退職代行 利用してみた。 【退職代行サービス体験談】実際に使ってみた利用者の感想

【失敗談あり】退職代行EXITを利用して3ヶ月で退社した話【リアルな体験談】

退職代行 利用してみた

職員本人の意思であれば、退職を受け入れるのが一般的 原則として、退職は本人の自由です。 本人から退職の意向が示された場合は、退職に当たっての本人との話し合いも少しはできる余地があるでしょうが、退職代行サービスを利用した場合にはその厄介さも高まります。 相手が弁護士かそうでないかで、相手の出方もこちらの対応も若干変わってきますが、 退職が本人の意向であるなら、それは他者を介していても受け入れて、規則に従って処理するのが妥当な対応です。 「退職代行なんか使いよって、それくらい自分で連絡してこい」といった感情的なところは一旦置いておいて。 「本人が連絡してこない限り、退職の意思表示は無効😠」といった主張は、よほど交渉すべきことがない限りはまず通用しないでしょう。 お互いの意思疎通に時間がかかることが、会社としてのデメリット ところで、相手が弁護士である場合は、退職の意思表示だけでなく、残業代の請求などを本人に代わって交渉することも考えられます。 一方で、弁護士がいない代行会社も多くあります。 弁護士でない場合は、本人の意思表示を代わりに伝達する以上のことはできません。 退職に関連した交渉をするには、本人と連絡を取る必要があるということです。 こうした場合、本人と直接連絡を取れればよいのですが、 多くの場合で、まずは代行会社を仲介して本人の意思を確認することになります。 やりとりに時間がかかるという点では、会社にとってはまた面倒なことでもありますね。 また、どうしても職員本人から意思確認がしたいという場合は、電話は難しくても、文書やメールでの確認でも差支えありません。 どちらにせよ、そのお願いすらも代行会社を仲介して本人に伝えることになるのですが…💦 業務の引継ぎが困難な場合が多い また、退職代行サービスを利用するという場合では、多くの場合である日突然にその職員が出社しなくなり、その後は有給休暇の取得などにより連絡も非常に取りにくくなってしまうようです。 ですので、 業務の引継ぎを十分に行うことも難しくなってしまいます。 退職代行サービスを利用そのもので、会社への不利益はそれほどないでしょうが、特に影響を受けるのはこの点についてでしょう。 退職代行サービスを利用するということは、本人はもう会社と意思疎通を直接する気はないということの表れでしょうから、多かれ少なかれ業務に混乱が生じると思われます。 業務に損害が生じるほどのものであれば、損害賠償を請求することも考えられますが、職員一人の退職で認められることも少ないでしょう。 これについては、 ことが起きてからの対応というよりかは、職員それぞれの担当業務やその進捗状況などを、日頃から把握しておくことが重要だと言えますね。 職員が退職代行サービスを利用したくなる背景を知る 上でも少し触れましたが、 職員が退職代行サービスを利用するということは、本人にはもう会社と直接連絡を取るつもりはないということです。 退職代行サービスを利用した職員のことを、「根性なし」と一方的に悪者扱いするようでは、失礼ならがその職場の人間関係、上下関係の考え方は良好とは言えないでしょう🤐 会社としても、その背景を考えなければなりません。 そもそも退職そのものがしにくい世の中とも言えるのですが、退職代行サービスを利用する理由は以下のようなことが考えられます。 ・ 人手不足や業務の多忙さなどを理由に、退職届を受理してもらえない ・ 上司の反応が怖くて退職を切り出せない(パワハラがある場合も) ・ 退職によって会社に迷惑をかけてしまう など、会社側に原因がある場合や、職員本人の責任感が作用するなど、 様々な理由で自身から意思表示ができなくなることが考えられるのです。 いずれの理由も、 「自分の意見が聞き入れてもらえないかもしれない不安」が先に立っているように思われますね。 需要があるからサービスが誕生する訳ですし、退職代行サービスが悪だとは言いません。 ですが、 職員が退職代行サービスを利用しなくてもよいと思える環境を整備することが、企業には求められるようになるでしょう。 管理人からの一言 先日、Twitterをうろうろしていましたら、こんな話題を見つけました。 話の趣旨としては、 「昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、退職代行サービスを利用する人が減っています。 このままでは、退職代行サービスが縮小し、自分で退職しなければなりませんよ」 と、代行会社が宣伝をしているというものです。 確かに、代行会社も生活がかかっている。 利用するお客さんがいなければサービスの継続もできない。 それ以前に、サービスを利用するまでもなく雇用が打ち切られているという問題が起きている。 いや、そもそも「自分で退職しなければならない」ってさすがの宣伝方法…💦 など、色々なことを考えさせられる話でした。 ちなみに、退職代行サービスの料金は3~5万円が相場で、各社によってサポートの範囲や充実度で差を出しているようです。 気になった方は検索してみてください。 最後までご覧いただきありがとうございます。 また次回にお会いしましょう!•

次の

退職代行サービスに要注意!利用前に知っておくべき基礎知識

退職代行 利用してみた

即日退職したい• 会社と連絡したくない• 家族のバレたくない• 離職票を送ってほしい• 有給休暇を紹介できるように伝えて欲しい など問い合わせフォームからご相談ください。 step 2相談後、正式に申し込み 申し込み価格は雇用形態に関わらず料金一律29,800円。 追加料金は発生しません。 step 3担当者と打ち合わせ 申込確認取れ次第、退職代行サービスとあなたで電話で打ち合わせをします。 step 4退職代行サービスが会社に連絡 退職代行サービスがあなたに変わって、退職に必要な連絡をします。 退職が完了するまで、電話・メールにて無料で回数無制限で対応します。 費用も 29,800円(税込み)です。 相談回数は無制限、即日退職可能、そして万が一退職できなければ全額返金保証付きです。 実際に第三者から「退職の意向」が来たら会社はもう諦めるだろう。 また民法の規定ででは退職の意思を伝えると2週間後に辞められることになっています。 すでに正式に伝えていれば問題ないはずですし、もし伝えてなかったとしてもこれまで溜まっている有給休暇などもあるはずです。 そうでなくもて現実本人の意思として「もう会社に行かない」と通知が来れば強引に引っ張っていって働かさせることはできないでしょう。 中には「勝手にやめるなんて損害賠償だ!」なんて言い出す会社もありますが、現実は「損害賠償」は難しいはずです。 そんな会社は残業代未払いやパワハラなどが横行していたはずで、裁判なんてしようものならむしろ残業代未払いやパワハラで訴えられてしまいます。 そんな経営をしている会社にはどのみち将来性は無いんだ。 悪質なブラック企業などでは退職の意向が言えなかったり、また退職したいといっているので認めてくれない、逆に強引な引き止めにあって怖い思いをしている、という人がたくさんいるのも知っています。 そんな方は ぜひ一度退職代行サービスを利用し欲しいと思っています。 働きたくない会社で納得できない待遇で長時間拘束されることは、精神的にも身体的にも大きな負担がかかり生命に関わることです。 そんな会社は一日でも早く退職をして、少し休んでからまた新しいビジネスパーソンとしての人生を歩んで欲しいと思っています。 あなたが活躍できる仕事は他にあるはずです。 もし長い間悩んでいるなら一度「退職代行」に相談してみてください。 メール・LINEで無料で相談できます。

次の

退職代行の利用料金の相場価格は?人気の62社の値段を一覧で紹介!

退職代行 利用してみた

会社に損害賠償請求をされたらどうしよう…• 会社を無断で休んでしまったことがあるけど大丈夫?• 損害賠償請求される可能性をゼロにしたい! 退職代行は退職に関する処理の全てを代行してくれる便利なサービス。 しかし、 会社側から損害賠償請求を起こされるのでは?という心配はなかなか拭きれないですよね。 さっそく結果から申し上げると、 退職代行を利用して退職をすることに対して、労働者が損害賠償請求をされる可能性は極めて低いです。 しかし、会社側が労働者を訴えるケースというのはゼロではなく、実際に労働者に損害賠償請求を行う裁判を起こした事例もあります。 そこで本記事では、退職代行と損害賠償の関係についてまとめました。 退職の際に損害賠償請求をされた時の解決法についても書きますので、ぜひ参考にしてください。 会社を退職するのは労働者の権利だから• 損害賠償を請求する会社側のメリットが少ないから ここでは、労働者側と会社側の両面から、損害賠償請求をされる可能性が低い理由について解説します。 会社を退職するのは労働者の権利だから 会社を退職することは労働者の権利ですので、退職することに対して会社が労働者に損害賠償を請求する可能性は低いです。 民法第627条では労働者の権利として「退職は労働者の一方的な意思表示により効力が発生する」としています。 つまり、労働者が「退職する」という意思表示をすれば会社側はそれを拒むことができません。 退職代行を使われた会社の中には「損害賠償請求をする」と労働者を脅す会社もあるかも知れませんが、 実際に損害賠償請求をし裁判を起こす可能性はゼロに近いでしょう。 上司が退職を拒んだとしても、会社を辞めることは労働者の当たり前の権利。 後ろめたさを感じる必要もありませんので、堂々と退職代行を利用しましょう。 損害賠償を請求する会社側のメリットが少ないから 損害賠償請求のために裁判を起こすことは簡単ではありません。 弁護士を雇い裁判を起こすことは、 時間もお金もかかるため、会社側が1人の従業員のためにかける労力に見合わないのです。 例えば仮に、会社側が100万円の損害賠償請求を行なったとしましょう。 裁判を起こすには、弁護士の相談料だけで1時間に10,000円ほどの相談料がかかります。 さらに弁護士に支払う成功報酬として約3割を支払わなければいけませんので、成功報酬だけで30万円。 また、損害賠償請求を行う裁判には平均8ヶ月の期間を要します。 数十万円のために会社側が「お金・時間・手間」をかけるのはメリットがあまりにも少ないですよね。 「裁判」という言葉には強力な響きがありますが、実は実際に裁判を起こすのは想像以上に大変なのです。 退職代行も?会社が労働者を訴えた・訴えると脅された事例 ここでは、• 会社が実際に労働者を訴えた• 労働者側が会社に訴えると脅された といった事例を紹介していきます。 実際に会社が損害賠償請求を起こす事例は非常に稀ですが、念のため実例も確認しておきましょう。 無断欠席により損害賠償請求を起こされた事例 まずは無断欠席により会社側から損害賠償請求を起こされた、起こされそうになったという事例から。 一ヶ月くらい前に職場の環境に馴染めず食品工場のパートを無断欠勤で辞めたんですが、今日家のポストを見てみると手紙が入ってました。 どうも会社で貸与さた制服のクリーニング代及び靴代の経費を給料から差し引いても足りずさらに無断欠席で生じた損害賠償金を払えとのことです… 支払い方法の連絡がない場合法的手段に移行すると書いてます。 この場合裁判とかは起こりえますか? また損害賠償でいくらくらい請求されるますか? 本当に困ってます。 ( より) 知人がアルバイトが無断欠勤をし、社長から「助っ人を呼んでお金が掛かった。 その分の損害賠償を支払え。 」と言ってきているそうです。 もし会社側が裁判を起こした場合、会社側は損害賠償代を回収できるのですか? 労基署に相談したら、「会社側が足が出るから、裁判しないと思いますけどね。 」と仰っていました。 ( より) 無断欠勤の場合は会社側が損害賠償請求を起こしても裁判に発展しないケースが多いようです。 引き抜きがあったとして損害賠償請求をされた事例 また、退職の際の従業員の引き抜きでは実際に裁判が行われた事例もありました。 英会話教室を経営する会社Xと英語教材を販売する会社Y。 会社Xの重要な地位にあった被告人Aは、会社に不満を持っていたところ会社Yから移籍を持ちかけらた。 Aは会社Yへの移籍を前提に、会社Xの部下数名を連れて温泉地のホテルへ出かけ会社Yへの遺跡について説得を行う。 この際の費用は全て会社Yが支払った。 それに関し会社Xが従業員の引き抜きにより損害を被ったとして被告人Aと移籍先の会社Yに対し1億円の損害賠償を請求。 その結果870万円の損害賠償の責任を被告人Aと会社Yに負う判決が言い渡された。 *内容は筆者が要約 ( より) 情報の取り扱いに関して損害賠償請求された事例 下記の事例は、会社側が機密情報を持ち出されたとして労働者に損害賠償を求めた事件。 元同僚らと未払残業代を請求するため、在職中に労働時間等のデータを持ち出し退職後に譲渡した元従業員に対し、税理士法人等が損害賠償を求めた。 東京地裁は退職後の機密保持規定はないが、漏洩に着着手した時期は在職中であり就業規則違反とした。 データには顧客名を含むため「機密」としたが、会社主張の業務への支障と漏洩の損害に相当因果関係は認められないとした。 ( より) 退職の際、情報の取り扱いには気をつけないといけませんね。 引き継ぎが不十分として損害賠償請求された事例 さらに退職時の引き継ぎが十分でなかったとして訴えられたケースも。 退職時に引継ぎをしなかった元従業員に対し、会社が約1270万円の損害賠償を請求した事案。 逆に元従業員は、不当な訴訟提起として300万円を請求した。 横浜地裁は、損害が生じ得ないことは通常人であれば容易に知り得るにもかかわらず、年収の5年分以上を請求し、裁判制度の趣旨目的に照らし著しく相当性を欠くと判断。 会社に慰謝料100万円の支払いを命じた。 ( より) 退職したことにより損害賠償請求をされた事例 下記は労働者の退職に伴い損害を被ったとして、損害賠償を求めたが棄却された事例。 過酷な労働のために「躁うつ病」を発症して退職したところ、会社から約1200万円の損害賠償を求める訴訟を起こされて精神的苦痛を受けたとして、IT企業で働いていた20代男性が、会社を相手取って、損害賠償を求めた裁判の判決が3月30日、横浜地裁であった。 横浜地裁は、会社側の請求をすべて棄却。 男性に対して110万円を支払うよう命じた。 ( より) この事例の場合は労働者が損害賠償を求める訴訟を起こされたことで精神的苦痛を受けたとして、逆に労働者が会社を訴え、労働者側の訴えが認められました。 労働者の犯罪に対し損害賠償請求を起こした事例 一方、下記のように明らかに労働者が法を犯している場合は会社側が勝訴することもあります。 社員が会社名義で勝手に取引相手と売買契約を行い、代金を横領していることから、相手方にその代金について、損害賠償を請求。 結果として、社員が請求額全額を支払うという判決となりました。 ( より) 会社側が「訴える」と口にした事例 また、下記のように会社側が簡単に「訴える」と労働者を脅す場合も。 笑 経営者だから、法律の話でつめると、大体引くから今回順調だけど、心が病んで辞めたいって人は、絶対退職代行業者必要だね! — TAKUMA. 世の中には仕事が辛くて辛くて、心を壊しそうなのに、辞めさせて貰えない人たちがいるんです。 会社から脅されたり、訴えるぞと言われたり。 そういう人を救うためのサービスです。 — ペーター rcyp46OZhUQzZAr 退職の際に会社から「損害賠償請求をする」と脅されるケースもあるようですが、実際に訴えられるケースは稀。 仮に訴えられたとしても、会社側の訴えが認められるとは限りません。 明らかに労働者が犯罪を犯している場合をのぞいて、 会社が労働者を訴え勝訴するというケースは少ないと言えます。 退職代行で損害賠償請求をされないためにできること 退職代行の利用をきっかけに会社から損害賠償請求を訴えられる可能性は低いです。 しかし、可能性がゼロとは言い切れません。 会社から損害賠償を請求されないためには、下記の3点に気をつけましょう。 ユニフォーム• 仕事道具• マニュアルなどが入ったUSB などを無断で借りたままになっていると、会社が損害賠償請求を起こすことも。 体調不良で会社を欠勤することは労働者の権利。 後々、立場が不利になるような無断欠勤はせずに、堂々と欠勤する旨を連絡するようにしましょう。 会社の名誉を落とすようなことはしない SNSやブログなどで会社の名誉に関わるような情報を発信してはいけません。 最悪の場合 「名誉毀損」の罪に問われ、損害賠償請求をされることもあります。 軽い気持ちでネット上に書いた会社の情報も、会社からしたら外に漏らされたくない情報である可能性も。 ネットでの発言はトラブルを招きやすいですので発言には十分気をつけるようにしましょう。 仕事の引き継ぎをしっかり行う 退職時の引き継ぎはしっかり行うようにしてください。 会社によっては、退職時の引き継ぎを業務契約書にハッキリ記載している場合もあり、 引き継ぎをしないと業務違反と見なされてしまう可能性があるからです。 本記事の事例のパートでも紹介していますが、実際に引き継ぎが十分でなかったとして、会社が労働者に損害賠償請求をした事例もあります。 (このケースでは、会社が労働者の年収5年分以上の額を請求し、あまりに法外な金額であると完全に棄却されました) 「会社には恨みがあるが、同僚には迷惑をかけたくない」という方もいるでしょう。 自分の身を守るためにも、社会人のマナーとして 最低限の引き継ぎは行うことをおすすめします。 万が一退職代行で損害賠償を請求された時の解決法 では、万が一退職代行で損害賠償を請求された時はどうしたら良いのでしょうか? まず前提知識として「損賠賠償請求をされたら請求された金額を支払わなければいけない」という理解は間違いです。 損害賠償を請求されても• 法的に支払い義務が生じているのか• 請求された金額が妥当であるか などを検討し、依頼人の権利をしっかり守ってくれるからです。 実際に弁護士に依頼をする場合は料金がかかりますが、相談を無料で行なっている法律事務所もあります。 損害賠償請求をされ動揺し下手に動いてしまうと、 立場が不利になってしまう可能性も。 トラブルが起きたら少しでも早く弁護士に相談するようにしましょう。 下記の記事では弁護士が行なってくれる退職代行サービスをまとめていますので、参考にしてください。 紛争解決センターに相談する 弁護士に相談する以外の方法としては、紛争解決センターに相談するという方法もあります。 とは、日本弁護士連合会が運営する、裁判に頼らずトラブルを解決するためのセンターです。 全国に支店があり、センターによっては手数料のみでトラブルを解決してくれる場合もあります。 実際にトラブルが起きた場合でなくても、トラブルに発展しそうな不安などがあれば「」から、お近くのセンターを探してみましょう。 示談で解決する 損害賠償請求などのトラブルは、示談つまり話し合いでも解決することができます。 示談とは、弁護士などの第三者を交えずに、当事者同士で話し合いをすること。 難易度が高いですが「損害賠償請求をされても話し合いで解決することができる」という予備知識として覚えておきましょう。 給与の未払いに関して会社に損害賠償請求できますか? 可能です。 労働基準法第24条では、会社都合で給与の未払いが起きることを禁じています。 労働に対する対価が支払われないというのは違法です。 まずは弁護士に相談して最適な解決法を見つけていきましょう。 有給の消化が認められなかった場合、損害賠償請求できますか? できます。 2019年4月から労働法が改正され、有給休暇を消化させることが会社側の義務となりました。 まずは労働局や法律事務所に相談してみましょう。 民間の退職代行でも損害賠償請求に対応できますか? 基本的にできません。 会社側と何らかの交渉をする場合は、弁護士事務所が運営する退職代行に依頼をしましょう。 退職代行で損害賠償請求される可能性は低いが対策は必要! 最後に本記事の内容を簡単にまとめておきましょう。

次の