経 管 栄養 下痢。 経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)とは?

経管栄養注入速度

経 管 栄養 下痢

【コラム100:栄養管理のコツは合併症を起こさない!下痢編】 栄養管理で合併症を起こさない第2弾です。 (第1弾はコラム96) 前回と繰り返しますが、重症患者の栄養療法を行う上で、合併症はつきものです。 合併症を起こしてしまうと栄養療法自体を中断することもあり、早期経腸栄養が実践できるという言葉の裏側には、合併症を起こさないことだとも言えます。 今回は、下痢についてです。 クリティカル領域での治療中に消化管機能障害は30~70%の患者に発生すると報告されています。 また250g以上の排便でエネルギーバランスが負の状態となり、350g以上でエネルギーと蛋白量が不足するとも言われています。 また、便の付着で起こる皮膚トラブルや、シーツが汚れてしまい交換をするために患者を何度も動かしてしまい循環動態が不良な患者にとっては身体的な負担になることもあります。 そして、オムツやシーツなどの交換費用、それを行う看護師の業務負担なども考えると経済的損失も発生します。 そもそも下痢って正しく報告・表現できていますか?程度によって様々な解釈を看護師はしていませんか? 下痢の定義はあきらかに決まったものはないようですが、「排便量が1日当たり200gを超える場合」とされています。 また回数も3~5回以上となっているものもあります。 便性状を評価するツールとしてブリストルスケールがあります、この中で下痢と呼ばれる範囲は7段階中の6(泥状便)から7(水様便)にあたります。 経腸栄養に関連する下痢は急性下痢症に分類されます。 その中で、主に吸収不良・高浸透圧性・細菌性に分けられます。 吸収不良は、長期絶食による機能低下や腸管浮腫によって発生します。 栄養剤によって浸透圧は異なりますので、確認はしてみるのもいいかもしれません。 最後は細菌性下痢ですが、抗菌薬の長期投与では C. difficile感染症が発生する可能性、PPIやH 2blockerにより腸管内細菌叢のバランスが崩れることで起こります。 また経腸栄養に使用する物品の不衛生な状況で使用することで最近が混入することもあります。 下痢対応アルゴリズムを作成し原因の特定、できるだけ経腸栄養を中止しなくてもいい方法を看護師で判断できるものを活用することもあります。 NST回診で下痢対策でよく質問があるのですが、経腸栄養剤を投与中に有形便になることの方が珍しいかと思います。 浸透圧や消化しやすい性質でもあり有形にはなりにくい特徴があります。 ブリストルスケールの6(泥状便)で安定していることの方が多いのかもしれません。 下痢だから経腸栄養を即中止するのではなく、原因を特定してまずは対応してみることが重要だと思います。 そのためには、なぜその性状なのかもアセスメントすることが求められています。 ********************************************* KCCCの運営にご協力いただいている方々が監修される新しい取り組み「ナースのための「教え方」コースー実施指導コースの申し込みが始まっています。 ご興味ある方は、ぜひスクール内容をチェックしてみてください!! KCCCでは、LINEでも文献紹介やコラムの更新情報、セミナー開催案等を通知させてもらっております。 もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします! QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用ください!.

次の

経管栄養注入速度

経 管 栄養 下痢

経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)は、病気や障害によって口からの食事が難しくなった方が、鼻の穴から通したチューブを通して胃に栄養剤を注入する方法です。 メリット・デメリット、在宅でのケア方法など、医師に勧められた場合にぜひ知っておきたいことを解説します。 経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)とは 経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)とは、病気や障害によって口から十分に食事をとれなくなったり、機能(飲み込む力)が弱くなった人に、鼻に挿入した経鼻胃管(チューブ)を通じて、直接胃に栄養剤を注入する栄養摂取法です。 鼻から挿入する経鼻胃管(チューブ)は、塩化ビニルやシリコンゴムなどの柔らかい素材でできています。 手術の必要はありませんが、鼻にチューブを通すので目立ちますし、本人には異物感があります。 経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)を勧められるケース 高齢者が経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)を勧められるケースには、以下のようなものがあります。 飲み込んだものが気管などに入りやすく、誤嚥性肺炎を繰り返す方• 栄養が不十分だと考えられる方や食欲不振などの理由で口からの食事を嫌がる方• 経管栄養の期間が一時的または短期間になると考えられる方 上記に当てはまる方で、消化管の消化や吸収能力が保たれている場合には、経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)を提案されることが多いでしょう。 経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)が困難なケース 経鼻胃管のチューブは、鼻腔、咽頭、食道を通じて胃まで挿入します。 そのため、通過するそれぞれの部位の状態によっては、経鼻栄養補給が困難になります。 例えば鼻出血が多い人、出血の危険性が高い食道静脈瘤、がんなどによりチューブそのものが通過できない場合などには経鼻栄養補給はできません。 また、認知症などにより頻繁に鼻のチューブを引き抜いてしまう場合には、医師から胃ろうや腸ろうなどの他の経管栄養法を勧められることがあります。 経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)のメリットとデメリット メリット 栄養を安定的に摂取できる 経鼻栄養補給により栄養状態が良くなれば、体力が回復し、元気に長く生きられる可能性が高まります。 場合によっては、口からの食事に戻れるケースもあります。 栄養摂取方法として優れている 口から食べられなくなった時の栄養摂取には、大きく分けると、点滴などで栄養を直接血液に入れる血管ルートと胃腸を使うルートがあります。 血管から栄養分を入れる経静脈栄養は、胃や腸の機能に問題があっても補給ができるものの、輸液管理や介護負担が大きかったり、腸の機能が落ちて再び口から食べることが難しくなる可能性があるなどの面があります。 一方、経鼻栄養補給を含む胃腸を使う経腸栄養は身体の自然な栄養摂取に近いため、栄養の吸収に関する体の負担も少なく、血糖値の変動なども起きにくく、腸の免疫も保たれます。 手術の必要がない 経鼻栄養補給では、鼻から胃や腸までチューブを挿入するだけで、特別な手術は必要ありません。 デメリット 違和感があり目立つ 鼻から胃までチューブを通す経鼻栄養補給は、挿入・装着時に異物感があります。 また、胃ろうや腸ろうは服に隠れる部分に小さな孔(ろう孔)をあけて栄養チューブと接続するのに対して、経鼻栄養補給は鼻に通したチューブをテープで頬や鼻に固定するのでとても目立ちます。 テープによるかぶれなどの皮膚トラブルが起こることもあります。 頻繁にチューブの交換が必要 胃ろうでは3~6ヵ月ごとにチューブを交換します。 一方で経鼻栄養補給は胃ろうと比べてチューブが細く詰まりやすいことや、チューブが汚れるとその汚れが肺に入って肺炎の原因になるため、通常1~4週間ごと交換が必要です。 経口摂取や訓練との併用が難しい 経鼻栄養補給ではチューブが鼻腔や咽頭を通るため、のどの違和感が強くなり、胃ろうや腸ろうのように経口摂取(口からの食事)と併用したり、経口摂取に戻るための訓練をしたりするのが難しくなります。 自分で引き抜いてしまうことがあり誤嚥の恐れがある 経鼻栄養補給は装着時の違和感があるため、寝ている間に無意識で触ってしまったり、自分でチューブを引き抜いてしまうことがあります。 チューブが抜けていることに気づかずに栄養剤を注入すると、重大な誤嚥事故につながる恐れがあります。 チューブが細いため詰まりやすい 経鼻栄養補給で使われているチューブは胃ろうよりも細いので、栄養剤や薬の投与により詰まりやすい欠点があります。 在宅での経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)のケア方法 チューブの交換・挿入について チューブは1〜4週間ごとに交換し、片方に負担がかからないように可能であれば左右の鼻に交互に入れ替えます。 鼻腔から咽頭を通って胃まで届くチューブの交換・挿入は医療行為です。 介護職員にはお願いできません。 訪問診療や訪問看護などの際に医師や看護師に行なってもらいましょう。 家族がかかりつけ医や訪問看護師などの指導を受けて、交換や挿入をすることも可能です。 経鼻栄養補給をしている人が認知症の場合には、1日に何度もチューブを引き抜いてしまうことがあります。 チューブが抜けたことに気づいたけれど家族が再挿入できない場合には、医療機関や訪問看護などに連絡をしてください。 在宅での栄養剤投入について 在宅で家族が栄養剤を注入する場合には、準備や注入の手順、注意点、栄養剤や水分補給のタイミングや速度などについて、かかりつけ医や訪問看護師などの指導を受けましょう。 これらは胃の大きさやチューブの太さ、便の状態、持病などによって各患者ごとにやり方が異なります。 特に注入前にチューブが抜けていないかを確認したり、注入が終わった後に上体を起こした姿勢のままで30分から1時間ほどいてもらったりなど、誤嚥を防ぐためのポイントを押さえておくと安心です。 で気を付けたい症状 在宅で経鼻栄養補給をする場合には、以下のような症状に注意しましょう。 注入中に注意するべき症状 以下のような症状が出て場合には、注入を中止して医療機関に連絡をしましょう。 頻発するしゃっくり 注入中にしゃっくりが頻発する場合には、何らかの刺激により横隔膜の痙攣が起こっていることが考えられます。 吐き気や嘔吐 注入の中止と共に、誤嚥しないように横を向かせたりといった対応が必要です。 いつもと違う様子 苦しそうな呼吸や顔色の変化、痰が絡む、腹部膨満感を訴えるなど、いつもと違う様子があった場合にも医療機関への連絡が必要です。 経鼻経管栄養チューブが外れており、肺に栄養剤が注入されてしまった死亡例もあります。 注入直後には、呼吸音の変化(ゴロゴロした音がないか)や苦しそうではないかを確認しましょう。 注入後に注意するべき症状 下記のような症状がみられた場合にも、かかりつけ医や訪問看護師などに相談をしましょう。 下痢 下痢とは便が液状になってしまう症状です。 便の回数が増えても、液状でなければ下痢ではありません。 栄養剤の濃度や水分量、温度により、下痢になることがあります。 経管栄養チューブが不衛生な場合にも下痢になることがあり、原因をつきとめることが必要です。 便秘 排便の回数が減ったり、便が固くなったり、腹部の張りや痛みが感じられたりする症状です。 水分不足や運動不足、食物繊維不足などが考えられます。 皮膚トラブル チューブを固定しているテープの位置がかぶれたり、挿入部分にびらんや潰瘍などの皮膚トラブルを起こす場合があります。 経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)で使う栄養剤 保険適用と不適用がある 経管栄養で使用する栄養剤(流動食)には、保険が適用される「医薬品タイプ」と保険が適用されない「食品タイプ」があります。 どんな栄養剤を使用するかは医師の指示に従いましょう。 医薬品タイプ 医薬品タイプの栄養剤は、「経腸栄養剤」と呼ばれています。 医療保険が適用されますが、医師の指示、処方箋が必要です。 経管栄養で使われるほかに、普通の食事を食べていても栄養状態の悪い方には、口から飲むために処方されることもあります。 食品タイプ 食品タイプには2つの種類があります。 ひとつは、通常の食事をミキサーなどで粉砕した食品を増粘剤などで粘度を調整したものです。 家庭の食事に近く、治療食の対応がしやすいというメリットがありますが、粘度調整が必要であり鼻からの栄養補給では基本的に用いられません。 もうひとつが、少量で高カロリーが得られる濃厚流動食です。 経口摂取(口からの食事)ができている方にも利用してもらえるように、おいしく食べられるように工夫されているものがあります。 半固形化した栄養剤もありますが、鼻からの栄養補給では基本的に用いられません。 導入後、口から食事できるまで回復する? 経鼻栄養補給をする方は、消化機能が保たれています。 そのため、食欲や機能が回復すれば口からの食事に戻れる可能性もあります。 ただし、経鼻栄養補給の場合、鼻腔から咽頭までチューブが通っているので訓練はしにくいでしょう。 本格的な訓練が必要な場合は途中で経鼻栄養補給から胃ろうに変更が必要なこともあります。 また、口から食事をしなくても、チューブが通ることで口の中の細菌が増えやすくなっているので、誤嚥性肺炎の予防のために口腔ケアは大切です。 まとめ 経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)は、手術の必要がなく始められる経管栄養です。 ただし、鼻から咽頭を通って胃までチューブを通すため、見た目や装着時に違和感があります。 また、並行して訓練がしにくいのもデメリットです。 本人の状態や生活スタイル、目標を考えて、他の栄養摂取法と比較しながら、本人や医療スタッフや介護スタッフと十分話し合って選びましょう。

次の

経管栄養と中心静脈栄養:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

経 管 栄養 下痢

(1)経腸栄養とは? 出典: 経腸栄養とは、広い意味では消化管を実際に利用して栄養を投与することを指します。 もう少し具体的には、嚥下(えんげ)機能が低下して食事を食べられなかったり、食べてもすぐに誤嚥性肺炎を起こしてしまったりするような人に対し、鼻から細い管を胃や十二指腸まで入れ 経鼻胃管 、そこへ栄養剤を注入することで栄養状態を維持するものを経腸栄養と言います。 また、直接胃とお腹をつなぐ穴をあける胃瘻 いろう)も経腸栄養にあたります。 (2)経静脈栄養(けいじょうみゃくえいよう)との違い 経静脈栄養は二つに分けて末梢静脈を使った栄養と体の中心にある太い血管を使った栄養がありますが、いずれも血管内に点滴で栄養を送り込むイメージです。 一方で経腸栄養は血管内ではなく、腸管に栄養剤を入れるので、 より通常の食事に近い状態で栄養を摂取することができます。 (3)経腸栄養の特徴 出典: 経腸栄養の1番の特徴は腸管を実際に使うことです。 嚥下機能が低下するなどの理由で口から栄養を取れない人でも、より生理的に栄養を摂取することができます。 そして小腸をはじめ消化管の機能は、消化管を使わなければ使わないほど衰えていくため、腸内環境の維持もすることができます。 一方で経腸栄養では腸管を使う分消化液も分泌されるので、もちろん唾液も出ます。 唾液をうまく飲み込めない人では誤嚥を完全には防ぐことができません。 経腸栄養には2種類のものがあり、鼻から胃まで管を通して行う胃管と、胃からお腹へ穴をあけて胃瘻をつくるものとがあります。 しかし、基本的に目的は一緒で、胃ろうの方がのどの不快感は少ないですが、経鼻胃管の方が現在では一般的に使用されていて管理も簡単です。 (4)経腸栄養剤とは? 経腸栄養剤とは、経腸栄養の際に経鼻胃管や胃ろうを通して体外から体内へ入れる食事の代わりのものを指します。 経腸栄養では管を通して直接体内へ栄養を入れるため、本来人間の行う咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の過程をとばして行います。 そのためには一般的な食事とは異なった特別なものが必要となります。 また、内容もより吸収しやすいもので構成されていたり、必要な成分に特化したものとなっています。 (5)経腸栄養剤の種類と特徴は? 経腸栄養剤の種類には、一般的に下記のようなものがあります。 経腸栄養剤の種類 GFO 水のようにサラサラしたもの ラコール 液体タイプのもの エンシュア 半固形タイプのもの ハイネイーゲル 体内に注入すると胃の中で固まる 基本的には経腸栄養開始後最初はサラサラのもので試し、少しずつ形態を上げていく過程をとり、その後個々人にあったものを用います。 液体タイプが注入時の抵抗がなく楽ですが、食道の方まで逆流してきて誤嚥しやすい人や下痢をしやすい人は半固形タイプなどを利用することが多いです。 また、それぞれ組成が少しずつ異なり、ナトリウムやカリウムなどの電解質を、追加の薬や食塩などで補正してあげなければならない場合もあります。 このほかに足りない成分の補充に特化したようなものや、同じような内容でも濃度が違ってカロリーがたくさん入れられるものもあり、メーカーによっても少しずつ異なるので試してみながらその人その人に合ったものを選択するのがよいでしょう。 (6)経腸栄養剤の使用により下痢が起きてしまう原因 出典: 経腸栄養剤で下痢となる原因として考えられることはいくつかあります。 経腸栄養剤の投与速度が速い 食事や栄養を口から接種した場合、食事を認識し、咀嚼(そしゃく)、嚥下の順で食道を通ってから胃に入ってきます。 一方、経腸栄養では直接胃に入ってくるので投与速度が速く、腸管での吸収が追い付かず下痢になってしまいます。 経腸栄養剤が合わない場合 先にも書いたように経腸栄養剤には様々な種類があるため、濃度の高い経腸栄養剤を使ったり、水分の多い経腸栄養剤を使うと下痢が起こりやすくなります。 胃管が深すぎる場合 そして少し念頭に置かなければならないのが、胃管が深すぎる場合です。 胃管の先端位置が十二指腸にある場合などは、経腸栄養剤が食道も胃もとばして十二指腸へ入るので下痢が起こりやすくなります。 また、病院などで抗生剤治療が行われている場合にも腸内細菌のバランスが崩れて下痢を起こすことがあります。 (7)経腸栄養剤の使用による下痢の対策は? 投与速度をゆるやかにする 下痢の対策としては、投与速度の問題であれば経腸栄養剤の投与速度をゆるやかにしてみます。 白湯などを一緒に注入する場合には白湯の量の調整も必要です。 一度の量を少なくする もう少し小分けに1日3回のものを1日4回で合計の1日量が同じになるようにするなど、 経腸栄養剤の投与間隔や1回量を調整することも良いでしょう。 経腸栄養剤を変える もしくは、経腸栄養剤を半固形タイプのものや、体内で固まりやすいようなものへ変更することで、胃の中に経腸栄養剤がとどまっている時間が長くなり下痢の予防につながりますし、経腸栄養の成分が異なるものへの変更も考慮してみましょう。 胃管の場所を変更する また、胃管が深すぎる場合は少し浅めに固定しなおしてみることも選択肢です。 これらを実践してもどうしても下痢が改善しない場合は主治医に相談してみましょう。 (8)経腸栄養が難しい場合の選択肢「経静脈栄養」のメリット・デメリット 経腸栄養が難しい場合、選択肢となるのが経静脈栄養ですが、経静脈栄養は経腸栄養とは異なり血管内に栄養成分の多い点滴を入れることになります。 メリット 経静脈栄養のメリットは誤嚥(ごえん)をしないこと、経腸栄養剤のような下痢に悩まされにくいことが挙げられます。 デメリット 一方でデメリットとしては、腸管を使わないので腸管が廃用すること、感染に注意が必要なこと、管理が一般の家庭では困難であることが挙げられます。 また、太い血管に管を留置する中心静脈栄養では高カロリーの投与が可能な反面、感染にはより注意が必要であり管理も大変です。 末梢(まっしょう)の静脈をもちいた末梢静脈栄養では管理は比較的簡単ですが、血管が細いため1日に投与できるカロリーは低く、栄養状態を維持することには使用できません。 (9)【看護・介護従事者向け】経腸栄養に関する基礎知識の確認に便利なサイト 出典: 経腸栄養に関する基礎知識についてはインターネットで検索できるものでも様々であり、医療や介護にかかわる人へ向けた基礎知識のみならず、現場で経験したことから生じてくる疑問に対する答えや、どう対応したらより良いのかについて詳しく書かれています。 医療・介護関係者の方へ向けた専門情報サイト「」では経腸栄養の基礎シリーズとして専門医によるそれぞれの場面での対処法がわかりやすく示されています。 また、日本静脈経腸栄養学会「」では、もう少し専門的な分類や使用方法などが記載されていますので、理解を深めたい方にはおすすめです。 (10)経腸栄養は身体に無理の無いよう活用しよう 経腸栄養を用いることで、栄養状態を維持、改善するだけでなく、腸管を使ってより生理的な栄養管理が行えます。 これにより、嚥下機能が低下した人や寝たきりの人でも人間として本来あるべき姿により近い状態で栄養をとることができるといえるでしょう。 生活に欠かせない栄養をより良い方法で、無理のないように摂取できるよう工夫し、より快適に生活していきましょう。 関連するおすすめ記事 介護・医療に特化した情報を提供するWebメディアです。 介護について正しい情報を発信し、介護にかかわるすべての人の疑問や悩みを解決していきます。 難しい制度やストレッチ方法など文章ではわかりづらいものは、動画や図でわかりやすく解説! 厚生年金の支払額などむずかしい計算は、シミュレーターを設置!自分でカンタンに計算ができます。 介護に関するニュースや日ごろから使えるテクニック、各資格の取得方法など新しい情報も更新中! これから介護職に勤める方、現在介護施設などで働いている方、ご家族の介護をされている方、自分の将来について考えている方など、たくさんの方々に読まれています。 ~介護に関わるすべての人を応援します~ このコンセプトをもとに情報をお届けしていきます!.

次の