夫 再婚。 再婚夫が私の連れ子の娘に性的欲望を…?

離婚、再婚と遺族年金

夫 再婚

まず、夫が再婚した場合の遺産相続についてをお話します。 遺産相続の法定相続人は、民法では『婚姻関係にある妻』と『子供 養子縁組含む 』となっています。 この場合、離婚した前妻に対しては相続権は発生しませんが、前妻との間に子供が居た場合、その子供には相続権が発生します。 また、再婚後に子供が出来た場合や、再婚相手に子供が居て養子縁組を結んだ場合も、当然相続権は発生する訳なのです。 例えば、前妻との間に子供が2人、再婚後に養子縁組をした子供が2人居る場合の相続は、現在の妻と、前妻との子供2人、再婚後の子供2人の計5人が相続人として権利を持つ事となります。 再婚後の相続で気をつけなければいけない事 再婚後の遺産相続について、特に気を付けて欲しいのが、再婚後に妻が先に亡くなった場合です。 もし、亡くなった妻に土地や預貯金などの財産があった場合、もちろん相続は夫と自分の子供へと引き継ぐ事になります。 この際に、妻の財産の半分が夫へと引き継がれている為、夫が死亡した際には、妻には何の関係もない前妻の子供にも、妻の財産が間接的に相続される事になってしまいます。 こういうケースを防ぐ為には、あらかじめ遺言書を作成するか、夫に相続放棄をお願いするしか方法は無いでしょう。 ちなみに、前妻や前夫には相続の権利は一切ありません。 これは、どんなに婚姻期間が長くても、離婚した時点で相続の権利は無くなってしまう為です。 妻が再婚した場合の遺産相続については、現夫と、その子供に相続の権利が引き継がれる事になります。 現夫共に再婚の場合で、前妻との子供が居た場合の妻の財産は、妻が先に亡くならない限り、前妻との子供に渡る事はまず無いでしょう。

次の

内藤佐和子の経歴!離婚と再婚で現在の夫は?徳島市長の高校や実家

夫 再婚

どうしたら夫の過去が気にならなくなりますか?彼は死別、私は離別で再婚し、現在彼の実家で義両親と完全同居です。 実家には前妻さんが写っている膨大な量の家族写真、海外での彼らの結婚式のアルバムも多数あり、義両親に昔話として、それら過去の写真を交際時より何度も見せられ、また前妻さんと名前を呼び間違えられることもしばしばです。 結婚が決まった頃、旦那は前妻さんと使っていた寝具をそのまま使おうとしたので抗議しましたが、ただのモノなのに何がダメなのかわからない、と言われました。 悪気はなく、本当にそう思ってただけのようですが、私は軽くショックでした。 そういうものですか?私は他のものならいざ知らず、同じ寝具はありえない、、、と思うのですが、、、その後、話し合って、ベットは買い替えてくれ、写真や前妻さんに関するものは処分してくれました。 義両親は気を使ってくれているのか、事あるごとに私を褒めてくれるのですが、前妻さんと仲が悪かったようで、前の嫁さんはキツくてこんなこと言われた、あんなことされた!などの会話が多く、いつも比べられているというか、何かにつけて前妻さんが出てくる義両親との会話が辛いです。 そんな日々が続き、結婚して一年、最近は、彼と前妻さんが住んでいた地域がテレビで放映されたりするだけで、心臓がギュッと鷲掴みにされたようになり、涙が出てきます(旦那と前妻さんは彼実家ではなく遠く離れた場所に2人で住んでいました。 子供は一度出来たそうですが、実家に帰省した時に中絶した、あの時の子が生きてたら、、、と酔った義父から聞かされました、、、。 義母は認知症なので、どんなにお世話をしても私のことがわからないのも、義父も高齢のため、悪気なく昔話をしたりするのも仕方ないとわかっています。 私自身、モラハラDV前夫とようやく別れ、息子も社会へ送り出し、残りの人生穏やかに一人でそっと暮らしていけたらと思っていたのに、それを覆すほど愛すべき彼が出来、再婚したはずだったのに。 何故こんなに辛いのか、、、彼自身も前妻さんとは揉め事が絶えず、離婚するしないとのさなかに亡くなってしまったため、前妻さんへの想いがあるわけではないのも、いま私を想ってくれていることもわかりますが、どうしてもこの実家での生活の中で、前妻さんがちらついて仕方ありません。 私が至らない、仕方ない事、過去があるから今の彼がある、等々頭では十分わかっているのに、心がついていきません。 どうしたら過去のことが気にならなくなるのでしょうか。 どうしたら大きな心で受け止められるでしょうか。 私は初婚で相手はバツイチ子持ちの方と結婚しました。 先妻は近くに住んでいますし義理の両親は先妻の産んだ子供を尋常じゃなく可愛がってますし、主人もまた先妻との間に出来た子供を溺愛してますし連絡も取り続けています。 私達には子供はいません。 これから先も子供はないです。 新婚当初は先妻の事、先妻との間に居る子供の事、自分との間に子供がない事、よく悩み嫉妬しました。 ですが考えてみたんです。 憧れてたような理想的な結婚ではなかったもののバツイチ子持ちでもいいと思って私が選んだ人と歩んでるこの人生何を悔やむ事があるのかと。 嫌なら自分でいつでも変えてしまえる。 なのにそうしないのはここに自分が幸せだと感じれる時間が嫉妬する気持ちよりあるからだと。 貴女もそうなんじゃないですか。 そうゆう気持ちに目を向けれたら亡くなられた存在に嫉妬するような気持ち薄れて今を見つめていけるんじゃないでしょうか。 コメントありがとうございます。 「私が選んだ人と歩んでるこの人生何を悔やむ事があるのかと。 嫌なら自分でいつでも変えてしまえる。 なのにそうしないのはここに自分が幸せだと感じれる時間が嫉妬する気持ちよりあるからだと。 」 思わず涙がこぼれました、、、そうです。 その通りです。 2度と結婚、、、どころか、男性と付き合うなんてありえないと思っていた私に、全てを覆す彼との縁でした。 そんな彼に結婚して欲しいと言われて再婚しました。 決めたのも自分、です。 彼も、彼の周りの人もみんなで幸せになりたい、と、飛び込んだのですから、、、嫌なことはいや、いいことはいいと、我慢しすぎず、暮らして行こうと思います。 先は長いのですから、、、気持ちに寄り添って下さり、本当にありがとうございました。 何だか矛盾だらけですよね… 死別と言えど、喧嘩が絶えなくて、離婚まで考えた人が亡くなった…正直心底愛してて亡くなられて、写真とか残されるのならまだしもそうじゃないのに…変わったご主人にご主人のご両親ですね。 うちも離別なんですが… 貴女の気持ちは物凄く解ります。 離婚理由が一緒なのもありますが… うちももう再婚する気はなくて生きてきましたが、今の旦那に出会い、人生が変わりましたね。 まだ再婚されて1年なんですよね… 正直まだまだこれからだと思います。 どれくらい交際されて、再婚に至ったのか解りませんが、心臓に負担が来るのって…多分PTSDだと思います。 うちは元相手と過ごした地域が映ると…過呼吸に心臓に負担が来て精神状態が未だに危なくなります。 これは正直病院に通院して、精神的に落ち着かせるしかないです。 無理して受け止める必要もないです。 うちは受け止めれません。 逃避してしまうので… 貴女のご主人に理解が得られればいいんでしょうけど。 どうなんですかね? どれだけ愛した人でも、貴女の心情まで支えてくれないと再婚したとしても意味がなくなります。 ご主人にちゃんと胸の内を話して、寄り添って貰うしかないかと。 無理なら、多分この再婚は間違いだったと思います。 ごめんなさい。 ありがとうございます。 義両親は、ただ単に「自分たちの思い出」を私に話したいだけで、写真も自分たちや血縁の親戚がうつってるからなんだと思います。 が、それにしてもちょっと、、、悪気はないのはわかってますが無神経かと 苦笑。 旦那は、全く過去に拘らない、今とこれからが大事、あなたが一番大切と言いますが、私は過去の話もしないし、写真見せたりしませんし、、、。 どうしてそんなに気にするのか?と言われたので、同じように、息子や私の身内があなたの名前をしょっちゅう呼び間違えたらどう思う?毎日、昔の写真をみせてあげようか?と言うとやっと気づいたようで、私の気持ちに寄り添う姿勢を見せてくれています。 現旦那とは昔からの知り合いでして、偶然再会し、お互いに辛い結婚生活を終えた共通点もあり急接近し、交際一年で結婚しました。 なので、義両親とはまだ2年ほどのお付き合いですね。 私の実家も祖父母に叔父や叔母と大家族でして、母の苦労をみていたので、大変さも、ますますこれから大変になることもわかっていて飛び込んだので、、、、頑張ってみようとも思います。 それもこれも旦那との関係がしっかりしていればこそ、の話ですが。 私の気持ちに寄り添ったコメント、本当に嬉しかったです。 コメントありがとうございます。 良い縁だからいい、 悪い縁だからダメ、、、ハッとさせられました。 確かにそうですよね。 ただ、私は初めから子供が一番大切と言っていて、そんな私が好きだと言ってくれる旦那さんだったので、結婚しました。 結婚前に、私の元夫のDV話を現旦那に聞かれて話したところ、前妻さんも同じようなタイプでヒステリックに暴れる、物を壊す、暴言を浴びせるなど、もう思い出すのもイヤと言うことを聞いてましたので、そう言ってたのに、なぜ??と理解不可能なところが辛い気持ちへと変わっていったのではないかと思います。 義両親しかり、、、でも、こうして冷静に考えてみたら、義両親は過去の話がしたいだけ、特に義父は義母が認知症がすすんで、思い出話ができないから、聞いて欲しいだけなのかな、と思えてきました。 心のどこかで、洗濯、掃除、食事、義母のお世話と今まで義父がしていたことを私が肩代わりし、さらに旦那の仕事も全面的に手伝い 金銭面でも わたしだけ自由も何もなく、なのに前妻さんの話を出され、名前まで間違われ、、、いったい私は何なんだろうとつい被害妄想的な思いに囚われてしまうのです、、、でも、確かに気を使ってもらっているのもわかりますし、感謝しないといけませんね。 気づかせて下さって、ありがとうございました。

次の

離婚、再婚と遺族年金

夫 再婚

死別再婚は、まだまだ難しいものがあります。 これまで結婚や再婚のお世話をしてきた中で、最も難しいと感じるのは死別再婚です。 相手のことが嫌いになって憎み合って別れたのではなく、病気や事故で最愛の人を亡くすパターンなので、気持ちの整理をするのが難しいからです。 むしろ、気持ちを整理しようとすると、亡くした相手のことを考えてしまって、悲しみがあふれてしまうということも。 そのため、頭ではちゃんとわかっているのですが、心が納得できないという方が多いのです。 その気持ちを整理するまでには時間がかかったりもするので、死別の後、再婚をするまでには長い時間がかかることも多くあります。 <目次>• 妻を亡くした男性は、夫と死別した女性よりも、再婚に抵抗を感じる 愛する人を亡くした悲しみから立ち直るには時間がかかる。 特に男性は、亡くなった奥様の持ち物をどうしたらいいのかわからず、化粧品や、靴、洋服がそのままになっているという方もけっこういます。 私がお世話をした男性は、31歳の奥様をガンで亡くしました。 男性もまだまだ若いので再婚を考えてもいいと思うのですが、奥様の7回忌までは再婚を考えないと宣言していました。 若くして亡くなった奥様に悪い、新しい人とすぐに再婚をしたら死んだ妻がかわいそうだと思っていたのです。 彼の場合は、奥様が体調が悪いと言いだしてから亡くなるまでがあっという間の出来事で、入院して3カ月だったそうです。 もっと早く気づいていれば、早く治療していればと後悔ばかりの日々。 奥様が亡くなってから3年くらいは、思い出に浸るだけという生活を続け、周りを心配させてきたそうです。 その後、4年目、5年目と時が経ち、「子どもが欲しい」「両親に孫をみせてやりたい」と思い活動を始めたのですが、やはり一歩進んでは二歩下がり……。 なかなか再婚を考えることができなかったといいます。 その間、部屋を片付ける気力もなくずっとそのままにしていたので、キッチンにも寝室にも亡き妻の遺品があふれていて、再婚したらとてもそこには住めないとおっしゃっていました。 亡くなって7年たっていますので、奥様も生きていれば、38歳。 けれど31歳で亡くなった若い妻の面影を求めてしまって、新しい出会いを見つけることに抵抗を感じ、再婚への道がなかなか開けないという状態だったのです。 突然の訃報に立ち直れず、死別後に再婚しない傾向に 病気も長患いの末であれば「私はやるだけのことはやった」というある種納得があるのですが、入院してから間もなく亡くなってしまうと、自分は何もできなかったと思ってしまい立ち直りが遅くなる傾向があります。 後悔ばかりしてしまうので、自分をせめてしまうのです。 また、事故で愛する人を亡くしてしまったときは、病気にときよりも立ち直るまでに時間がかかってしまうことが多くなります。 「朝元気に出かけて行った人がもう二度と戻らない」という事実を理解するには、時間がかかってしまうからです。 この場合には、ケンカしたことも嫌だと思ったこともすべてが美化されていくので、いい思い出しか残らなくなるのです。 そのため、事故で死別した場合の再婚は、病気の死別よりも自分の心の整理をつけるのに時間がかかります。 結果、再婚への道が閉ざされてしまうことも多々あるのです。 とはいえ、再婚を諦める必要はないと思います。 もちろん、亡くなった人を忘れることはできないと思うのですが、それ以上に自分の人生も真剣に考えていくことが大切です。 では、どうすれば再婚の道が開けるのか。 記事「」で見ていきましょう。 死別をした人が気をつけるポイント 死別再婚の難しさについて触れましたが、どうやって乗り越えていけばいいのでしょうか。 いくつかポイントがあるので、それを紹介したいと思います。 また思い出は美化されていることが多いので、自分の心の中にしまっておくようにしましょう。 再婚をしたのであれば、再婚相手ことだけを考えるようにしましょう。 同じように墓参りは強要しない 相手が死別した人の存在を理解してお仏壇やお墓参りに賛同してくれるのであればいいのですが、そうでない場合には無理強いをしてはいけません。 死別した人の再婚相手が気をつけるポイント 次は、再婚相手が気をつけたいポイントです。 再婚相手が亡くなった方のことを話したとしても、決して「忘れられないのね」など責めてはいけません。 心の整理がつくまで暖かく見守るのが一番です。 またお仏壇も大切にする広い心があるといいと思います。 最初は焼きもちをやいてしまうかもしれませんが、再婚相手の気持ちを理解してあげましょう。 もちろん、思い出の品をずっと残していくことには抵抗があると思うので、やはり再婚相手の気持ちを考えると、少しずつ変えていくのが優しさだと思います。 このように、死別再婚のポイントは「気持ちの整理」です。 愛する人を亡くした人も、そういう人と再婚をする人も、相手を敬うことが大切なのです。 【関連記事】•

次の