控え状態が続き、3試合しか出場できなかった。 ヴォルフスブルク モウリーニョ直々に中盤で6番手だということを言い渡されたことが決定打となり 、出場機会を求めて2014年1月にに移籍した。 背番号は14番。 2014-15シーズンは、ブンデスリーガ全34試合に出場すると10得点20アシストを記録し、ヴォルフスブルクを2位に押し上げ、年間最優秀選手賞も受賞した。 マンチェスターシティ 2015年8月30日、のに移籍した。 移籍金はクラブの歴代最高額となる5500万ポンド。 背番号は17番。 加入後、すぐにスタメンに定着すると9月19日の戦でシティ加入後初ゴールを挙げた。 シーズン途中にケガで2ヶ月離脱するも、リーグ戦25試合に出場し7ゴール9アシストを記録した。 CLやカップ戦を合わせると41試合に出場し16ゴール14アシストを記録。 2016-17シーズンは、に代わりが監督に就任。 すぐに信頼を掴み取り、稀代の名将に「彼の存在をありがたく思う。 特別な選手だ」と言わしめた。 9月10日のマンチェスターダービーでは1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献した。 CL第4節ではホームにを迎えると、1-1で迎えたFKの場面で相手に縦回転のボールを蹴りこみ、ゴールを奪った。 またアシスト数はリーグトップだった。 2018年1月22日、マンチェスター・シティと新たな5年契約の締結が発表された。 2023年までの契約となった。 2017-18シーズンは37試合の出場で2年連続でリーグトップとなる16アシストを記録し、新設されたプレミアリーグ・プレーメイカー・アワード(アシスト王)を受賞した。 シティの優勝に大きく貢献し、にも選ばれた。 2018-19シーズンは怪我によりプレミアリーグで僅か19試合の出場に終わるも、2019年FAカップ決勝戦ではゴールを決め更に2アシストの活躍で優勝に貢献した。 2019-20シーズンは第3節戦で、プレミアリーグでの通算50アシストに到達し、それまでが記録していた140試合を大幅に更新し、リーグ史上最速の123試合目の出場で50アシスト達成の記録を樹立した。 2020年1月21日、第24節戦でシーズン15アシスト目のアシストを記録し、これにより通算3回目となるプレミアリーグでのシーズン15アシストを記録したが、これは史上初の記録となった。 でのデ・ブルイネ 2018年 U-18、U-19、U-21の各年代のベルギー代表に選出され、2010年8月11日、親善試合の戦でとしてのデビューを果たした。 また、2012年10月12日の・戦で代表初得点を挙げている。 では、グループリーグ第1戦の戦、第2戦のに出場し、第3戦の戦は欠場している(第2戦終了時にベルギーのグループリーグ1位通過が決まったため)。 なお、アルジェリア戦ではの同点弾をアシストしてマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。 1回戦の戦では延長前半3分に先制点を挙げ、準々決勝のにもフル出場したものの、この試合ベルギーは1-0で敗れ大会を去っている。 では、日本戦で後半49分の決勝点の起点になり、決勝トーナメント準々決勝の戦で前半31分に決勝点となる2点目を挙げ、チームの勝利に貢献した。 評価 は「ケビン(デ・ブルイネ)は私が今まで見てきた中で最高の選手のうちの一人だね。 特に、ゲームメイクの点に関してね。 彼はトップクオリティーの選手だし、とても落ち着いている。 私は彼と共に仕事することができて嬉しいし、誇りに思っている」と語り、デ・ブライネをに所属するFWを含む、自身が思う最高の選手のうちの一人だと称賛した。 英BBCの老舗番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』でが「デ・ブライネと同じチームでプレーして、ああいうパスを受けてみたかった」と語り、がそれに頷き、往年の名ストライカーたちが彼の話で盛り上がっていた。 は「デ・ブルイネはトップ中のトップだ。 彼は世界のどこでもプレーできるし、現時点でマンチェスター・シティにおける最も価値のある選手だ。 彼はどこにでも現れて、チームにとって大事な仕事をする。 彼がフィットした状態を維持できれば、誰も止められない。 信じられない選手だよ」と語った。 英紙「」ではのMFと並んで現在の地球上で最も優れたMFだと称賛し、特にデ・ブライネは、より優れたゴールスコアラーとし「彼はプレミアリーグのベストで、究極のMFとして見るべきだ」と賛辞を贈った。 人物・エピソード• 15歳の頃、大人しすぎる性格だという事で里親から捨てられた経験を持つ。 本人はこの経験を「飛躍のきっかけだった」と後に語っている。 2014年10月に出版した自伝『Keep It Simple』の中で、自身の元交際相手が同じベルギー代表のと浮気していたと暴露し、クルトゥワを批判した。 これについて元交際相手は、デ・ブライネの方から先に浮気をしていて彼の両親から圧力をかけられていたため暴露する事ができなかったと反論している。 2019年11月21日、について「恥ずべきことだ。 僕にとってはヤラセの大会のように感じる」「フットボールはますますビジネスのようになってしまった」と大会を非難した。 ジュピラー・プロ・リーグのプレイオフを含む• とを含む 代表歴 出場大会• ベルギー代表• 2014年 - (ベスト8)• 2016年 - (ベスト8)• 2018年 - (3位) 代表 年 出場 得点 2010 1 0 2011 1 0 2012 5 1 2013 11 3 2014 10 3 2015 8 4 2016 12 1 2017 8 0 2018 7 2 2019 6 4 通算 69 18 代表での得点 ベルギー代表での得点 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会 1. 2012年10月12日 、 0 - 2 0 - 3 2. 2013年3月22日 、 0 - 1 0 - 2 2014 FIFAワールドカップ予選 3. 2013年6月7日 、 1 - 0 2 - 1 2014 FIFAワールドカップ予選 4. 2013年10月15日 ボードゥアン国王競技場、ブリュッセル 1 - 0 1 - 1 2014 FIFAワールドカップ予選 5. 2014年7月1日 、 1 - 0 2 - 1 6. 2014年10月10日 ボードゥアン国王競技場、ブリュッセル 1 - 0 6 - 0 7. 2 - 0 8. 2015年9月3日 ボードゥアン国王競技場、ブリュッセル 2 - 1 3 - 1 UEFA EURO 2016予選 9. 2015年10月10日 、 0 - 2 1 - 4 UEFA EURO 2016予選 10. 2015年10月13日 ボードゥアン国王競技場、ブリュッセル 2 - 0 3 - 1 UEFA EURO 2016予選 11. 2015年11月13日 ボードゥアン国王競技場、ブリュッセル 2 - 1 3 - 1 12. 2016年5月28日 、 1 - 2 1 - 2 親善試合 13. 2018年3月27日 ボードゥアン国王競技場、ブリュッセル 4 - 0 4 - 0 親善試合 14. 2018年7月6日 、 2 - 0 2 - 1• Bild 2012年9月20日. 2015年4月12日閲覧。 Goal. com 2012年8月2日. 2012年8月29日閲覧。 サッカーキング 2015年9月19日• goal 2019年4月26日• ゲキサカ 2014年1月18日. 2020年5月24日閲覧。 soccerking 2015年8月30日• footballchannel 2015年8月30日• Goal. com 2015年8月30日• 2016年9月10日閲覧。 超ワールドサッカー 2018年5月14日. 2018年5月15日閲覧。 Manchester City FC Official Website 2018年1月24日• 2018年4月18日. 2018年4月18日閲覧。 The Observer. 2019年5月18日. 2019年5月18日閲覧。 2019年5月18日. 2019年5月18日閲覧。 soccerKING 2019年8月16日• 超ワールドサッカー 2020年1月22日. 2020年1月23日閲覧。 FOOTBALL TRIBE 2017年9月14日• Nunber 2019年8月20日• Nunber 2019年8月20日• www. football-zone. net 2019年12月16日. 2020年5月24日閲覧。 AFP 2019年4月17日• サッカーキング 2014年11月19日• Goal. com 2019年11月21日• World Football. 2015年8月17日閲覧。 Soccerway. 2015年11月14日閲覧。 kicker. kicker. 2015年8月17日閲覧。 kicker. kicker. 2015年8月17日閲覧。 kicker. kicker. 2015年8月17日閲覧。 FIFA. com. 2018年7月23日閲覧。

次の

ベルギー代表が背番号を発表…10番はアザール、ヤヌザイは20番を着用

デブライネ 背 番号

近年、世界一のチャンスメイカーを1人挙げるとしたら多くの人がケビン・デブライネの名前を出す人は多いでしょう。 2019年プレミアリーグ王者で、毎年UEFAチャンピオンズリーグの優勝候補として名が上がるマンチェスターシティの中心選手です。 今回は、デブライネについて紹介していきます。 国籍 ベルギー ポジション OMF 誕生日 1991年6月28日 背番号 17 利き足 右 経歴 ヘンク 2008-2012 チェルシー 2012-2014 ブレーメン(ローン) 2012-2013 ヴォルフスブルク 2014-2015 マンチェスターシティ 2015- プレースタイル デブライネの最大の特徴は、どんなパスにおいても、スピード、出す場所、タイミング、両足の精度の全てが非常にハイレベルです。 これが理由で、多くのアシストを生み出します。 特に、右サイドからGKとDFの間を通すアーリークロスでのアシストが多いです。 巧みに相手左サイドバックの背後をとることで、これを実現しています。 また、シュート、スピードもハイレベルです。 点を取れるポジションにいる味方にマークがついていれば、自らペナルティーエリア外から両足で強烈なシュートを打ち込みます。 スピードは2018年ワールドカップの日本戦での逆転したシーンが印象的です。 自陣ペナルティエリアから相手のペナルティエリアまで日本代表の追随を許さず、逆転ゴールを演出しました。

次の

ケビン・デブライネのプレースタイルの特徴は?監督との関係や移籍金も気になる

デブライネ 背 番号

高精度の決定力とラストパス デブライネは得点能力・アシスト能力が共にずば抜けており、高精度のフィニッシュとスルーパスが決定機を演出します。 右利きですが、左足の精度も高くミドルレンジから強烈なシュートを隅に狙うことができます。 マンチェスター・シティが先制! がワンツーで切り込み、左足を振り抜いた。 スルーパスも針の穴に通すかのようなボールをピンポイントで味方に出します。 の見事なスルーパスから が冷静に沈めた! 注目のビッグマッチはマンチェスター・シティが先制。 どちらも高いレベルだからこそ勝負所で貴重なゴール・アシストを記録することができます。 スポンサーリンク シンプルで正確なプレー デブライネは技術の高い選手ですが、メッシやネイマールのように圧倒的な個人技で相手を翻弄するタイプではありません。 ボールを持ちすぎることはなく、 とにかく シンプルにプレーしスペースを上手く活用しながらゴールに迫っていきます。 ワンタッチ、 ツータッチのプレーが多いですね。 スペースが多く生まれるカウンターの場面では彼の持ち味が最大限に活かされます。 の左足炸裂! サネの折り返しからDFをかわし、ネットに突き刺した。 そのスペースへいち早く走り込んでボールを受け、少ないタッチで左へ大きく展開。 そして中へは入り込みすぎずフリーでサネからボールを受けて左足一閃というシーンです。 とにかくシンプルでプレーに全く無駄がありません。 動き出し、判断力、トラップ、パス、シュートどれも完璧です。 引いた相手でも中盤のスペースを巧みに引き出し局面を打開します。 デ・ブルイネの左足が炸裂! ジェズスとの綺麗なワンツーからネットを豪快に揺らした。 そしてシルバの動き出しで生まれたスペースへボールを運び左足の強烈なシュートを決めました。 これらのようにスペースを使うのが非常に上手いです。 この他にも、サイドのスペースに流れてからのダイレクトクロスは得意な形でスピーディーかつ正確です。 状況に応じたポジショニング デ・ブライネは 個人戦術が非常に高い選手で、 試合の状況に応じて最適なポジショニングを取ることができます。 例えば、CL・アタランタ戦。 アタランタはゾーンでのマンツーマン守備を特徴とするチームですが、この試合では中央を固めつつシティの両WGにはWBの選手がマンツーマンで守るという状況で、それが上手くハマっていました。 その状況を変えたのが右インサイドハーフで出場していたデ・ブライネ。 デ・ブライネは途中から左サイドへ流れてチャンスメイクするようになります。 例えば、このシーン。 ここからデ・ブライネは左サイドへ流れ、スターリングと数的優位を作るとともに、左CBの選手を釣り出します。 スターリングからボールを受けたデ・ブライネはワンタッチでスターリングへスルーパス。 デ・ブライネが左CBの選手を釣りだしたため、スターリングが完璧に抜け出すことができ、最終的にPKを獲得しました。 「相手の戦術を理解しその弱点をついていく」それを個人で完璧に遂行でできるところにデ・ブライネの凄みがあります。 守備の献身性 攻撃での存在感は言うまでもないですが、更に凄いのは守備も献身的にこなすところです。 試合を通してハイプレスをかけ続けチームを助けています。 その時もただ闇雲に追うのではなく、相手のパスコースを消すような追い方をしてパス回しをしづらくさせています。 またポジション取りも的確で相手が剥がしにくいような絶妙なポジションを取っています。 まとめ 今回はデブライネのプレースタイルと背番号について紹介しました。 シンプルかつ正確なプレーでチャンスを量産• 個人戦術が高く状況に応じたポジショニングで組織を崩す• 守備も献身的にこなしチームを助ける シンプルなプレーでここまで脅威になれる選手もそうはいないでしょう。 同じベルギー代表のアザール同様に将来はバロンドール候補の一人になっていくのではないかと期待してしまいます。

次の