山梨 コロナ 女性 特定 写真。 山梨に高速バスで帰省した在京女性がコロナ感染発覚、実名など特定へ | akkiの鉄道旅行記

山梨コロナ感染女性が誹謗中傷!実名・名前・顔・勤務先の特定作業でネット流出!

山梨 コロナ 女性 特定 写真

帰省先の山梨県内で新型コロナウイルス感染が確認された後、東京都内の自宅に帰った女性への非難や中傷がインターネット上で広がり、名前や勤務先を特定しようとする真偽不明の情報も飛び交っている。 県は重大な人権侵害ととらえ、保護対策に着手した。 県によると、5日の会議で長崎幸太郎知事が、感染者の権利保護を強化する必要性を指摘し、対応を指示した。 県はネット上にプライバシーを脅かす情報が流れていないかなどを調べる態勢づくりに着手。 犯罪性があれば警察に情報提供することや、弁護士などと協力して人権救済を支援することを検討している。 県の担当者は「感染者がことさら非難されると、早期発見と治療、感染拡大防止に必要な情報も表に出てこなくなるおそれがある」と危惧する。 県内55人目の感染者となった女性は、4月29日に実家に帰省。 5月1日にPCR検査を受け、2日に陽性と判明した後、高速バスで東京に戻った。 当初は結果判明前に帰宅したと県に説明していたが、実際は判明後だった。 県は2日に女性の感染確認を発表。 翌3日に帰宅日を訂正した。 新聞やテレビで報道されると、SNSには女性を特定したかのような情報や、「すべてをさらし上げて見せしめにした方がいい」といった言葉が書き込まれた。 勤務先と名指しされたある企業は「事実無根の情報が流されている」とホームページに掲載した。 県が4日の記者会見で、「感染したこと自体は本人の責任ではない。 そのことは配慮してほしい」と呼びかけると、県庁には「配慮してほしいとはなにごとか」と批判する電話も数多くかかってきたという。 (田中正一、吉沢龍彦).

次の

感染隠した女性が大炎上 「ネットリンチ」「特定作業」過熱の裏側

山梨 コロナ 女性 特定 写真

今まで報じられた内容をおさらい この山梨帰省の20代女性については、連日ニュースでも大々的に報じられています。 報道が過熱するなかで、情報が錯綜しているところも多く、ここで今までの経緯を簡単に振り返っておきます。 行き帰りとも高速バスを使った。 2日21時配信の産経新聞によれば以下のように報じられていました。 山梨県は2日、東京都に住む20代会社員女性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。 女性は県内の実家に帰省中にPCR検査を受け、結果が出る前に帰京。 行き帰りとも高速バスを使った。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は4月26日に味覚や嗅覚の異常を覚えたが、28日まで都内の勤務先に出勤。 29日午後3時15分新宿発の京王バスの高速バスに乗り、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)で下車、親族の車で帰省した。 このほか、友人とバーベキューを行ったことなども報じられ、山梨県内で訪れた場所などについても大きな話題になりました。 5月3日夕方に『保健所への虚偽報告』が報じられる 帰京は陽性判明後 山梨帰省の20代女性 女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前、高速バスに乗って帰京したと説明。 ところが、報道を受けて知人から情報提供が。 女性は陽性を知りながらバスに乗った。 当初、1日富士急ハイランドバス停(富士吉田市)発の高速バスで東京に帰ったと報告していたものの、 実際はPCR検査で陽性と分かった2日に帰京していたことがわかりました。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、 陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 報道直後、富士急ハイランドバス停を1日の午後8時25分頃に出発の高速バスに乗車していたと説明していたため、当該バスに乗り合わせた乗客なども戦々恐々。 しかし、これが虚偽だとわかり、ネットでは非難の嵐となりました。 ちなみに帰京のために乗ったバスは2日 午前10時20分富士急ハイランドバス停発です。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日夜、女性が1日に会った県内の20代男性の感染が確認されたと発表した。 女性はこの日、PCR検査を受けていた。 女性は4月30日に友人宅で4人とバーベキューをしたが、この男性は別の知人という。 県の新型コロナ対策特別チームは他の濃厚接触者や女性の行動履歴についてさらに調べている。 検査当日に人と接触していたことが判明し、さらに炎上。 1日に会った男性が感染していたということは、30日に会った友人たちも感染している可能性が高く、さらには高速バスに乗り合わせた乗客も感染が濃厚とみられるようになりました。 【爆サイ】コロナ山梨帰省の20代女性特定情報 ここまでの内容は、新聞社など公式報道機関が報じた内容。 一方、ここからはネット掲示板によるリーク情報であり、信憑性は保証されていません。 まず 爆サイに投稿された内容からまとめていきます。 鳴沢村の名前が出始める 報道直後から、 鳴沢村の名前が出始めました。 さらに、 大工の娘という情報も投稿され、SNSでも大きな話題に。 友人に関する情報も投稿される その後、ある投稿者によって具体的な情報と友人に関する情報が投稿されました。 この情報の信ぴょう性については疑問を持つ声も多く、特に人名部分については今のところ何の確認もとれていません。 Twitterアカウントや家族に関する情報 さらに時間が経つと、 Twitterアカウントや 家族に関する詳細情報がつぎつぎに書き込まれました。 Twitterアカウントに関しては報道直後、プロフ写真を変更したということも確認されており、信憑性は高いようです。 ちなみに、この一連の情報は以下のスレッドが出典となっています。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 二重、三重にひどい。 感染の可能性がありながら、公共交通機関で帰省し、 帰省先で人に会い、またPCR検査を受けて、感染判明後に公共交通機関を利用する…。 しかも、隠ぺい、嘘をつくとは。 ネット上でこの方の行動は非難されていますが、ここで罰則を設けないとこの先の収束はあり得ません。 我慢して自粛されている方が大半であるからこそ、自粛せず感染拡大の原因を作られる方には厳しい罰則を与えるべきだと思います。 傷害罪とかで訴えられてもいい流れですよね。 、 知っていてフィリピンパブに行って従業員へ感染させた男性と同じか、それ以上に悪質です。

次の

山梨帰省女性の特定情報が掲示板に溢れる・本人名乗る人物がTwitterで謝罪するデマも

山梨 コロナ 女性 特定 写真

帰省先の山梨県内で新型コロナウイルス感染が確認された後、東京都内の自宅に帰った女性への非難や中傷がインターネット上で広がり、名前や勤務先を特定しようとする真偽不明の情報も飛び交っている。 県は重大な人権侵害ととらえ、保護対策に着手した。 県によると、5日の会議で長崎幸太郎知事が、感染者の権利保護を強化する必要性を指摘し、対応を指示した。 県はネット上にプライバシーを脅かす情報が流れていないかなどを調べる態勢づくりに着手。 犯罪性があれば警察に情報提供することや、弁護士などと協力して人権救済を支援することを検討している。 県の担当者は「感染者がことさら非難されると、早期発見と治療、感染拡大防止に必要な情報も表に出てこなくなるおそれがある」と危惧する。 県内55人目の感染者となった女性は、4月29日に実家に帰省。 5月1日にPCR検査を受け、2日に陽性と判明した後、高速バスで東京に戻った。 当初は結果判明前に帰宅したと県に説明していたが、実際は判明後だった。 県は2日に女性の感染確認を発表。 翌3日に帰宅日を訂正した。 新聞やテレビで報道されると、SNSには女性を特定したかのような情報や、「すべてをさらし上げて見せしめにした方がいい」といった言葉が書き込まれた。 勤務先と名指しされたある企業は「事実無根の情報が流されている」とホームページに掲載した。 県が4日の記者会見で、「感染したこと自体は本人の責任ではない。 そのことは配慮してほしい」と呼びかけると、県庁には「配慮してほしいとはなにごとか」と批判する電話も数多くかかってきたという。 (田中正一、吉沢龍彦).

次の