アドセンス ログイン。 Googleアドセンスの管理画面にログインできない原因と対処法まとめ!

AdSenseにログインできない最も良くある5つの原因と対処法

アドセンス ログイン

Googleアドセンス審査に通りにくい「規約に違反しているブログ」 Googleアドセンス審査に通りにくいのはGoogleが公言している「規約に違反している」ブログ です。 規約で禁止されているコンテンツは避けましょう。 申請する前はもちろん申請後も気をつけるべきです。 Googleアドセンスで禁止されているコンテンツ 以下、Googleが禁止しているコンテンツです。 ・アダルトコンテンツ・・いかがわしい内容を含んだ性的な表現は禁止となっています。 ・危険または中傷的なコンテンツ・・人に対して誹謗中傷する内容は禁止です。 ・危険ドラッグおよび薬物、お酒、タバコに関するコンテンツ・・違法薬物や、それに準ずる脱法ドラッグも禁止です。 ・ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ・・オンラインカジノや、競馬、スポーツのブックメーカーなどが禁止されています。 ・医薬品に関連するコンテンツ・・オンライン薬局や、特定の成分が含まれたサプリメントなどの紹介が禁止されています。 ・ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ・・ソフトウェアや、サーバーなどに不正アクセスするための手順などが書かれたものは禁止されています。 ・報酬プログラムを提供するページ・・ポイントサイトや、各種ポイントを現金に変えるためのサイトの紹介、リンクの紹介などが禁止されています。 ・不適切な表示に関連するコンテンツ・・虚偽や、不確かな情報をもとに、記事を書いてはいけません。 ・暴力行為や、グロテスクな表現を含んだコンテンツ・・出血や、ケガなどを投稿することが禁止となっています。 ・武器および兵器に関連するコンテンツ・・爆発物や、ピストル、殺傷能力の高いサバイバルナイフなどの販売や紹介が禁止されています。 ・不正、違法行為を助長するコンテンツ・・海賊版製品の販売、紹介など法律に違反するような行為に関する記載が禁止されています。 Googleアドセンスにて禁止されている広告表示 次に、禁止されているアドセンス広告の表示方法です。 審査合格後に広告を設置する際に気をつけることなのでチェックしておきましょう。 偶発的クリックの誘導や広告の不自然なアピール…サイト内の他のコンテンツに似せて、アドセンスのクリックを誘発させる表示は禁止されています。 スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを配置したサイトレイアウト…見出しの下に広告を掲載したり、広告の配置によってコンテンツが見にくくなってしまう表示が禁止されています。 画像と広告の並列配置…サイト内の画像と、広告が紛らわしくなってしまうため、広告と画像を分けて表示する必要があります。 手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページでの広告掲載…エラーページや、手続きの完了が表示されるページでの広告が禁止されています。 動的なコンテンツが主な要素となっているページやサイトでの広告掲載 ソフトウェアアプリケーションでの広告掲載…ブラウザのアプリケーションなどを通じて、広告のクリックを促すことは禁止されています。 別ウィンドウでの広告掲載…クリックされたページを別のタグで開くようにする設定は禁止されています。 ページに第三者のサイトを表示…第三者のサイトを表示するページに広告掲載をすることが禁止されています。 Googleアドセンス審査を受けて登録する手順 7つ 続いて、Googleアドセンスの「ホーム」を選択して 「名前と住所」「電話番号(任意)」を記入し、送信します。 住所はGoogleアドセンスの報酬を受け取るために必要です。 後日家、に郵送でハガキが届くのでPINコードを入力すると支払いができるようになります。 6桁の「 確認コード」を受け取ったら、入力して送信してください。 スキップされる場合もありますが気にしなくて大丈夫です。 GoogleアドセンスのコードをWordPress内に貼り付けることで、Googleが審査をしてくれます。 WordPressブログも、開いて準備しておきましょう。 次に、「お問い合わせフォーム」を作成します。 こちらも運営者情報と同様、ブログの信頼性に左右される項目なので重要です。 固定ページに設定する際の方法は下の記事を参考にしてください。 関連記事 できるだけオリジナルの画像を使う 画像を使用する際は、フリー素材やオリジナルの画像を使用しましょう。 インターネットで見つけた画像をそのまま使用している場合は、注意が必要です。 アドセンスのにも記載されていますが、無許可で著作権のある画像の使用するのは著作権侵害に当たるので即やめましょう。 無料で使用できるフリー素材は下の記事を参考にしてください。 関連記事 アフィリエイトリンクを設置しない アフィリエイトリンクが貼ってあるとgoogleアドセンスの審査に落ちる原因となります。 理由は、他の広告があるとアドセンス広告のクリック率を下げてしまうためです。 記事内にアフィリエイトリンクが張られている場合、その部分を削除してからアドセンス申請を行いましょう。 Googleアドセンス審査に通過したら次は収益化に向けて頑張りましょう。 以下の記事で収益化に向けてのツールを紹介しているのでまだ準備していない方は参考にしてみてください。 人気記事 人気記事.

次の

【2020年】Googleアドセンス審査に合格するコツ(落ちないための10のチェック項目)

アドセンス ログイン

こんにちは、AdSense 公式ヘルプコミュニティ エキスパートの竹中です。 アドセンスに申請したら不承認になってしまってお手上げ状態! このような状態になってしまい、もうどうしようもできなくなるという方が多くいらっしゃいます。 不承認になる理由はいくつかあります。 例えば登録した住所や氏名などの情報に誤りがあった場合、審査対象のコンテンツに問題があった場合、そして別の Google アカウントと重複してしまった場合です。 今回取り上げたいのは最後の 重複アカウント(複数アカウント)についてです。 この問題はWeb サイト/ブログだけでなく YouTube をされている方も深く関わっています。 また既に AdSense アカウントを取得されている方も関わっていますし、特に複数の YouTube チャンネルをお持ちで2つ目移行のチャンネルを収益化しようとされている方にも注意してほしい内容となっています。 このページではテキストで内容をご紹介しておりますが、動画でも公開しておりますのでよろしければご覧ください。 このたびは Google AdSense にお問い合わせいただきありがとうございました。 comに関連付けられている現在承認済みの AdSense アカウントと一致することがわかりました。 AdSense プログラム ポリシーに記載されているとおり、複数アカウントのご利用は許可されていないため、今回の新たなお申し込みを承認することはできません。 この状態になってしまった場合は、その原因別に対処方法が異なります。 複数アカウントによる不承認の原因別対処方法 0. アドセンスに申請する前の確認 まず重複アカウントにさせないために、今後アドセンスに申請される際や YouTube の収益化に申請される前に、必ず過去にアドセンスに申請したことがないか、 YouTube 収益化に申請したことがないか、また既にアドセンスアカウントを所有していないかをご確認ください。 よくあるのが過去にアドセンスに申請して合格しないまま放置していたのを忘れて、新規にアドセンスに申請してしまうことです。 放置してもアドセンスに申請した事実は消えません。 もし過去に申請したことがあるのであれば、そのアカウントの状況を確認して対処しなければなりません。 またさらに確認してほしいことがあります。 それは 家族がアドセンスアカウントに申請していないか、アドセンスアカウントを所有していないかです。 アドセンスアカウントを持つことが出来るのは一人一つというルールではありますが、同じ住所にお住まいのご家族も含めて1つという制限がかかっています。 家族それぞれで所有することもできるのですが、基本的には家族内で1つと思ってください。 ご自身とご家族含めて既にアドセンスアカウントを所有していないか、アドセンスに申請していないかをご確認いただき、該当しなければアドセンスに新規に申請、または YouTube の収益化に申請してください。 使用できるアドセンスアカウントがある場合 承認済み(合格済み)のアドセンスアカウントをお持ちの場合は、新規にアドセンスへ申請することなく承認済みのアドセンスアカウントを使用してください。 Web サイトの場合であれば[サイトの追加]から新しい Web サイト/ブログの URL を追加して収益化を行うことができます。 YouTube の場合であれば、チャンネルの収益化を申請する際に承認済みのアドセンスアカウントに紐付けるように手続きをしてください。 ここで新規にアドセンスアカウントを作成してしまい重複と判断されると収益化が難しくなります。 もし承認済みアドセンスアカウントがあるのに2つ目のアドセンスアカウントを作ろうとして不承認になった場合は、不承認になった方は無視してください。 今まで使用できているアカウントでアドセンスを続けてください。 もしアカウントを変更したい場合は下記の手順に従ってください。 スポンサーリンク 2. 審査中のアドセンスアカウントがある場合 審査中のアドセンスアカウントがあるにも関わらず、さらに別の Google アカウントで申請してしまって不承認になった場合、申請中のアカウントも不承認と表示されてしまう可能性があります。 そのような場合は先に申請している方のアドセンスアカウントと、新規で申請してしまったアドセンスアカウントの両方でアドセンスへログインをして状況を確認してください。 重複アカウントとして情報が紐付けされてしまい不承認になった場合は、アドセンスアカウントが一つになるよう重複してしまったアドセンスアカウントをキャンセルしてください。 キャンセル方法はアドセンス管理画面の[アカウント情報]から行うことができます。 (Googleアカウントの削除とは異なります) 上記ページの手順でキャンセルを行ってもすぐに紐付けがリセットされないことがあります。 そのためキャンセル後、 1週間~10日間放置ほど何もしないで放置してください。 自動的にこの紐付けがリセット(解除)されるようになっていますので、1週間~10日間放置してから先に申請しているアカウントでログインをしてください。 Google アカウントを削除してしまっている場合 アドセンスアカウントがあるにも関わらず Google アカウントごと削除してしまっても、アドセンスの登録している情報は削除されません。 Google アカウントを削除する場合は、事前にアドセンスアカウントを正式にキャンセルする必要があります。 アドセンスに申請して審査中(もしくは登録済み)のアカウントを正式にキャンセルせずにGoogleアカウントを削除した場合は、まずアカウントを復旧させてください。 復旧後にそのアドセンスアカウントをそのまま使うか、キャンセルをしてから別アカウントでアドセンスに申請をします。 ) もし復旧ができなかった場合は、以前までは「アカウントのログインに関する問題」というページから問い合わせができていました。 しかし現在は対応窓口がなくなってしまい、新しい窓口ができるのをお待ちいただくしかない状態です。 アカウントがキャンセルできない場合 アドセンスアカウントのキャンセルができない場合もあります。 まず1つ目のパターンが、先に申請しているアカウントでは審査が行える状態だけど、後から申請した方ではキャンセルができない場合です。 このような場合は先に申請しているアカウントでアドセンスに合格できるように進めてください。 先に申請しているアカウントでサイトの審査に出して重複として弾かれなければ後から申請した方は放置で構いません。 2つ目のパターンが、どちらのアカウントでアドセンスにログインしても「もう1つのアカウントを閉鎖してください」と表示され、かつどちらのアカウントもキャンセルができない状態になることです。 この場合になってしまうと、現時点ではご自身名義でのアドセンスアカウント所有が厳しい状態となっています。 トラブルシューティング 以前までは下記のトラブルシューティングから複数アカウントに関する問い合わせフォームがあり重複解除のサポートを受けることが可能でしたが、 現在このフォームは廃止されてしまいました。 現時点では代わりとなる窓口がないため、ご自身で複数アカウントとなってしまっているアカウントのキャンセル等から解除できない場合は、残念ながらアドセンスに申請することができません。 新しい対応方法ができれば、またトラブルシューティングなどでその方法が明示されるのではないかと思いますので、定期的にチェックしてみてください。 裏技?重複アカウントを回避して取得するには どうしても重複アカウントが原因でアドセンスアカウントを取得できない場合、裏技的な方法で重複を回避して取得できる可能性はあります。 重複アカウントは同一人物が複数のアドセンスアカウントを所有できないというルールによって起こることなので、 別名義であれば取得することは可能になります。 つまり自分ではない名義を使うということになります。 先程もお話いたしましたが、自分ではなくても同居の家族の場合は弾かれてしまうため、別住所の親族の名義を借りるという方法もありますがお勧めはできません。 親族であってもお金が関わることですので、名義を借りるのはやめた方が良いと思います。 ですので本気でアドセンスに取り組みたいというのであれば、法人を設立され法人名義で申請されると良いかと思います。 ただ注意点が2つあります。 法人なので株式会社や合同会社のような法人格であって、個人事業主ではないことです。 個人事業主はあくまでも個人なので別名義としては使えません。 また法人であっても、重複で弾かれているアカウントと同じ住所や電話番号を使用すると関連づいてしまい重複アカウントと判断されてしまう可能性があります。 最近重複アカウントに関しては非常に厳しくなっているので、絶対にアドセンスアカウントが取得できるという保証はありませんが、取得できる可能性は十分あるかと思います。

次の

Googleアドセンス(AdSense )の登録申請方法を[初心者向け]に解説

アドセンス ログイン

アドセンスではアカウントそれぞれに固有の『サイト運営者 ID』というものが割り当てられています。 普段アドセンスを使用していて、このサイト運営者 ID の提示を求められることはほとんどありませんので、あまり気にされたことがないかもしれませんね。 確かに普段使うことはありませんが、例えばアドセンスに問い合わせを行う際やアンケートなどに応える時などに ID が必要になること場合があります。 またアドセンス申請時においては、審査用コードが分からなくなった場合でも『サイト運営者 ID』さえ分かれば下記のコードテンプレート内の ID 部分を自分のものに変更すれば審査用コードとして使用できます。 adsbygoogle []. このページでは自分のサイト運営者 ID を確認する方法を3つご紹介いたします。 管理画面内から確認する アドセンスの管理画面では自分のサイト運営者 ID が表示されているページがあります。 管理画面にログインをしたらメニューから [設定]>[アカウント]>[アカウント情報]の順に選択をしてください。 すると「pub-」から始まる ID が表示されます。 ちなみにサイト運営者 ID は第三者に公開しても問題はないものですが、一緒に表示されている 『お客様 ID』は公開してはいけないものですのでご注意ください。 google. 広告コード内から確認する もしアカウント停止などの理由により管理画面にログインができない場合は上記までの方法が使えないでしょう。 そのような場合は、既に Web サイトに設置してある広告コードを確認してください。 各広告コードにはその広告固有の ID の他にサイト運営者 ID も含まれています。 広告を設置してあるページを開きソースコードを確認してみてください。

次の